TOP > 科学・学問 > 科学技術「ムーンショット型研究開発」目標の6項目まとまる | NHKニュース

科学技術「ムーンショット型研究開発」目標の6項目まとまる | NHKニュース

64コメント 登録日時:2020-01-16 13:30 | NHKオンラインキャッシュ

日本の競争力を高めるため、科学技術の挑戦的な課題に取り組む、「ムーンショット型研究開発制度」という大型の国のプロジェクト…...

ツイッターのコメント(64)

ムーンショットの目標をみると、自分たちが行う作業へより深く「AI」や「ロボット」が関わってくる。
そんな中、病気や障害を抱えながら生きる人も、今以上に能力の改善が望めるかもしれない。
人が体や空間、それに時間の制約から解放された社会を作る壮大な計画をついて、今後注目していきたい。
記事とは関係ないけど「ムーンショット」ってかっこいい言葉だな。ナノユニバースみたいなセレクトショップを立ち上げるならブランド名に使いたい。
よく飲み込めない。/
医学のことは分かりませんが、多臓器不全という言葉があると通り、臓器はなんらかのネットワークを介しているのであれば、これを科学するのは意義があると思います。臓器メタボロミクスもきっと重要な役割を担うはずです。
「5年間で総額1000億円」費やす価値がある??
少なくともバイオに限って言えばここから実用化される治療法は出てこないと思います。ムーンショットは狙って射てるものではなく、基礎研究に広く浅く張った中からしか出てきません。
「体内の臓器のネットワークを解明するなどして、極めて早期に病気の予測や予防ができる社会を実現すること」NHK人体2観た?
ムーンショットでも何でもなくGoogle や IBM といった一企業が取り組んでいるテーマを日本の企業体力では相手に出来ないだけじゃん。

経済や産業などを飛躍的に発展させる量子コンピューターを実現すること
さぁ、徳島大学発スタートアップ「グリラス」の出番かな。
>5年間で総額1000億円を拠出する大型のプロジェクト

アポロ計画をマネるには予算が少なすぎる。
だいたい宇宙関連が一つもないじゃん。

> NHK
【1000億円】


▽時間の制約から解放された社会

▽早期病気予測

▽共生ロボット

▽持続可能な資源の循環

▽昆虫などの機能を活用して持続的な食料供給産業を創出

▽量子コンピューター
「地球温暖化と環境汚染の問題の解決を目指し、持続可能な資源の循環を実現すること」なるほど、マントルまで穴を掘ればいいんでやすね⁉️とびきりデカい穴を‼️そこに一切合切埋めちまえば。
ムーンショット型研究開発の6つの目標きまりましたね。
ロボット系、診断系、食糧問題など30年後どうなるのだろうか。
うむー。この1000億円を一人一人の基盤研究に充てたらどんなにいいことか。1年200億円だから、2万人に100万円配分できる。
あまりにも目標がありきたりすぎて逆にびっくり。
元気が出ます‼️
いちNH ファンより❗️
このようなもので競争力が高まると本気で考えているのか?目指す方向性も。最初の目標項目は特に恐ろしい。「人が体や空間、それに時間の制約から解放された」ら、いったい何が残るのだろう。
ヘルスケア入ってよかった♪
これらの結構な分は、とりあえず先行研究をまとめろ、地道に基礎研究と基礎技術を積め、今は一定の企業化できる、されてる現行技術を一般化のために補助金付けるか全額補助しろ、じゃね?
ムーンショットについて!

1/16の最新記事!

医療も変わる気しかしない。
\5年間で総額1000億円を拠出する大型のプロジェクト
内閣府ムーンショット型研究開発制度のテーマの一つとしてアバター技術が選ばれました☺️‼️/


今後日本から世界に発信してく技術となるべくANAもこのアバタームーブメントを一層盛り上げていきたいと思います‼️
5年でたったの1000億だってしょぼくない?結果が出ることありきでやるとかw
アポロ計画の名前を借りるのもおこがましいし、的外れ
政党交付金でムーンショットできるな。
国は「ムーンショット型研究開発」でアポロ計画のような挑戦的な研究をしてもらうらしいが、予算はたったの1000億円。

アポロ計画の予算は220億ドル、現在の1700億ドル(19兆円)。

どれくらいヤバいか?すき家で「1円で牛丼作ってくれ、ほらもう1円出すぞ」って言うレベル。
なんというか、項目が普通過ぎるな。
ここまで総花的にするのなら、もういっそのことムーンショットの目的は「森羅万象をいい感じにする」でいいんじゃないかな。
ムーンショット型研究開発のコンセプトからすると、これでも目標が固すぎるような印象。ある程度の指針は必要なのだとは思うけれども...:
最終提案がふつうというか現状追認になりすぎて、喜ぶべきか悲しむべきか困惑している。|
負けが混んでる時に一発当てようってことがうまく行った試しあるか?
記事内の文言だと、どことなく曖昧で、そこまで成果が出なくても失敗と言わずに済ませられるような書き方に見えるけどどうなのだろう
5.微生物や昆虫などの機能を活用して、持続的な食料供給産業を創出すること
某機構が掲げる目標とそんな変わらない気がするのは俺が凡人だから?
カネをドブに捨てたと悪名高き、ImPACTの焼き直しでは…
3項目目雑すぎやしないか。。
日本の科学力の更なる衰退の始まり
宇宙服13セットが200億円なのに,5年で1000億。研究プロジェクトをアポロ計画と並べるべきでないと思う。/「ムーンショット型研究開発制度」は、人類を月へ運んだアメリカのアポロ計画のように、科学技術の挑戦的な課題に取り組もうと、国が5年間で総額1000億円を拠出する
お、と思いきや。思ったよりも現実的なところに落ち着いてる。
もっと「月に行く」みたいな不可能と言われる具体的な目標かと思いきや、、、。
「人間と共生するロボットを実現すること」自分的にはこれだなぁ /
5年で1000億円程度で250億ドル使ったアポロ計画にあやかるな
「ムーンショット型研究開発制度」は、人類を月へ運んだアメリカのアポロ計画のように、科学技術の挑戦的な課題に取り組もうと、国が5年間で総額1000億円を拠出する大型のプロジェクトです。
テレイグジステンスなんかクソくらえ。もっと人間らしく生きたい。
環境問題は国内の技術云々じゃなく各国のお金と環境どっち取るかの話。
選択と集中で懲りませんでしたか?そうですか。。。
"経済や産業などを飛躍的に発展させる量子コンピューター"
ずいぶん現実的で夢がないなあ。5年間で1000億円だとこれが限界か。
①身代わりのようにロボットを操作する技術と情報通信技術などを組み合わせて、人が体や空間、それに時間の制約から解放された社会を実現すること
アポロ計画って5年で1000億とかいうレベルの話ではないと思うんだけどね
▽地球温暖化と環境汚染の問題の解決を目指し、持続可能な資源の循環を実現すること、残ったか。
もちろん挑戦しますとも😄
ただ「ムーンショット」と呼べるのは、CO2を宇宙空間に放り出すとか、地球中心部に送り込んでなんらかの手段で炭素化するといった手法なのかもしれん
大戦末期からなんも変わっとらんな>
単に量子コンピュータではなくて、「経済や産業などを飛躍的に発展させる量子コンピューターを実現すること」だそうだ。なんだそれは。
ムーンショットとかいうて6項目とか(しかもバラバラ)、ムーンショットなめとるな。 →
技術立国ニッポンって時代も有りましたね…かつて。
ムーンショット6つの研究目標
1. 人を身体や空間・時間の制約から解放する
2. 超早期に病気を予測し予防する
3. 人間と共生するロボットを実現する
4. 持続可能な資源循環を実現する
5. 持続的な食料供給産業を創出する
6. 量子コンピューターを実現する
そして「ワシが育てた」
30年後に流行している技術はまた違うと思うが🤔🤔🤔🤔
「身代わりのようにロボットを操作する技術と情報通信技術などを組み合わせて、人が体や空間、それに時間の制約から解放された社会を実現すること」



いっちゃん上にテレイグがいてビビるなどした。乗るしかないこのビッグウェーブに
ムーンショットの6つの目標のひとつが「微生物や昆虫などの機能を活用して、持続的な食料供給産業を創出すること」
うわんの妄想
▽テレイグジスタンスな 社会を実現
▽ミクロの決死圏 を実現
▽ 生活 ロボットを実現
▽持続可能資源循環を実現
▽ バイオ技術利用の持続的な食料供給産業を創出
▽量子コンピューターを実現

「ムーンショット型研究開発制度」という大型国家プロジェクト…
科学技術の挑戦的な課題に取り組む、「ムーンショット型研究開発制度」という大型の国のプロジェクトの具体的な目標として、30年後までにロボットと情報通信技術を組み合わせるなどして、時間や空間の制約から開放される社会を実現するなど6つの項目がまとまりました
月にかわって、お仕置きよ!!!!
科学技術「ムーンショット型研究開発」目標の6項目まとまる (NHK) 日本の競争力を高めるため、科学技術の挑戦的な課題に取り組む、「ムーンショット型研究開発制度
以上

記事本文: 科学技術「ムーンショット型研究開発」目標の6項目まとまる | NHKニュース

いま話題の記事