TOP > 社会 > 新型コロナウイルス 重症患者急増に危機感 治療した医師語る | NHKニュース

新型コロナウイルス 重症患者急増に危機感 治療した医師語る | NHKニュース

37コメント 登録日時:2020-03-27 04:33 | NHKオンラインキャッシュ

新型コロナウイルスに感染し、一時、人工心肺装置が必要になるほど、症状が悪化した患者の治療などに当たっている医師がNHKの…...

ツイッターのコメント(37)

ECMO(人工心肺装置)を使った治療は、医師や看護師などによる24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大きいとして、「今後、患者が増えると、医療現場が崩壊して、助けられる命が助けられなくなるおそれがある、と述べて、危機感を示した。
ニュース7では悲観的な話は出なかったが、以下を読むと決して楽観視できない。

ECMOを使った治療は医師や看護師などによる24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大きい
「今後、患者が増えると、医療現場が崩壊して、助けられる命が助けられなくなるおそれがある」
これです、こういう情報を政府が取りまとめて、医師、看護師、清掃員など現場を支援すること。

医師、看護師、清掃員などがするべきガイドラインを政府がまとめて、人員を増やし、機械の確保など現場を支援し、医療現場を支援する事、これが政府がする唯一無二の仕事です。
「今後、患者が増えると、医療現場が崩壊して、助けられる命が助けられなくなるおそれがある」
具体的には、重症者のトリアージがされて、助かる確率の低い人は亡くなる。
/

「ECMO」と呼ばれる人工心肺装置を使って血液中に直接、酸素を送り込んで肺の機能を一時的に代行しながら、未承認の薬を投与して治療したということです。

医療崩壊したら、確実に逝ける😇
「当初はせきや熱などかぜの症状と全く区別がつかないが、発症から1週間くらいで突然、呼吸の状態が悪くなり、重症化する人がいる」
治療した医師| NHKニュース
ECMOを使った治療は、医師や看護師などによる24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大きいとして、「今後、患者が増えると、医療現場が崩壊して、助けられる命が助けられなくなるおそれがある」
だから、最初に全力で検査しておけばいいのに。
治療した医師語る|NHKニュース 医療現場が崩壊しかねないと警鐘 発症から1週間くらいで突然、呼吸の状態が悪くなり、重症化
ECMOを使った治療は、医師や看護師などによる24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大
ECMOを使った治療は、医師や看護師などによる24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大きいとして、「今後、患者が増えると、医療現場が崩壊して、助けられる命が助けられなくなるおそれがある」
苦しんでいる人がいるのに、過酷な労働環境で奮闘する医療者がいるのに、平然と自粛要請を無視する人はこの記事をしっかり読んでほしい。
「当初はせきや熱などかぜの症状と全く区別がつかないが、発症から1週間くらいで突然、呼吸の状態が悪くなり、重症化する人がいる」(武藤医師)  発症から1週間てことは、ようやく検査に回されるタイミング。
>「当初はせきや熱などかぜの症状と全く区別がつかないが、発症から1週間くらいで突然、呼吸の状態が悪くなり、重症化する人がいる」
今朝のニュースでは全国ニュース枠でも触れられていたこのニュースでした
医師は、今後、重症の患者が急増すれば、医療現場が崩壊しかねないと警鐘を鳴らしています。
新型コロナウイルスに感染し症状が悪化した患者の治療などに当たっている医師が、インタビューに応じました。今後、重症の患者が急増すれば、医療現場が崩壊しかねないと警鐘を鳴らしています。
#COVID19 昨夜は47名の方が新型コロナウイルス感染が確認された東京都の会見では
重症になられている方は3名だと返答がありました。
治療にあたっている医師は重症患者急増は患者救命に関わる問題であり医療現場が崩壊しかねないと警鐘。発症から一週間ほどで呼吸状態が悪くなり重症化と指摘、70代患者は自力呼吸不可になりECMO施行、未承認薬投与後回復。徐々に治療方法が見つかり勇気づけられていると話す。
3月27日

…医師や看護師などの24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大きい、「今後、患者が増えると、医療現場が崩壊して、助けられる命が助けられなくなるおそれがある」と述べて、危機感を示しました。
2020年3月27日(金)4:05記事   今後、重症の患者が急増すれば、医療現場が崩壊しかねないと警鐘
えくもって言うけど大変だぜ 今はどうか知らんけど回路はすぐ詰まるし超高額だよ
>ECMOを使った治療は、医師や看護師などによる24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大きいとして、「今後、患者が増えると、医療現場が崩壊して、助けられる命が助けられなくなるおそれがある」と述べて、危機感を示した
ECMOを使った治療は、医師や看護師などによる24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大きい
【症状】当初はせきや熱などかぜの症状と全く区別がつかないが、発症から1週間くらいで突然、呼吸の状態が悪くなり、重症化する人がいる。
何か変だな?って思ったらハシゴでも良いから病院に行って早期発見して貰った方が良さそう…時間が経つに連れ症状悪化になるみたいだから…
患者が増えることは間違いない。では崩壊を防ぐために何をすべきか。なぜそれを語る医者、専門家が一人もいないのか
マスメディアはそれを聞かないのか
日本より厳しい状況の国は多いが、皆崩壊を避ける、崩壊から抜け出すために動いている
なのに日本は…
新型コロナウイルス、情報130

正しい知識を持って、正しく恐れようと思います。
愛知県瀬戸市•公立陶生病院の武藤義和医師です。ECMOを使った治療は、医師や看護師などによる24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大きい…

新型コロナウイルス…患者の治療などに当たっている医師
>(武藤医師は)重症化する患者について、「当初はせきや熱などかぜの症状と全く区別がつかないが、発症から1週間くらいで突然、呼吸の状態が悪くなり、重症化する人がいる」と指摘しました。
インタビューに応じたのは、愛知県瀬戸市にある公立陶生病院の武藤義和医師です
重症化する患者について、「当初はせきや熱などかぜの症状と全く区別がつかないが、発症から1週間くらいで突然、呼吸の状態が悪くなり、重症化する人がいる」と指摘
「薬は効果がはっきりしたわけではないが、徐々に治療の方法が見つかってきていて、勇気づけられている」
「当初はせきや熱などかぜの症状と全く区別がつかないが、発症から1週間くらいで突然、呼吸の状態が悪くなり、重症化する人がいる」
「ECMOを使った治療は、医師や看護師などによる24時間体制での対応が必要で、負担が極めて大きいとして、「今後、患者が増えると、医療現場が崩壊して、助けられる命が助けられなくなるおそれがある」と述べて、危機感を示しました」
以上

記事本文: 新型コロナウイルス 重症患者急増に危機感 治療した医師語る | NHKニュース

いま話題の記事