TOP > 社会 > 高校生の自殺未遂 “教諭が行き過ぎた指導” 調査委 神戸 | NHKニュース

高校生の自殺未遂 “教諭が行き過ぎた指導” 調査委 神戸 | NHKニュース

おととし神戸市の高校の校舎から転落し大けがをした男子生徒について、市の調査委員会は、2日連続で合わせて16時間にも及ぶ指…...

ツイッターのコメント(12)

おととし神戸市立六甲アイランド高校の校舎から転落し大けがをした男子生徒について、市の調査委員会は、2日連続で合わせて16時間にも及ぶ指導
>別室で指導を受けていて、2日連続で合わせて16時間にも及んでいた
>退学処分をほのめかす発言が繰り返され、弁明を許さず、うそつきだと決めつける発言もあった

刑務所以下の高校
一昨年神戸市の高校の校舎から転落し大けがをした男子生徒について、市の調査委員会は、2日連続で合わせて16時間にも及ぶ指導を受けるなど行き過ぎた指導で追い込まれ、自殺を図ったとする報告書をまとめた
@nhk_news この言葉遣い、到底承服できません。

「行き過ぎた」
 -----方向性としては間違ってない

「指導」
 -----対象生徒の欠落点をただす

言い繕いにも程がある。

恫喝や罵倒は「指導」とはベクトルが真逆。
虐待親の使う「しつけ」と同類の、言葉の冒瀆です。
何故、当該教諭を公表しない。これは、殺人未遂と同じじゃないのか! 神戸市高校男子生徒、2日連続で合わせて16時間にも及ぶ指導の末の投身自殺未遂
この記事に激しい憤りを感じる。
人権後進国日本。
加害者側の教諭はどのような処分を受けたのか?再び教壇に立つことがあるのか?
こいつぁ、ひでぇな...!
生徒は当然転校したとして、教諭の処分はどうしたのかと
日本の教育どうなっているのだうか❓
将来を担う子供達が簡単に死を選ぶ教育
未来に希望を持てない教育
教育制度を根本から変えねば
おととし神戸市の高校の校舎から転落し大けがをした男子生徒について、市の調査委員会は、2日連続で合わせて16時間にも及ぶ指導を受けるなど行き過ぎた指導で追い込まれ、自殺を図ったとする報告書をまとめました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR