TOP > 社会 > 「音楽教室の楽曲も著作権の使用料必要」教室側敗訴 東京地裁 | NHKニュース

「音楽教室の楽曲も著作権の使用料必要」教室側敗訴 東京地裁 | NHKニュース

404コメント 登録日時:2020-02-28 13:41 | NHKオンラインキャッシュ

ピアノ教室などのレッスンで使われる楽曲の著作権をめぐり、使用料の請求の対象となった音楽教室などがJASRAC=日本音楽著…...

ツイッターのコメント(404)

これどうなったんかな。jas側の意見がワルすぎて、おいーーー〜〜〜〜てなる
🎼迷惑はかけてしまったけれど、そうなる前に閉じておいて良かったのかも。
@Adachi4Tom 裁判長が、「生徒は、申し込んで契約を結べば、誰でもレッスンを受けられるので不特定多数の公衆に当たる」と判断――うーん、生徒の中から将来の音楽家が出るかもしれないのに‥‥いかにも近視眼的な判断だ。
この判決はあんまり納得いかない。
過去、教科書に載せるときも著作権料は毎回毎年きちんと払ってるのかしら。
ろくでもない判決だった。
コロナウイルスの陰に隠れてしまったけどとても残念なニュース。今後も気になります。
裁判所もめんどうな仕事はしたくないんですね。なっとく。

: | NHKニュース:
音楽教室の目的は生徒のスキル向上だからな。教室側の実演はあくまでも、テクニックの指導が目的で、聞かせる事ではない気がする。月謝は指導の対価。
「営利を目的で音楽を利用しているところから対価が還元されていないのはおかしいということが、判決で示された」 →
どう考えてもレッスンは公衆に向けた演奏とは捉えないと思う
著作権は守られるべきだけど
音楽の可能性、将来性をJASRACには守って欲しい。
目先の欲か知らないけど、もっとやり方あったろうに‥‥

音楽大好きなアーティストはもっと広まればいいって思ってるよ。きっと

アーティストとJASRACと市民で価値観違いすぎて憤り‥‥。
なんだかなぁという判決

もう音楽教室はクラッシックか著作権フリーの楽曲だけでやったらダメなのかな
良い曲がいっぱいあるし、生徒さんはもしかしたらJ-POPよりも音楽性が豊かに成長するかもよ
問題視してる部分が後半にちゃんとまとまってたのでかなり安心した
JASRACはなにも悪くないけど、この判決は行き過ぎた著作権の保護だと感じるな。
まあ、ビジネスなら仕方ないのかなとは思うけど、楽譜とかは買ってんだよな。
観客に聴かせるなら納得だけど、ややスッキリしない判決よね。
判決は妥当だと思うんだけど、JASRACはもうちょっと考え方に透明性を持たせないと世間の理解を得られないと思うんよな。CDがつらくなる前から問題提起してたのならわかるが今言うか...感を感じちゃうんよな。。
ピアノ教室のレッスンで使われる楽曲の著作権をめぐり、使用料の請求の対象となった音楽教室がJASRACを訴えた裁判で、東京地裁は使用料を請求できるという判断を示し、教室側の訴えを退けた。音楽教室での著作権をめぐる初めての司法判断で、全国に影響が。(周回遅れ)
釈然とせんけど、カラオケも著作権料払ってるからレッスンも同じと考えれば妥当なのかも。
払うのは教室側だし、アーティストにちゃんと印税が入ればいいのかも。
知らんけどw
疑問その1。

