TOP > 社会 > 黒人少女が米屈指のバレエ団で主人公に “快挙”大きな反響 | NHKニュース

黒人少女が米屈指のバレエ団で主人公に “快挙”大きな反響 | NHKニュース

18コメント 2019-12-04 10:09  NHKオンライン

アメリカ・ニューヨークに拠点を置くバレエ団が、1954年以来、毎年公演を続けている「くるみ割り人形」の主人公に、初めて黒…

ツイッターのコメント(18)

黒人少女が “快挙” 米屈指のバレエ団で主人公に (NHK NEWS) - LINEアカウントメディア
📄 💬 フィギュアも少ないんだよね
「センターステージ」ってバレエ映画がよかった。長野五輪の金メダル男子スケート選手九―リックがでているやつ。
よかった。キャラクターがぴったりなら採用すべきだな。客は人種を見にくるんじゃなくていい舞台に金を払うんだから。
くるみ割り人形のクララ役かな?
>ネブレスさんは、6歳のときに、アメリカの名門バレエ団で初めてプリンシパルとなった黒人女性の公演をみて以来、自分も主人公を演じる日を夢みていた
>「黒人の少女が主人公に選ばれるのが当たり前になって、話題にもならない日が来てほしい」
アメリカ・ニューヨークに拠点を置くバレエ団が、1954年以来、毎年公演を続けている「くるみ割り人形」の主人公に、初めて黒人の少女を選び、人種の壁を乗り越えた快挙だとして、大きな反響を呼んでいます
くるみ割り人形のクララ(物語の主人公)に黒人少女が抜擢された。
通常はバレエ団付属のバレエ学校等から優秀な白人少女が選ばれる特別な役。
いつかこんなことでニュースにはならない未来への一歩。
首都直下地震では、同時多発的に火災が発生すると想定されている一方、消防車が足りないことが懸念されています。消防力が限られる中で少しでも延焼を食い止めるため、「優先して消すべき火災」を自動的に見極めるシステムの開発が最終段階を迎えています。
「黒人の少女が主人公に選ばれるのが当たり前になって、話題にもならない日が来てほしい」
“黒人の少女が主人公に選ばれるのが当たり前になって、話題にもならない日が来てほしい”
「くるみ割り人形」好きなのもあり良いニュース。才能があれば誰にでも開かれた場であって欲しいな。
“快挙”大きな反響:バレエ界はまだまだ未成熟なんだな。
アメリカ・ニューヨークに拠点を置くバレエ団が、1954年以来、毎年公演を続けている「くるみ割り人形」の主人公に、初めて黒人の少女を選び、人種の壁を乗り越えた快挙だとして、大きな反響を呼んでいます。
アメリカ・ニューヨークに拠点を置くバレエ団が、1954年以来、毎年公演を続けている「くるみ割り人形」の主人公に、初めて黒人の少女を選び、人種の壁を乗り越えた快挙だとして、大きな反響を呼んでいます。
・シティー・バレエ団
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR