TOP > 科学・学問 > 新たな治療薬候補になるか 2種類の物質発見 新型コロナ | NHKニュース

新たな治療薬候補になるか 2種類の物質発見 新型コロナ | NHKニュース

54コメント 登録日時:2020-04-22 16:54 | NHKオンラインキャッシュ

新型コロナウイルスの治療薬を開発しようと、国内を中心に25の研究機関が集まって進めている共同研究で、エイズの発症を抑える…...

ツイッターのコメント(54)

共同研究では、日本や欧米で承認されている300種類余りの薬の中から、新型コロナウイルスの増殖を妨げる作用があり、薬の候補を調べたところ、エイズの発症を抑える薬「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬「セファランチン」の合わせて2種類の物質
@sumiko31 アビガン以外の薬に期待。




共同研究では、エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」の合わせて2種類の物質を見つけた。
ネルフィナビル、セパランチン
新型コロナウイルス治療薬にセファランチンとビラセプト(ネルフィナビル)が新たな候補に上がりました。
@katsuyatakasu 先生いつも力強いお言葉ありがとうございます
先生のご意見伺えたらありがたいです
新型コロナウイルスの増殖を妨げる作用があり、薬の候補になるものを調べたところ、エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」の合わせて2種類の物質を見つけた
片方は1934年に日本で単離された自然由来の物質とか。以前の記事から見て、候補薬の発見にはスパコン「富岳」の力もあったのかも。
ウイルスが細胞に侵入するのを防ぐことがコンピューターによるシミュレーションで推定されたとしています。20スパコンのエクサスケールかな?
スパコンのエクサスケールかな?■
期待します‼️😀
選択肢が増えるのは大歓迎だが、投入できるのは大分先そうだね:
【10日間】


エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」の合わせて2種類の物質を見つけた
<アビガンに続く期待の治療薬になれるか?>
セファランチンはアレルギー疾患にはお馴染み薬。
新たな治療薬候補。いいニュース。
| @NHK_News "エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」の合わせて2種類の物質を見つけた"
を抑える物質として、エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と、白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」の合わせて2種類を見つけたようです。

【アビガン】に続き治療薬として開発されるといいですね。
キタ――ーッ!

「新型コロナウイルスの増殖を妨げる作用があり、薬の候補になるものを調べたところ、エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」の合わせて2種類の物質を見つけたということです。」
何とか効いてくれ!

まさか国立感染研究所に花を持たせるために、アビガンの動きが遅いことはないよね?なんか厚労省まじでやりそうで怖い(霞が関の論理、亡くなった方も数字だけで処理され、官僚的力学だけが通る所)
こういうトライ&エラーの繰り返しが必要。セファランチンはルーチン投与試してみる価値あるかも:
研究者の方々、本当にありがとうございます。
ありがとうシリーズです。
コンピューターによるシミュレーションって、今は実験しなくてもそんなことまでコンピューターができちゃうのか!っていう驚き。それはさておき、この発見からできた薬が、コロナウイルスに効くといいなぁ。
組み合わせは効果期待できそうだ。

でもその組み合わせを見つけ出すのが大変だよね。
期待しよう!
🇯🇵共同研究によるコンピューターシミュレーション
「ネルフィナビル」→ウイルスが増殖する際に働く酵素を阻害
「セファランチン」→ウイルスの細胞侵を防ぐ
今度は皮膚科に殺到ぉ!?
迷惑この上ないわ。
ただでさえ混んでいるのに。
感染研究の皆様ありがとうございます。
エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」の合わせて2種類の物質を見つけた
素晴らしい
早くコロナ終息してほしいぜ
素人が言うことでもないが、強い薬には強い副作用が伴うこともあるからなあ。
"エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」の合わせて2種類"(…そろそろ薬の種類が増えてきて混乱してきたな?自分)>>
エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」の合わせて2種類の物質を見つけたということです。
>「ネルフィナビル」はウイルスが増殖する際に働く酵素を阻害し、「セファランチン」はウイルスが細胞に侵入するのを防ぐことがコンピューターによるシミュレーションで推定されたとしています

希望の光✨
/これもしかしてスパコン富岳で見つけたのかな?どうだろう?
国内を中心に25の研究機関が集まって進めている共同研究で、エイズの発症を抑える薬など2種類の物質が新型コロナウイルスの増殖を妨げることが発見され、薬の新たな候補になるとして…
希望が一つ増えた✨
薬が無い時代は「風立ちぬ」みたいな世界なので、

新型コロナウイルスCOVID19も早く薬が出来るといいですね
既にいくつかあるみたいですけど、副作用少なめで感染初期に使えるのも欲しい
NHKでもネルフィナビルとセファランチン。どちらも薬価は安い。特にセファランチンは副作用もほとんどない。早急に臨床研究に進んでほしいが。
先にシミュレーションした結果の良い物が発見され、実験からも期待出来るという話なのね。 Reading:
“ 「ネルフィナビル」はウイルスが増殖する際に働く酵素を阻害し、「セファランチン」はウイルスが細胞に侵入するのを防ぐことがコンピューターによるシミュレーションで推定されたとしています。”

2020年4月22日16時51分 NHK
セファランチンだけなら家にあるような、、、?
「ネルフィナビル」はウイルスが増殖する際に働く酵素を阻害し、「セファランチン」はウイルスが細胞に侵入するのを防ぐことがコンピューターによるシミュレーションで推定された
ペストや天然痘の頃と違う今だから期待したい。重大な副作用が無いことを望む。
政府には期待しても無駄だと、今更ながら痛感したし。(国民の声を素直に聴き、理解し、事にあたってほしいが…)
 ↓
ネルフィナビルとセファランチン。💊🔍
治療薬候補💊?
早く使用できるよう、よろしくお願いいたします!
~エイズの発症を抑える薬である「ネルフィナビル」と白血球が減少する病気などの薬として使われている「セファランチン」
いまさらあああああああああああああああああああああああああああああああああ

キレそう
以上

記事本文: 新たな治療薬候補になるか 2種類の物質発見 新型コロナ | NHKニュース

いま話題の記事