TOP > 政治・経済 > 細胞を心臓表面に吹きつけ血管作る治療法開発 大阪大など | NHKニュース

細胞を心臓表面に吹きつけ血管作る治療法開発 大阪大など | NHKニュース

16コメント 登録日時:2019-11-29 18:40 | NHKオンラインキャッシュ

病気で弱った心臓の表面に新たな血管を作り出す働きのある細胞をスプレーで吹きつけて、重い心臓病の患者の機能回復を目指す治療…...

ツイッターのコメント(16)

🤔ほー!凄い発想だなぁ
癌細胞は自らの栄養補給のために血管新生で
新たに血管を作って栄養補給を行う。
何処かで関連あるのかな❓
病気で弱った心臓の表面に新たな血管を作り出す働きのある細胞をスプレーで吹きつけて、重い心臓病の患者の機能回復を目指す治療法を大阪大学などの研究グループが開発しました。
凄いな…
SFの世界のお話のようだ
なんか凄い‼️
何でもありだな
完全にガラパゴス化している
面白い。間葉系幹細胞と一緒に接着因子か。
叔母が、数十年前、心臓手術受け、後遺症とかで、頬が赤ら顔に、、、そういうことも改善されると良いな~っ・・・
医学の進歩ってすごい
大阪大など:NHK

『血管が弱っていて心筋の酸素が足りなくなっているなら、血管を増やせば良いじゃない』という発想か。
病気で弱った心臓の表面に新たな血管を作り出す働きのある細胞をスプレーで吹きつけて、重い心臓病の患者の機能回復を目指す治療法を大阪大学などが開発

一般的な治療法になることを目指し2年かけて治験を行う
内視鏡も併用した治療法が確立されると体への負担が大きく減るので期待したいですね

病気で弱った心臓の表面に新たな血管を作り出す働きのある細胞をスプレーで吹きつけて、重い心臓病の患者の機能回復を目指す治療法を大阪大学などの研究グループが開発しました
>新たな治療法の対象は、血管が詰まるなどして心臓の筋肉の細胞が失われる重症心不全の患者。新たな血管を作り出す働きのある間葉系幹細胞を特殊な医薬品に混ぜ、心臓の表面にスプレーで吹きつける。心臓の血流が失われた部分に細い血管が新たに作られ心臓の機能を改善する
スプレーで細胞を吹きつけて、心臓の機能を回復を目指します。
大阪大学などのグループが開発した新治療、一般的な治療法になることを目指して、安全性や効果を確かめる治験が行われます。
細胞プリンターの次はスプレー。医療の進化は凄い。
病気で弱った心臓の表面に新たな血管を作り出す働きのある細胞をスプレーで吹きつけて、重い心臓病の患者の機能回復を目指す治療…
以上

記事本文: 細胞を心臓表面に吹きつけ血管作る治療法開発 大阪大など | NHKニュース

いま話題の記事