原発事故 東電旧経営陣に無罪判決「津波の予測可能性なし」 | NHKニュース

福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、東京地方裁判所は、「旧経営陣3人が巨大な津波…

ツイッターのコメント(285)

東京電力の判決
全く意味わかんない判決
三権合併何だろうな

先日の関西電力も同様ですが
みんな大好き これでも犬と言われる評判の悪い局笑

震災時に映像をいち早く流したのにさ
まぁ集金制度がおかしいんだよ
はこういう系は黙ってる
マスコミにも劣るゴミどもが物申し系には多い
東電の現場は、三陸大地震から類推して15.7mの大津波を予測していた、それを汲み取れなかった経営陣の過失は無いのですか?
福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、東京地方裁判所は、「旧経営陣3人が巨大な津波…
この裁判長を忘れないようにしよう。
永渕健一裁判長
原発は、燃料の逐次加給でエネルギーを得る動力と違って、裸の巨大エネルギーを閉込めて徐々に開放する制御技術そのものでもあり。
その制御の為には「あらゆる自然現象の想定は不可能を強いる」などというSF紛いの想定ではなく、記録に残る千年ほどの歴史は有効だった筈。
無罪で当たり前だこんなの。
放射脳もほどほどにしてくれ。

これについて『そんなのおかしい!!』とか思うようならオマエは放射脳の持ち主だから悔い改めて。
東電裁判は普通に思考すれば有罪だ
理由
1原発には絶対的な安全が要求されていた
2津波の可能性は専門家の検討結果だ、十分な根拠である
3対処はに非常用電源の高所配置など、即時低予算でいくらでもできる
4原発の停止は簡単に出来る事だ、原子力ムラの偏見で判断するな
福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判→一審無罪

民事訴訟とは注意義務違反のレベルが違うんやろなあ。民事責任のほうは認められてるんかな?
予測不可能なんだから、原発はもう止めなければならないし、再び動かすべきではなかった。
"無罪判決を言い渡した永渕健一裁判長は長崎県出身の57歳。平成2年に任官し、司法研修所の教官や福岡高等裁判所の事務局長などを経て、3年前の7月から東京地方裁判所の裁判長を務めています。"
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。
PR