TOP > 社会 > ベルリンの壁崩壊から30年 メルケル首相ら出席し記念式典 | NHKニュース

ベルリンの壁崩壊から30年 メルケル首相ら出席し記念式典 | NHKニュース

40コメント 登録日時:2019-11-09 05:33 | NHKオンラインキャッシュ

東西冷戦の象徴、ドイツのベルリンの壁が崩壊して9日で30年を迎えます。首都ベルリンではメルケル首相らが出席する記念式典な…...

Twitterのコメント(40)

ベルリンの壁が壊されて、明るい未来が待っていると思ったが…闇は深そうだ。ニッポンは変わる気配すら感じられない。
ベルリンの壁が崩壊して、トラバントが「なんじゃこのヘボい車ー!w」って西側の人々の度肝を抜いた話を思い出す。YouTube大学の世界史のどっかでやってた気がした。
4年前にベルリンへ行った際には、かつての検問所は観光地になっていたな。壁があった時には、東西の市民は検閲されぬよう伝書鳩で連絡を取っていたという。
私はまだ赤ちゃんの頃だったけど、世界の潮流が変わった出来事だったと思う。今も多くでそう感じるけど。
気がつけば、壁が存在した期間より崩壊後の方が長くなってたんだねえ🤔
もう三十年ですか……
東西冷戦の象徴、ドイツのベルリンの壁が崩壊して9日で30年を迎えます。首都ベルリンではメルケル首相らが出席する記念式典などさまざまな祝賀の催しが行われます。
今日はベルリンの壁崩壊から30年です!

ドイツ🇩🇪はこの30年でとても大きな発展をしました。
| 旧東ドイツの1人当りのGDPは、統一直後の1990年には西ドイツの43%にとどまっていたのが、2018年は75%に拡大、ドイツ政府は経済の格差は縮まったと評価。しかし依然として差は残る。
そうか。もう30年か ***
ここから日本はブレーキを踏み続けている。のでは。
そうか…確か高3だったな。世界史の先生が「この瞬間にお前らに授業出来る事がどれだけ凄いことか…」と感慨深そうに話していたのを思い出した。
ベルリンの壁が崩壊したのは、私の初当選の数ヶ月前。東西冷戦終結後も、世界は噴出する新たな問題と対峙し続けている。海図なき世界情勢の中でわが国が安全に航海を続けられるよう、したたかな舵取りをしなければならない。
松田優作が死んだ直後にベルリン壁崩壊。いろいろあった月だった。
30年たった今も経済的な差は無くなってないのか。
まだ30年しか経ってないんだね
当時はまだ子供で何か凄い事が起こったらしいとしか認識してなかった
旧東ドイツ地域では57%の人が「2級市民」考えている
旧東地域の賃金は85%
旧東地域の失業率6.9%、旧西地域4.8%
大企業本社の9割が西側
 >
東西冷戦の象徴、ドイツのベルリンの壁が崩壊して9日で30年を迎えます。



壁の崩壊後、東西の経済格差は縮まったものの、今でも東ドイツだった地域の1人当たりの経済生産は西側の4分の3、賃金も85%にとどまっています。
東西の格差。数字だけじゃなくて気持ちの問題も大きいんだなぁ。
『 メルケル首相ら出席し記念式典』
今日でベルリンの壁崩壊から30年…しかしドイツの東西ではまだ依然として格差が…その格差が排他的な極右を勢いづかせ、国内の分断を招くか…
経済格差のおかげで旧東の方が排外主義の拠点になってるからね…
外資優先誘致地区にするとか…ほらブンデスリーガではRBライプツィヒみたいにさ(何
仕事ミスって世界変えちゃうんだから凄い話だよなぁ
東西冷戦の象徴、ドイツのベルリンの壁が崩壊して9日で30年を迎えます。

ドイツ再統一までの一連の流れほんと劇的でゾクゾクする
ベルリンの壁が壊されてから今日で30年になるんだ。
その頃、世界は冷戦が終わった未来への希望に満ちていたんだけど・・・
今日30年目を迎える。これを機に壁が何故できたか?を知って欲しい。
平成元年に起きたことだったのか
> 旧東独地域の57%が「2級市民」と考える
なんと、もう壁のあった時間よりなくなってからの時間の方が2年長い。
社会の中の「格差」問題は、何処も深刻な課題です。



「ベルリンの壁が崩壊してから30年がたちますが、旧東ドイツ地域の住民の多くが経済的な格差などから自分たちを「2級市民」と考える傾向がある…」

| NHK
おはようございます!
今日もいつもどおり起きましたw
そして今日はベルリンの壁崩壊から30年です。
*今朝のニュースから
東西冷戦の象徴、ドイツのベルリンの壁が崩壊して9日で30年を迎えます。首都ベルリンではメルケル首相らが出席する記念式典などさまざまな祝賀の催しが行われます。

※1989年(日本では昭和から平成に改元)が激変の年だったことが分かりますね🤭
自分が生きている間にベルリンの壁が崩壊するとは思わなかったな
>壁の崩壊後、統一を果たしたドイツでは東西の経済格差は縮まったものの、今でも東ドイツだった地域の1人当たりの経済生産は西側の4分の3、賃金も85%にとどまっている。不満を吸い上げて排他的な右派政党が躍進を続けていて、社会の分断をどのように解消していくのかが課題に
東西冷戦の象徴、ベルリンの壁が崩壊して9日で30年

壁の崩壊後、統一を果たしたドイツでは東西の経済格差は縮まったものの、今でも東ドイツだった地域の1人当たりの経済生産は西側の4分の3、賃金も85%にとどまる
もう30年経つのか~早いね。
今でも経済格差があって東側現地の人たちは二級市民と感じる人が半数とは・・・なかなかこういう差を埋めるのって簡単じゃないんだな。
尤も日本は同じ地域で・・・
ベルリンの壁は家族が分断されてしまったことをよく覚えています。壁で分断されるなんて、憤慨ですね。2級市民は憤慨ですね。階級は人に
はない
まだ三十年しか経ってないんだなぁ
以上

記事本文: ベルリンの壁崩壊から30年 メルケル首相ら出席し記念式典 | NHKニュース

関連記事