楽譜を見ながら演奏する場合、楽譜を購入した時点で著作権料を支払ったことになるのかどうか。

そして楽譜代プラス演奏することによる著作権料の発生だと二重払いになるのかどうか。

JASRACにその分の過払い請求したら返金されるのか。
やっぱ自分で曲作るのが一番安全だな。
だが、最初は誰かのパクらなきゃ何も作れないんだぜ。。
酷い判決だと思う。
東京地裁の判決はJASRACの勝訴。
生徒は先生の演奏を観客として聴きにきてるんじゃない、技術を学びに来てくれるのに。演奏を聴く時はコンサートに来てくれる。
これ、きっと最終的には著作権かからない曲にしても、手本聴かせなくても、年間一律いくらとかで徴収するよね。
音楽教室の教師や生徒自身が演奏技術を向上させるため、聞かせることを目的に演奏していることは明らかだ←聞かせる事が本質じゃないだろw
音楽を使える権利をぜーーんぶ
JASRACが握ってるのはどーかと思う
独占(?)はアカンのでは?
ここまで締め付けられたら
自由に『音』を『楽』しめなくなるのでは?
この裁判は仕事上興味があるのだが、最高裁まで行って判断してもらうまで余計なコメントは差し控えようっと。どうなるかなあ?
音楽教室くらい大目に見てやれよ。
さすが「カスラック」。
歌うな、練習するなと言ってるようなものだ。
ほーぅ。
街中から音楽が消えたのも、東京地裁の判決が原因かね。
ストリートミュージシャンやコピーバンド、街中ラジオ等々は全滅か。
さすが法治国家だな。
コロナ騒ぎに隠れて重要な判決が・・・。/
「生徒は、申し込んで契約を結べば、誰でもレッスンを受けられるので不特定多数の公衆に当たる」として、JASRACは音楽教室に使用料を請求できるという判断を示し教室側の訴えを退けました。
>生徒は、申し込んで契約を結べば、誰でもレッスンを受けられるので不特定多数の公衆に当たる
契約を結んでいて、教室毎で同時に受講できる人数は限定されるから特定可能なのではと思ったのだが
裁判官には音楽勉強したことがない人ばかりなんかな…
もうじゃすらっくに管理してもらわないようにするしかないんじゃないかな…
日本の音楽文化はそれを守る者によってハードルを上げられる。JASRACは著作権の対象である過去は守るが、音楽文化の未來は育てない。
JASRACもNHKみたいになるてことかな?
とりま最高裁までやってほしい
楽譜はきちんと購入してるんだから良くない?と思いますが
これって教室の生徒が負担するんだよね。音楽離れにつながらないかな?
妥当だと思う。
コロナの影響で音楽家は、大打撃。
それに追い討ちをかけるようにJASRAC。。。
なんとも言えない。
これ以上音楽家を苦しめないで。
直接関係ないようなニュースでも、自分達に何か出来ないか?どうすべきか考えて社会と向き合うのが企業人としてあるべき姿かなと。仕事増やしたくない人多いだろうけど社会の課題を解決する事が大事。
"「生徒は、申し込んで契約を結べば、誰でもレッスンを受けられるので不特定多数の公衆に当たる」として、JASRACは音楽教室に使用料を請求できるという判断"
今後起きるか注目したい項目
・JASRAC非信託楽曲のみの教材の流行
・JASRACへの信託取り止めと他社への切り替え
・音楽著作権の自社管理化
・音楽教室の学校法人化
・音楽教室の非営利化
・模範演奏をしないオンラインレッスンの増加
信じられん判決が出てもうた。がんばって控訴してください
「生徒は、申し込んで契約を結べば、誰でもレッスンを受けられるので不特定多数の公衆に当たる」として、JASRACは音楽教室に使用料を請求できるという判断を示し教室側の訴えを退けました。 控訴して!
また、音楽の需要が減る要因になりそうだね・・・
あーあ・・ 賛否両論だけど個人的には残念。
徴収金額がどれくらいの負担になるか次第だけど、音楽やろうって人口は減りそう・・。
この判決はおかしい。どう考えてもレッスンが公衆に聞かせる演奏とは常識的に思えない。法解釈に名を借りたこじつけだ。専門家も教室も音楽文化の衰退を案じて反対してるのにJASRACは著作権保護を大義名分に金儲けしたいだけとしか思えない。原告はぜひ控訴して欲しい。
本当にヤクザと変わらないな。
作曲者はこういう徴収を望んでいるのだろうか?
作曲者は委託してるJASRACと同じ考えと受け取っていいのか?
判決
密室の音楽教室は公衆

>申し込んで契約を結べば、誰でもレッスンを受けられるので不特定多数の公衆に当

>コンサートなど公衆の前で楽曲を演奏する場合、著作権法に基づいて作曲者などへの使用料が発生

>レッスンでの演奏が公衆に聞かせる演奏に当たるかどうかが争
そのうち鼻歌歌ってもお金払わなくちゃいけなくなるのでは
@nhk_kabun この判決が理解できる程度の法務リテラシーが身につくと、世の中の謎が少なくなってきて「不当だ!陰謀だ!アベヤメロ!」って激怒する回数が減るよ。マジで。
この判決はなんか納得しにくいと思うのは私だけ?
楽譜代に著作権料は入ってないの?
楽譜代とは別に、演奏したら発生するんや…
この裁判、原告が勝つと思ってたけど、JASRACが勝った。
判決の論理がよく分からないです。
>裁判長は「楽曲を利用しているのは、生徒や教師ではなく事業者である音楽教室だ」と指摘。「生徒は申し込んで契約を結べば、誰でもレッスンを受けられるので不特定多数の公衆に当たる」とし、JASRACは音楽教室に使用料を請求できるという判断を示し教室側の訴えを退けた
JASRACの在り方は置いておいて、音楽教室は著作権のある楽曲を使用して利益を得ているのだから使用料を払うのは当然。公衆性に限って言うと動画サイトや配信サイトでの演奏もアウトになるかも。
売上の10%取るとかなんかなぁ…裁判やるくらいやからよっぽどえげつない額取るんやろな。
創造性の第一歩は模倣からだとJASRACは学習すべき。判決を下したのは、

