TOP > 社会 > 「ナスカの地上絵」新たに143点発見 AIも活用 山形大学 | NHKニュース

「ナスカの地上絵」新たに143点発見 AIも活用 山形大学 | NHKニュース

36コメント 2019-11-16 04:47  NHKオンライン

南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」について、現地調査を続けている山形大学の研究グループが、新たに140余りの地上絵を…

ツイッターのコメント(36)

先日の鳩サブレーネタの事もあり、すぐに信じることができない‥>
この絵はオリオン座っぽい>
今度の絵はかわいい!!
今回の調査では、大手IT企業が開発したAI=人工知能を使った分析も初めて試験的に行われました
発見者に命名権があればいいのにね
このキャラのTシャツ買いたい
古代でも野球やってたんだー、ってまず思った(笑)
ナスカ絵とはいったい何なのか? 1939年から、その存在は知られているようだが、いまだにその扱い方は「オカルト文明論」から脱却していないみたいだ。
ゆるキャラ⁈
本当に絵なのか、
それとも凸凹が絵に見えたのか...

それでも結構面白い図柄があるらしい。
南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」について、現地調査を続けている山形大学の研究グループが、新たに140余りの地上絵を発見しました。研究グループによりますと、このうちの1つは世界で初めて人工知能を活用して発見したということです。(本文より)
すさまじくかわいい
南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」について、現地調査を続けている山形大学の研究グループが、新たに140余りの地上絵を発見しました。
俺が描いた
ついにペルーもゆるキャラ採用しはじめたの?
「頭に3本の飾りがあるヒトの形をした地上絵」、かわいい
かわいい
頭が昭和のテレビの人がバットを持っている様子に見えたので主に野球を扱うテレビ番組のマスコットキャラクターかなと思ったらナスカの地上絵だった
これは可愛いぞ…
なんかのキャラみたいじゃない?
ナスカちゃんとでも名付けようか。
すごいなあ。これだけ見つかっても、その目的ってまだ不明のままなのだろうか。沢山の仮説があると思うのだけれど、新たな絵が見つかるたびに真相に近づいているのか、それともさらに謎が深まっているのか、気になる。
143点…いきなり多すぎやろ。
Too many.


山形大学
NHK11/16:南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」について、現地調査を続けている山形大学の研究グループが、新たに140余りの地上絵を発見しました。研究グループによりますと、このうちの1つは世界で初めてAI=人工知能を活用して発見したということです。 →
イッチロー!スズゥキー!
すごいなあ。AIには先入観がないから、こんな発見も可能なんだろうな。
>ドローンなどで上空から撮影した画像を肉眼で調べるこれまでの手法は、時間と手間がかかることから、今回の調査では、AIを使った分析も初めて試験的に行われた。頭に3本の飾りがあるヒトの形をした地上絵の発見につながった。AIを活用し地上絵を発見できたのは、世界で初めて
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR