TOP > 社会 > クルーズ船 乗り込んだDMAT医師「命助けること優先した」 | NHKニュース

クルーズ船 乗り込んだDMAT医師「命助けること優先した」 | NHKニュース

77コメント 登録日時:2020-02-20 05:33 | NHKオンラインキャッシュ

クルーズ船に乗り込み、DMAT=災害派遣医療チームとして船内で発熱した人への対応にあたっている医師が取材に応じ、「命を助…...

ツイッターのコメント(77)

乗り込んだDMAT医師
「命助けること優先した」
感染症対策については、ある程度妥協して重症者や重症になりそうな人を早め早めにピックアップして地域の病院に搬送した。  この言葉を信じるならPCR検査前でも、搬送していると取れるが、。
最善を尽くされたのだと思う。
今回の原因はウイルスであるので、感染症専門医のチームでの同行が必要だったと思う。
「感染症対策については、ある程度妥協して」と言ってる記事はこれ。
@suzuzZ @Xevcks 「感染症対策については、ある程度妥協」
NHKの取材に答えていたのはDMATの松原先生でした。すみません。
自分も感染のリスクがある中で頑張ってる方々には
本当に感謝です🙇‍♀️
感染なさらない様に頑張って下さい‼️
この取材、完全に危機管理的な意味で受けてるよなあと
船内は落ち着いて来たか…?
これが本当のお医者様でしょう。
(命を守るのは勿論のこと、感染拡大防止作業も同時に行わなければならないが、それは医師ではなく…誰が進めれば良かったのでしょうね?)
アウトブレイクへの対応ミスか”「感染症対策については、ある程度妥協して重症者や重症になりそうな人を早め早めにピックアップして地域の病院に搬送した。命を助けることを優先して仕事をした」”
こういうのが知りたかったよね>>
なにと比べて命を優先したんだろう。医師は命を優先するのは当たり前じゃなかったのかな。
どっちをタイトルに持ってくるか…。>「感染症対策については、ある程度妥協」「命を助けることを優先」『 | NHKニュース』
岩田医師のセンセーショナルな糾弾と大分印象が違うが、現場でできることをやるってこういうことじゃないの?
動画に乗っかってだんじり状態だった人の顔ぶれはいつも同じだなあ。
とても有難い!尊い仕事✨
でも、決してウイルスを甘く見て、自分たちDMATチームの命を危険にはさらさないで🙏🏻
DMAT松原医師(重症者を見極め医療機関に搬送するチームのリーダー)
>当初の状況
・高齢者中心に危険な状態
・感染症対策はある程度妥協し、救命を優先
>最近は発熱する人は減少
>今は重症者搬送は殆どない
>船内は落ち着いて、ほぼコントロールされている
これって、ゾーニングで対応したのではないということですよね。//
続き 関連
DMAT災害派遣医療チームとして船内で対応にあたる
松原峰生医師
「高齢者で急に高熱を出す人がいるなど危険な状態だった。感染症対策については、ある程度妥協して重症者や重症になりそうな人を早め早めにピックアップ。命を助けることを優先して仕事をした」
>船内はどんどん落ち着いてきていてほぼコントロールされていると感じています」と話していました。
写真からすると、この医師もいま自主的に自分を隔離状態に置いているということなのだろうか。>
こちらも見つけたので。さっきとは別の中の医師
😷現場で作業に当たった方たちは大変だったと思います🤔
⇨残念ですね。2人亡くなりました。
| NHK


”高齢者で急に高熱を出す人がいるなど危険な状態だったため、感染症対策については、ある程度妥協して重症者や重症になりそうな人を早め早めにピックアップして地域の病院に搬送した”

この逼迫した状況。
命を助けようと尽力して頂いたのは事実と思うが、結果として陽性を示す人数は日に日に増えていっており、岩田氏が指摘したようにDMATメンバーに感染者を出しており、彼らがこれから日本中の病院で通常業務に戻って感染が広まっていくのは確実。
感染者の対応マニュアルが整理されてきたという事ですね。
うーん。DMATの人も感染してるし、現場で対応する人は皆んな賛称されて然るべきなのかは疑問…
本来なら厚労省なり関係各所がもっと積極的に情報を発信すべきだったんだよね。結局、岩田先生の動画が切っ掛けになってしまったのは残念。
乗り込んだDMAT医師「命助けること優先した」2/20 5:28

クルーズ船に乗り込み、DMAT=災害派遣医療チームとして船内で発熱した人への対応にあたっている医師が取材に応じ、「命を助けることを優先して仕事をした」と話しました。
このような方がいらっしゃるのは心強いですね。ただ、何故、岩田医師の告発直後にNHKが報道するのか、胡散臭さを覚えるのですが。
医療チームの必要性があるところに率先して飛び込んだ現場の声。NHKのサイトの方には「感染症の教科書通りには」のくだりはなかった。
「救命優先」それは解る
DMATで活動する医療従事者殆どが其々地域の大きな病院に勤務している
担当する期間が終われば各々普段の職場に帰っていく

》感染症対策については、ある程度妥協して
【NHK NEWS WEB】2020.2.20 5:28


松原峰生医師は、今月13日から、DMATとしてクルーズ船で発熱した人の中から重症になりそうな人を見極めて医療機関に搬送する医療チームのリーダー
クルーズ船内では、既にフェーズを上げていたと理解した。
とても現実的な対応で、立派な決断。
この事実を厚労省がきちんと広報していてくれれば、
無駄な混乱を防げたかもしれないが、これはこれで教訓。
なんせ初めての経験だからね、重箱の隅をつついちゃいけない。
例の動画削除の件、船内の不備のいろいろは結局これに尽きたのでは。正直、自分の命も掛かってるんだから、それで妥協したことは信用が置ける気がする。
現場の声が色々出てきて、それぞれの思惑があるね。誰も自分の行為が正しいように言うけど、きちんと間違いを確認し訂正出来る人でないと

クルーズ船に乗り込み、DMAT=災害派遣医療チームとして船内で発熱した人への対応にあたっている医師が取材に応じ、
乗り込んだDMAT医師「命助けること優先した」(NHK)
自分の身を守るのが最優先と習ったんですが!?!?
>松原峰生医師は、今月13日から、DMATとしてクルーズ船で発熱した人の中から重症になりそうな人を見極めて医療機関に搬送する医療チームのリーダーを務めています。
やっぱダメじゃん。見えてる1人を救うために、見えない将来の数万人を危険に晒すってことじゃん。
まさかの根性論
現場の声。
もう削除されたとかいう岩田さんの画像を使うのは控えて、こちらもしっかり伝えていただきたい。
めも◆
「医療用マスクを着用し、使ったあとのガウンなどは専用のスペースで脱いでいる」
でも‥救護側がサージカルマスク?
ゾーニングもNBCと違うし
不安を煽る神大の某教授と、このDMATの医師と、どちらを信頼します?
<船内の死者はゼロ>


2020年2月20日 5時28分
朝のエヌエチケーで流れてた
意志決定の積み重ねを無かったことにしてピンポイントだけ正論振りかざすの、仕事ではよくあるけどやり方としてはマズいよなぁ
実際の現場で活動している医師の方のインタビュー。
「今は重症者の搬送はほとんどなくなり、症状の無い人を経過観察してもらうために病院に搬送する仕事が中心/船内はどんどん落ち着いてきていてほぼコントロールされている」
きちんとした医師は不安を煽ったりせずに出来る限りのことをやるよな。自己顕示欲に塗れたガキのような振る舞いをした奴とは違うね。大変だと思うけど頑張ってほしい。まずは医師本人が倒れないようにしないと。医師って本当に大変な仕事だと思うよ。クズ医者は別。
大津赤十字病院高度救命救急センターで救急部長 最近は発熱する人は減っているということで、「今は重症者の搬送はほとんどなくなり、船内はほぼコントロールされていると感じています
その後、船内に入った専門家の告発などがあったわけだけど、感想は概ね妥当だったと思う。🤔
つまり感染症対策は二の次だったのかな❓
ほんと?重症者はいいけど、感染者自体は増え続けてるじゃん。これから発症する人もいるなら、コントロールできてるとは言えないでしょ。
自分が自己中心的な考えであることを自覚出来るニュース。
クルーズ船の医師が証言している。「命助けること優先した」

つまり、感染の拡大を阻止する手を打つ余裕はなかったということだ

乗客を船内に隔離して感染を拡大させたが、収容施設もなかった
日本としてはベストを尽くしたが、国際社会を満足させる十分な対応ではなかった
19日NW9
別のDMat医師『救急救命が専門で感染症は初のミッション。船はどこで伝染するかわからない』
上記と別の医師『個人対応に任されてる感じで、防護服着脱いい加減な人もおり、拡大心配。汚染?ガウンで清浄室に入ってきたり』@tim1134
一番大事なのは命を助けることだもんね。
なんだか慌てて「PR記事」を出して来た感あるな…(´・ω・`)いまさら…
⇨告発動画よりも衝撃。実際に対応している医師が「感染症対策については、ある程度妥協して」と語っている。不安要素がまた増えた。
薬漬けの高齢者だけ注意していればいい
色々ご苦労があったのですね。命懸けでありがとう。感謝します。ところで岩田健太郎氏のやり方、意見に腹が立ちませんか?
自身の感染も薄々覚悟しながらの医療活動
苦しむ者を放ってはおけないものね
国は活動終了後のケアをしなきゃダメだよ
人命救助の活動に感謝
>活動を始めた当初の状況について松原医師は「高齢者で急に高熱を出す人がいるなど危険な状態だったため、感染症対策については、ある程度妥協して重症者や重症になりそうな人を早め早めにピックアップし地域の病院に搬送した。命を助けることを優先して仕事をした」と話した
NHKさん、災害対応部隊だけではなく感染症対応医師も報道してくだい。
この人らが目の前の命に注力してた時に、他の何千人の感染対策を国は怠ったのだろうか。専門家・有識者を権力で踏んづけて隠蔽体質に走る。でも世界からの乗客はそんな厚労省の対応を批判した。
滋賀県にある大津赤十字病院高度救命救急センターで救急部長を務める松原峰生医師は、今月13日から、DMATとしてクルーズ船で発熱した人の中から重症になりそうな人を見極め…

- NHK - 2020/02/20 - 05:28
岩田教授の投下した爆弾動画をきっかけに「ちゃんとやってますよ」という声がマスコミに乗るのはいいことかも//
正規の手続きで船内の感染症対策に当たった医師の言葉です。
乗客の命を守るために尽力している方々を不確かな情報で外野が一方的に叩くのはいかがなものか、と個人的には思います。
「船内はどんどん落ち着いてきていてほぼコントロールされていると感じています」とも/
>クルーズ船 乗り込んだDMAT医師
>「今は重症者の搬送はほとんどなくなり、症状の無い人を経過観察してもらうために病院に搬送する仕事が中心になっている。船内はどんどん落ち着いてきていてほぼコントロールされていると感じています」
ゾーン分けされてないのは、そういうことだったのね
以上

記事本文: クルーズ船 乗り込んだDMAT医師「命助けること優先した」 | NHKニュース

いま話題の記事