TOP > 社会 > 各地で記録的な「雪が少ない冬」に 寒気の流れ込み弱く | NHKニュース

各地で記録的な「雪が少ない冬」に 寒気の流れ込み弱く | NHKニュース

この冬は寒気の流れ込みが弱く、各地の降雪量は統計が残る昭和36年以降最も少なく、記録的に「雪が少ない冬」となっています。...

ツイッターのコメント(17)

神鍋も雪ないんか… /
気候変動には断固として触れない、という強い意志を感じる。
>新潟県では県内16の観測点のうち、1センチ以上の積雪があるのはわずか2地点。この冬は上空の偏西風が日本付近で平年よりも北を流れているため寒気が南下しにくく、雪が少ないということで、向こう1か月もこれまで同様、降雪量は少ない見込み
今年は石川県どころか他の地域でも雪が劇的に少ないらしいな。
町中で降らないのは個人的にありがたいが、スキー場がある箇所だけでも降ってもらった方がいいな…。

#今年の雪の少なさ
✅この冬は寒気の流れ込みが弱く、各地の降雪量は統計が残る昭和36年以降最も少なく、記録的に「雪が少ない冬」となっています。

✅兵庫県内 多くのスキー場でオープン見通し立たず

⬇️
スキー場が苦境に立たされているのはお気の毒ですが、こういうのこそ保険を掛けておくべきじゃないの?とは思います。>
福井県も全く雪見ないんだよね。
積もるどころか「見てない」だから。
スタッドレスタイヤ意味がない状態。
「今年は記録的に雪が少ない」とは言ってるけど
色々鑑みるにこれが今後常態化するのは間違いなさそう
2030年辺りにはソメイヨシノも(ちゃんと寒さを感じられないせいで)まともに咲かなくなるという話もあるし
この冬は寒気の流れ込みが弱く、各地の降雪量は統計が残る昭和36年以降最も少なく、記録的に「雪が少ない冬」となっています。
ヤバイね。地球。
これは、ちょっと異常ですね。。。
鬼畜帝のところも毎日はれてるのでござる?
北風ぴーぷー吹いて寒い日も少ない気がする
道路は走りやすくて快適ですけど。スキー場は困ります
各地で記録的な「雪が少ない冬」に! 日本海側の今月上旬の降雪量は、平年と比べて過去最少を記録している。各地で多くのスキー場や冬のイベント会場で影響が出ている。今年の雪はもう積もらないのだろうか?
“各地の積雪は、札幌市で10センチと平年の20%、青森市で7センチと平年の13%、さらに平年なら20センチの積雪がある山形市で0センチ”
以上
 

いま話題のニュース

PR