東京地方裁判所の佐藤達文裁判長

…だそうです。
なにこれほんまおかしい
糞判決きた。
地裁とかいう
カスラックの極み -
これで輸入の方がより多くなるかな。
音楽教室だけでなく音楽学校も廃れてアーティストを目指している人は海外で教育を受けるんだろう。
ただでさえ粗製乱造のポピュラー音楽がゴミ同然になる日も近い。

|
新型コロナ以外のニュースでもないかと思ったが、これまたゲンナリする話。なんだよ、その「公衆」の解釈は…。→
←最近の判決は屁理屈ばかりで、もう沢山。こんなの法治国家じゃない。裁判官が法律を無視してる。
なんてこった!
なんで地裁ってすぐ控訴されるようなアホ判決よく出すん?
カスラックのやりたい放題になるな。
音楽教室側が完全敗訴しましたか……
世知辛い世界になっていきそうですな
「生徒は、申し込んで契約を結べば、誰でもレッスンを受けられるので不特定多数の公衆に当たる」
申し込んで契約を結んでも公衆?? 後でちゃんと読もう
利権が日本の音楽文化を退化させる
カスラック寄りの偏った判決をした東京地方裁判所の佐藤達文裁判長
日本の音楽が衰退するやんけ
なにやってんだカスラック
「音楽文化の発展に努めていきたい」って…衰退の誤植だろ?
そのうち、クラシック等の「著作権切れが確認されている曲」しか教えられなくなるのかしら

今度は、雅楽(平安時代から伝わる古典芸術)に対し、「がらく」と発音した上での請求とかはしないでくださいね…(これは現代雅楽など著作権の存続する曲があるため確認だったらしい)
気持ちはわからなくもないですが、著作権ガチガチの楽曲は淘汰されて、著作権フリーの音源がいろんな教室やBGMで使用されるようになって拡散されてどんどん人気が出るという構図。 / (NHKニュース)
レッスンでの模範演奏が公衆の前での演奏に当たるかは疑問ですが、営利目的の音楽教室で著作者に利益を分配するのは当然だと思うので、CDの売れないこの時代の音楽家にとっては良い判決が出たと思います。
この判例を基準とするなら、全国の音楽系部活動は練習するだけで毎日支払いが必要になって、部費ではとうてい足りずに廃部だなぁ……
これはあかんやろー音楽教室がんばってくれ!
かなり危険な判決。裁判官は音楽文化の普及よりJSRACの金儲けを優遇するか? →
・・・「生徒は、申し込んで契約を結べば、誰でもレッスンを受けられるので不特定多数の公衆に当たる」契約を結べばっていう条件が付くならそれは不特定多数じゃなく特定多数なのでは
佐藤達文裁判長←バカバカバカ。まかり間違ってこいつが最高裁判所裁判官になったら、国民審査で絶対に×をつけてやる。
ぇぇー…
ジャパン滅びろ。
ありえない。
これから控訴ですね
ふざけているのか?
まじか〜この問題は避けて通られへんなぁ。
時局に鑑みて、拡散希望です。
(音楽教室は曲を使用してるんだからその分の金を払え、というのには色んな意見があると思うけど)演奏権 "著作物を公に上演し、演奏する権利" を根拠に徴収ってのは、拡大解釈で微妙な気がするけどなあ。音楽教室において、"演奏する"のは、当然、教師生徒だし。
この判決が本当に「文化の発展に寄与する」(著作権法第1条)のか?/
まぁ、よりによつてこんな時期に!!
生徒も楽曲利用してると思うから判決理由わからなかった
うーん。「音楽教室の生徒=公衆」という図式が、著作権法の素人にはやっぱり飲み込みづらい。教室が楽譜を購入した時点で、すでに印税は発生しているはずなわけで…。
金を搾り取るための文化抹殺か。
(。-人-。) ヌーっ
ミュージシャンになりたい人は日本を離れた方がいいかも
音楽好きとして注目してたけどやっぱJASRAC勝訴か。音楽教室は営利目的だし客寄せで管理曲使ってるなら作った人に還元するのは良いと思う。
著作権と言うか創作者には敬意を払わないとね。
モノがわかってない裁判官なんて私刑されちまえよ。
もっと見る (残り約304件)

記事本文: 「音楽教室の楽曲も著作権の使用料必要」教室側敗訴 東京地裁 | NHKニュース

いま話題の記事