TOP > 社会 > トリチウム “海か大気に” 福島の漁業関係者は風評再燃を懸念 | NHKニュース

トリチウム “海か大気に” 福島の漁業関係者は風評再燃を懸念 | NHKニュース

13コメント 登録日時:2019-12-23 20:25 | NHKオンラインキャッシュ

福島第一原子力発電所にたまり続けるトリチウムなどを含む水を、どう処分するのか。国の小委員会は、基準以下に薄め、「海に放出…...

ツイッターのコメント(13)

NHK(12/23): 「福島県の漁業関係者は、トリチウムを含む水が海に放出された場合、風評が再燃し、これまで続けてきた取り組みが台なしになることを心配しています。」
厳しく云わせてもらえば、「風評」を「再燃」させているのは、この *福島の漁業関係者* だよ。
「放射能ガー」って喚くバカを相手にしていても無駄なだけ。消費者はバカではない。関係者はそれを理解すべき。
【 】
放出地域は福島浜通りかい?
都内でも「小名浜」という看板を下ろした寿司屋があるように、店頭でも「小名浜」や「福島」の魚の産地を明記すれば売れない。銚子や青森など水揚げ地を変えるか、産地を明記せずに流通させるか、加工品に回すか、しかしないと売れない。海洋放出すれば完全に止まる可能性も。
風評被害の問題は科学ではなく、理解できない人、理解したくない人たちの気分の問題。だから全く科学的ではないけど、解決方法としては、(続

福島第一原子力発電所にたまり続けるトリチウムなどを含む水を、どう処分するのか。国の小委員会は、基準以下に薄め、「海に放出…
ええっと…いきなり二択になっていて二択のどちらも“放出”なんて話になりませんけど?長期保管する案はどこ行った?
主に福島県に対する事実無根の風評被害を消せない責任は政府とメディアにある。国内外に向けて大々的に安全性を伝える。デマを打ち消す(場合によっては処罰する)取り組みが足りていない。
>>>
風評被害を拡散してるのは自分たちだって気付いて
( *´艸`) このニュースみたとき思わずテレビの漁師さんに向かって説教してしまった。
地元が反対する理由は安全性ではなくて『風評の再燃』なんだよね
NHK:   現在、福島県沖の魚介類で出荷が制限されているのは、コモンカスベのみになっています。
10月にはシロメバルが自主基準をわずかに超えましたが直ちに出荷を自粛し、安全性の確保を図っています。
バカがバカな意見で大騒ぎしてるのを、バカな関係者がバカみたいに聞いてバカな議論をするから、バカな方向に進んでいく。
もうバカしかいない。
科学を無視して「不安」とやらに寄り添うのはバカのやること。
こんなもん、煽りたい奴は一滴でも外部に出したら、騒ぐんだよ。科学的な裏付けがあろうと。
以上

記事本文: トリチウム “海か大気に” 福島の漁業関係者は風評再燃を懸念 | NHKニュース

いま話題の記事