TOP > 社会 > 新型コロナウイルス 首都圏の病床数は増加も空き病床は減少 | NHKニュース

新型コロナウイルス 首都圏の病床数は増加も空き病床は減少 | NHKニュース

15コメント 2020-04-06 18:16  NHKオンライン

新型コロナウイルスの感染が広がる中、首都圏では、患者を受け入れる病床の数は増えている一方、空いている病床は減少していて、…

ツイッターのコメント(15)

@pGNUnEAiIDEmNKP @tina_tamashiro 情報有り難うございます。読みましたけど、そもそも重視する点がずれてるなと思いました。マスクも大事かもですが、添付の記事にある通り、もう医療は崩壊する寸前です⚠️病院、病床、防護服、人工呼吸器が足りなくなる恐れ。だから全力でそっちにお金を掛けろ❗と思うのです。
新型コロナウイルスの感染が広がる中、首都圏では、患者を受け入れる病床の数は増えている一方、空いている病床は減少していて、…
ここ数日、病床数のこと報道されてないけど、もうダメぽ?
神奈川74床ってどんなマジックで回してるんだろう|
「東京都内は、病床の数が5日現在で1000床と、先月30日時点の500床から2倍に増えたということです。」
▽東京都内
病床の数が5日現在で1000床
空いているのは49床

▽神奈川県内
病床の数が2日現在で74床
空いている病床は23床

▽埼玉県内
病床の数が225床
空いているのはおよそ70床

- NHK - 2020/04/06 - 18:11
東京都  病床数1000床。空き49床。
神奈川県 病床数74床。空き23床。
埼玉県  病床数225床。空きおよそ70床。
千葉県  病床数247床。空きおよそ140床。
東京都内は、病床の数が5日現在で1000床と、先月30日時点の500床から2倍に増えた。このうち、空いているのは49床で、およそ100床の空きがあった先月30日に比べて状況は一段とひっ迫している。
増やしつつも、空きは減ってると

> 新型コロナウイルスに感染した患者が入院できる病床の空き状況について聞きました。
東京都 1000床、空き49床
神奈川県 74床、空き23床
埼玉県 225床、空き70床
千葉県 247床、空き140床
手のかからない軽症をみていたところに重症者ばかりが入るようになると病院の人手がまわらなくなるかもしれない。当然、全病院で分担してコロナに対応するのだろうけど。いまだに軽症しか見ない病院もありそう→
空いているのは49床で、およそ100床の空きがあった先月30日に比べて状況は一段とひっ迫/
新型コロナウイルスの感染が広がる中、首都圏では、患者を受け入れる病床の数は増えている一方、空いている病床は減少していて、各自治体は医療機関に協力を求めるなど対応を急いでいます。
千葉県内は病床の数が247床で、先月30日の時点とほぼ同じだということです。

このうち、空いている病床はおよそ140床で、先月30日時点のおよそ180床から減少しています。
東京都内:病床数1000床。残り49床。(明日軽症者はアパホテルへ)
神奈川県:病床数74床。残り23床。
埼玉県:病床数225床。残り70床。
千葉県:病床数247床。残り140床。
“東京都内は、病床の数が5日現在で1000床と、先月30日時点の500床から2倍”
“このうち、空いているのは49床で、およそ100床の空きがあった先月30日に比べて状況は一段とひっ迫”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR