TOP > 社会 > 静岡市立病院 看護師感染 患者49人と同僚ら30人の検査進める | NHKニュース

静岡市立病院 看護師感染 患者49人と同僚ら30人の検査進める | NHKニュース

静岡市の市立病院で、人工透析を担当する女性看護師とその家族の合わせて4人が30日、新型コロナウイルスに感染していることが…...

ツイッターのコメント(35)

続報 透析室関係の患者看護師は全員陰性。良かった。
医療従事者の検査を、適切なタイミングで実施している事を評価したい。検査は大事です。
新型コロナに感染したことは責めませんが,発熱しているのに,よりによって透析⁉️糖尿病の合併症で透析受けてる人もいる。ハイリスクです。これは病院を責めますよ
これで患者に感染してなければこの病院の感染予防策は万全ってことだな。
50 3/31 静岡県 10代女性
51 3/31 静岡県 10代女性
透析室の看護師が新型コロナウイルス感染を
患者は全員PCR検査。
ついに静岡にもコロナの魔の手が
どこに出掛けて感染したんだよ…
患者に移すのが一番怖くてどこにも出かけられないでしょ。
"静岡市の市立病院で、人工透析を担当する女性看護師とその家族の合わせて4人が30日、に感染していることが確認…静岡市は、この看護師が処置にあたった49人の患者のほか同僚など30人について、ウイルス検査…静岡県内での感染確認は8人"
県からコロナ患者受入指定病院とされてた病院でこれなんだぜ…?
40代の女性看護師、同居する40代の夫、高校生と中学生の娘の4人。女性看護師は人工透析を担当。

静岡県内での感染確認は8人。
ひえっ!
まあここまで来たら仕方ないけども、せっかく外帰りの人だけで済んでいたのになあ…
これじゃ高校行けるかもわからんね
安全神話は無い。
静岡にも感染者クラスターが発生…
コロナ疎開していたあの観光地も実は不安かも(x_x)
感染ルートがわからない
このお子様は離任式とか出られたみたいですね。
この時期に必要な式典だったのでしょうかね。
通常通り学校再開らしいですが、大丈夫でしょうか。

静岡もそろそろでしょうかね。
これはまずいなあ。何人かは亡くなるだろう。看護師自身も精神を病みそう。セラピーが必要になると思う
「#新型コロナウィルス」 | NHK:2020.3/31-9:40
感染が確認されたのは葵区の市立静岡病院に勤める40代の女性看護師のほか、同居する40代の夫、高校生と中学生の娘の、合わせて4人。静岡県内での感染確認は8人。
コロナ検査のひとつの例として。
不思議なのは検査する人たちが病院内での人と親族だけなこと。
この看護師が院内感染ではないとしたら、例えば陽性の夫とかの同僚とかそっちの検査も必要では?
これは結構ヤバいんじゃないかな。ただでさえ透析患者さんは免疫が低いのに。透析室の看護師は血液を頻繁に扱うところですし。
解熱後24時間経過観察後以上が無ければ勤務可というルールは今までのルールなのだろうか?それとも今回の事を受けてのルールなのだろうか。
会見では、東京から帰省した家族がいるのでそちらも調べるような事を言っていた。感染を、知らずにうつしてしまうケースはありうるわけで、本当に厄介なウイルス😨
院内感染していませんように🙏
: 静岡市の市立病院で、人工透析を担当する女性看護師とその家族の合わせて4人が30日、新型コロナウイルスに感染していることが確認。
どうせなら当面、入院の新規受け入れを中止し、検査をや消毒作業等をする方が良いと思う。−
葵区といえば...

“感染が確認されたのは葵区の市立静岡病院に勤める40代の女性看護師のほか、同居する40代の夫、高校生と中学生の娘の、合わせて4人です。”

発熱症状後からでは遅いかもわからんからな…
特に感染弱者と濃厚接触することが確実な医療従事者や保健福祉施設職員らに対しては定期的なPCR検査が行われたほうが良いと思ってる
「看護師は今月23日の勤務中、38度の熱が出て早退しましたが、一晩で平熱になったとして翌日の24日と28日に出勤し、29日、再び38度の熱が出たため、30日、ウイルス検査を受けて感染が確認」
医療従事者が使われるマスク(中国産)の品質が心配です。良い物が使用されていますように。

【NHK NEWS WEB】2020.3.31 9:40
割と繁華街に近いから感染広がらないといいけど、、
院内感染が続くが医療のプロなんだから恥と思え! 一般患者は頼りにしてんだぞ!
やばくない?
既にベット数超えてるし。
すわ院内感染かと思ったが違うようだ。|
〈看護師は今月23日の勤務中、38度の熱が出て早退しましたが、一晩で平熱になったとして翌日の24日と28日に出勤し、29日、再び38度の熱が出たため、30日、ウイルス検査を受けて感染が確認されました〉

| NHK
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR