TOP > 社会 > 「初期症状は軽いかぜと同じ 感染疑えなかった」診察した医師 | NHKニュース

「初期症状は軽いかぜと同じ 感染疑えなかった」診察した医師 | NHKニュース

202コメント 登録日時:2020-02-25 16:30 | NHKオンラインキャッシュ

新型コロナウイルスに感染した北海道七飯町の男性を最初に診察した医師がNHKのインタビューに応じ、「初期の症状は軽いかぜと…...

ツイッターのコメント(202)

🌕この医師は、経過を見ながら、ちゃんと診断しているじゃない。
地域医療への不信を煽るような見出をなぜ付ける。?

⭕不透明な公共放送NHKなど潰して、国営放送にすべき。❗
@howlingaa このウイルス、怖い所は当該リンクにも書かれてますが重症化した場合の「両側肺炎」なんだろうと思います。若い子でも命を奪いかねない。
「初診の7日は微熱とのどの違和感を訴えていた。全く普通のいわゆるかぜだった」「海外への渡航歴がないなか、感染を疑う症状はなかった」
コンサルト早いのは流石だと思う。
「通説を翻すだけの根拠」はこれなんだが「全例検査しろ」と言ってる人間が根拠にしているとは到底思えん。
正直、濃厚接触者などでない限りこの流れになると思います。
①初診で感冒状態→対症療法
②再診で咳継続→採血やレントゲン、必要に応じて単純CT
③コロナの可能性があればPCR検査を依頼
こうなりゃインフルばりにバリバリ検査しないと何もわからんね。
Doctorの叫びです。この記事をしっかり読んでください。
熱発の初期は先ず自宅療養です!

医療機関で感染が広がるリスクを減らすためです。
現場からの記事、もう一度あげときますわ。
病院行ったところで治療法ないばかりか写しまくるだけ又は、貰ってくる感染しちゃうだけだから 
軽い場合は行かない  が良いって事だよね。
感染しててもやる事なくて感染病室に入れられるなら家で引きこもって他方がいい〜 問題は仕事がな!
…………。こわ。
そらぁ風邪ですからね…
そう言えば昨日、街中で誰だったか「痰が絡むならコロナじゃない」
って言ってる人が居たな。たしか小学生くらいの男の子だったと思う。
@nhk_news 初期は普通の風邪の症状と変わらないのに急に呼吸困難になるとか通常の肺炎は片方だけ炎症が起こるのに対して両肺に炎症が起こるなどの新型コロナウイルス特有の症状などの情報を日本医師会などで共有して、重症化を早めに食い止められるとよいのですが…
新型コロナウイルスに感染した北海道の男性を最初に診察した医師がNHKのインタビューに応じ、「初期の症状は軽いかぜと…
発症後8割は快方し2割が肺炎に移行
軽い症状から一転して急激な呼吸困難が5日目以降に現れるそう
強いだるさと息苦しさ←すぐに受診
PCR拡充早よ😭
@seacret_cm
もしものこともあるからちゃんと病院行きましょう
「医師は「私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか。感染がさらに広がれば、私たちはどう診療すればいいのか。すごく困ることになる」と述べ…」
潜伏期間後、発症受診
「初診の7日は微熱とのどの違和感を訴えていた。全く普通のいわゆるかぜだった」

2回目の受診
「初診から5日たって(割愛)両方の肺に肺炎の症状があった。比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎」

専門病院へ紹介

静かに急激に進行するCOVID19
コロナウイルスが全国へ散らばってると、医師はジカクしてほしい。すでにパンデミックなのだから。
これで、受診するなっていうのは軽い風邪程度なら受診するなってことでそれはわかるんだけど、軽い風邪程度でも出勤するなともならないですよね。ってことです。
このような患者さんが続くとさすがに
おかしいと思うようになります
しかしこちらは
保健所からの許可が出ないので
検査ができません
医師は悪く無いな…
そりゃそうでしょうね‥全国の高齢の開業医(特に地方)の先生方がお気の毒だし心配‥。
そしてインフルみたいに気軽に検査できないんだもん。患者と保健所に板挟み。お手上げだよね。
北海道七飯町のお医者さん
こわっ…。ちなみに私が肺炎になったときは、40度越えの熱が出て意識がなくなりました。

「初診から5日たって少しせきとたんが出てきたと聞き、肺炎や気管支炎を起こしていないかと疑ってレントゲンを撮った。すると両方の肺に肺炎の症状があった」
病院で感染するから病院に行くなと言われると病人や医者はどうしたら良いのか?重くなるまで病院に行くなという事ですよね?
医療従事者へのコロナウイルス感染が止まらない。開業医も防護服などの対策が必要なのでは。専門家が感染予防のマニュアルを作り日本中に周知させるべきでは?
症状が軽くても肺炎起こしてるということか・・・
疑えなかったって、CRPぐらい見てないのか。CRPなら開業医でも数分で測れる。
比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例で、専門病院に診てもらう必要があると思ったと当時の経緯を明かしました
新型コロナウィルス感染者によくあるパターンに、開業医を何件まわっても風邪の診断で、やがて症状が重くなってから大病院に行くとようやく感染確認。コレだと最初から大病院に行く人が増えるのでは。。
「初期症状は軽い風邪と同じ、感染疑えなかった」診察した医師」NHK
「私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか。感染がさらに広がれば、私たちはどう診療すればいいのか。」 /
うちの学校の先生は
「微熱でも咳してても本人が元気なら登校させてください ニッコリ」
って言ってた
無症状もいるし
こういうことですよね
怖いのは。
今国民がリスク真っ只中。
確かに症状はウイルス性風邪と変わらないからなぁ~ていうかウイルス性風邪なんだけどさ(笑)
2回目の診察で、少し咳とたんが出始めた段階ですぐ肺炎を疑ってレントゲン撮ったのがすごいと思う…
現実的な記事だと思った
「初診から5日たって少しせきとたんが出てきたと聞き、肺炎や気管支炎を起こしていないかと疑ってレントゲンを撮った。すると両方の肺に肺炎の症状があった。比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例」
「医師、男性を診断。初診7日微熱のど違和感→かぜ。5日後せきたんと聞きレントゲン。両肺に肺炎。いきなり両側肺炎はあまり経験なし。専門病院へと。開業医はほとんどが感染のリスク。感染が広がった時はどう診療?」
後で読むよ、、、
もぅ、さぁ、、、_| ̄|○ il||li
大抵の肺炎はそういうもんだ。
じわじわと悪化して、とか余程の年寄りでないと無い
七飯の症例を診察した医師「私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか。」
物資が無い事
子ども達の取り巻く環境に消毒の類等が無い現実
予防行動出来ない。

安全の責任を果たせない不安に立ち向かう為の手洗いうがい
鑑別はやはり難しいのか
《価値ある臨床例》

『初診から5日たって少し咳と痰が出てきたと聞き、肺炎や気管支炎を起こしていないかと疑ってレントゲンを撮った。→両方の肺に肺炎の症状があった。比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例で、専門病院に診て(文字数)』
彼らの安全が確保されてない問題

医師は「私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか。感染がさらに広がれば、私たちはどう診療すればいいのか。すごく困ることになる」と。
地域の開業医がバタバタ倒れる事態になったら、なかなかお見事な感じではある/
メモ。

【 感染疑えなかった」診察した医師】
ヤベェ、今まさにこの症状で診察してもらいに行ったところ時間帯変えてもっかいきてねって言われた。
風邪っぽい4日目の肩肘さん。。微熱と喉の違和感のみ。鼻水咳なし(汗)マスクかけ勤務続けてる。受診なし
医者から勧められて帰国者接触者相談センターに相談しても検査してもらえないままたらい回しにされているケースを解消するための知恵を絞ってほしい
もはや自分の身は自分で守るしかない。
これ町医者レベルだと設備的に手に負えないな。今更かもしれんけど /
せめてこれをやってくれないかな。医師・病院側も防御態勢とった上で。

>疑ってレントゲンを撮った。すると両方の肺に肺炎の症状があった。比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例で
医療崩壊を防ぐには、熱専門外来を一刻も早く作るべき。
SARSの時もやってたのに、できない訳がない。司令塔がポンコツだと現場が混乱する。新型コロナの前にそっちが問題
※貴重なお話。これまでの複数の医師のお話と合わせてみると、症状が出てからが結構急速に進行するということのようだ。武漢でもそのスピードのために治療のスピードが追いつけなかったという事だったと思う。
最初は普通の風邪に見えた。それが肺を診たら急な肺炎あり。
"私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか"
急激に肺炎になるんやから、絶対にPCRの検査は必要やろ。
医師「私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか。感染がさらに広がれば、私たちはどう診療すればいいのか」 |
この医師、すごく的確な診察と判断をされたな~。 →
"厚生労働省は医療機関で感染が広がるリスクを減らすため、かぜや発熱などの軽い症状の場合は自宅で療養し、37度5分以上の発熱が4日以上続くなどした場合は都道府県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」に相談するよう呼びかけています。"
現場の医者も混乱しているし、危険にさらされている。現場の為にも検査体制を組む必要があるんだが…。----------
「リスク管理の一言」かと。
正しく恐れて対策するには、実際の様子を知らないと。詳しい報道ありがとうございます。熱が出た場合の判断難しそう・・・
***
↓ と,「初期症状」は,ほぼ同じ。咽頭で増えて,肺に・・・?
感染疑えなかった」診察した医師(NHK News Web)
初診7日、風邪と診断。13日咳と痰でレントゲン、肺炎発見「比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎は経験したことのない症例」函館の病院で感染確認。「私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか」
これ、あらゆる面で怖い。一般人としてはいわゆる普通の風邪の症状で元気なのに、レントゲン取ったら肺炎になってたって。
最初から予想されていることを小出し。いつも中途半端。
@H_Inomata

これも画像が決め手になってる。
「開業医が感染源になる可能性がある」というのは難しい問題。
標準的な診療手順の確立が待たれるわけだけど、どうなの?
コレって新型インフルエンザの時も言われてたよなぁ🤔
初期症状は軽いかぜと同じ 感染疑えず
初診から5日…少しせきとたん/レントゲン…元気なのにいきなり両側で肺炎/あまり経験したことのない症例
開業医は感染のリスクにさらされているのでは/感染がさらに広がれば、どう診療すればいいのか。すごく困ることになる。
インフルエンザは、どうやって防いでるの?
>最初に診察した医師は「私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか。」
現場の声は非常に重要。もっと積極的な情報交換が必要。
制覇の真摯な対応を求めます。
両方の肺に肺炎の症状があった。比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例で、専門病院に診てもらう必要があると思った」と当時の経緯を明かしました。
医師の的確な診断により新型コロナ感染とわかり、さらなる感染を抑えたけれど、こういう医師達が感染の危険にさらされているのが不安だ。医療の現場を守らねばならないのに、政府の方針は答えない。感染の広がりを恐れる国民の不安にも答えてはいない。
に感染した
北海道七飯町町議を診察した医師が、
NHKの電話インタビューに応えている。(u_u)
医師は「初診の7日は微熱とのどの違和感を訴えていた。全く普通のいわゆるかぜだった」と述べ、海外への渡航歴がないなか、感染を疑う症状はなかったと説明しました。
これは「37度5分以上の発熱が4日以上ではわからない」例ではなく、まさにその診断基準にドンピシャリ当てはまって上手く見つけた例なのでは?ガイドラインが功を奏して。
これって開業医の先生も不安だね…。
『〜比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例で、専門病院に診てもらう必要があると思った』

【新型コロナウイルスに感染した北海道七飯町の男性を最初に診察した医師が「初期の症状は軽いかぜと… 」】
やっぱり症状と写真が決定的なんだー、ウィルス検査は確率悪いしね。
薬無いし。結局対症療法だし。
あと腸の症状だ。
こんな感じならすでに全国に広まっているし、終息などまだまだ先なんだろうな。
肺炎ってそういうものだと思います。新型コロナウイルスは進行が速いようで、4日放置するのは危険だと思います…。
「初期症状は軽いかぜ」から「いきなり肺炎」という報告はコワイ。
安倍内閣の御用学者・医師たちが必死になって「軽いかぜ」の場合には検査は不要と吹聴しているが、初期症状で検査をしてこそ「いきなり肺炎」を防ぎ、効果的な治療ができるはず。
#新型肺炎検査に保険適用を
医師は「私のような開業医は、ほとんどが感染のリスクにさらされているのではないか。感染がさらに広がれば、私たちはどう診療すればいいのか。すごく困ることになる」と述べ、地域の開業医も外来患者の診察を通して感染するおそれがあるとの見方を明らかにしました。
NHK 伝、

新型コロナウイルス、未知の事が多く、そもそも “かかりつけ医” では診断が難しい事例は多く出ている。
簡易検査の実現は1ヶ月以上先、試薬は更に先で、風邪? コロナ? 迷うのは一般市民だけでない。
新型コロナウイルス怖すぎやろ
「比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例」って…日本でも軽症者検査せず「風邪だねー」って放置して自宅療養させてたら中国で報告されてる街中でいきなり人が倒れるやつみたいなことが普通に起きるのでは?
検査の枠を大幅に広げるべき。
2020年2月25日 16時27分

新型コロナウイルスに感染した北海道七飯町の男性を最初に診察した医師がNHKのインタビューに応じ、「初期の症状は軽いかぜと同じで感染を疑えなかった」などと述べ、
薬を変えても治らない?じゃあ最初の薬出しときます、みたいなお爺ちゃん開業医じゃ太刀打ちできんわな。

とりあえず感染リスク下げるため診療時間を一人1分以内にしてみては?
微熱と喉の違和感から5日後、少し咳とたんの状態で、レントゲンで肺炎と判明とあり、コロナ検査云々よりも、レントゲン、CTを早めに撮って貰った方が、良いみたい。
せめて、リットマンクラシックにして欲しい、、
この記事、変。微熱で喉の違和感から一週間経ったら既に両肺が一気に肺炎ってスピードに驚いたドクター。かたや政府の37.5度で4日待て?😰
"比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例"

この発症すると急速(Acute)に呼吸器系(Rapisratory)に症状が現れるのが、"Severe Acute Rapisratory Syndrom"(SARS)たる所以なのかな。今回の SARS-CoV-2 ウィルス。
こうなるから、コロナの検査が必要だと言う事。関ジャニ∞のみならず医者にとっても。
医師「初診の7日は微熱とのどの違和感を訴え全く普通のいわゆるかぜ
初診から5日少しせきとたんが出て、肺炎や気管支炎を起こしていないかと疑ってレントゲンを撮ると両方の肺に肺炎の症状があった。比較的元気なのに、いきなり両側で肺炎はあまり経験したことのない症例」
所見で判断すれば、分からない。
病院には、新型コロナウイルス感染疑いの患者も来る可能性は充分ある、ということ。
高熱が出てるのに4日間も医者に来るな!とは、どんな政府だよ!
閣僚が発症しても同じ対応なんだよね?
もっと見る (残り約102件)

記事本文: 「初期症状は軽いかぜと同じ 感染疑えなかった」診察した医師 | NHKニュース

いま話題の記事