TOP > 社会 > NY株式 ことし最大の下落 長期金利と短期金利が逆転 | NHKニュース

NY株式 ことし最大の下落 長期金利と短期金利が逆転 | NHKニュース

35コメント 登録日時:2019-08-15 06:01 | NHKオンラインキャッシュ

14日のニューヨーク株式市場は、長期金利と短期金利の金利差が逆転し、これが景気後退の予兆だとして、世界経済の減速懸念が一…...

Twitterのコメント(35)

世界経済の減速。こんな時に消費税を上げる国がある /
10年物国債の金利が2年物国債の金利を下回るのは、いわゆるリーマンショック前の、2007年以来12年ぶりのことで、市場では、世界経済の減速懸念が一段と強まった形です。
👈 
NYダウ 一時800ドル超値下がり 長期金利が短期金利下回る
10年物国債の金利が2年物国債の金利を下回るのは、いわゆるリーマンショック前の、2007年以来12年ぶりのことで、市場では、世界経済の減速懸念が一段と強まった形です。

与党の皆さん、消費税やりますの???
リーマン級のショックのトリガーになるには、まだ早い
世界経済減速懸念強まる 日本にも影響必至か、、
"10年物国債の金利が2年物国債の金利を下回るのは、いわゆるリーマンショック前の、2007年以来12年ぶりのことで" /
はいリーマン級!増税中止!!!!
長期金利と短期金利が逆転(NHKニュース)

「いわゆるリーマンショック前の、2007年以来12年ぶりのことで、市場では、世界経済の減速懸念が一段と強まった形」。
これを受けての、2019年8月15日の東京証券所は心配。
今年最大の下落らしい。リセッションは逆イールドから1〜2年後と言われているみたいだけど、昔に比べリセッションまでの時間は短くなり、リセッションの影響度は大きくなるのではないかと予想。
値下がり幅、値下がり率ともに最大… >
6時前にこのニュースを見て素人ながら「景気後退の予兆」とは、逆イールド自体よりはそれに対する反応としての売り注文殺到そのものではないのか、という感想を持った次第。◇
まあアメリカ株もアメリカ景気も悪くなっても回復する。日本は回復しない。バカ政治家は金があるのでさせる気もなく増税。 / (NHKニュース)
ジェットコースターからの大暴落がそろそろ起きるんじゃないかと思うと気が気でないなあ、他人事だけど、勘弁して欲しい。本当に人は過去から学習しない。目の前の欲望で身を破滅することを繰り返している生き物だw
「 長期金利と短期金利が逆転」
世界経済後退の兆しか、、
10年物国債の金利が2年物国債の金利を下回るのは、リーマンショック前の、2007年以来12年ぶり。
世界経済の減速懸念が一段と強まった形。
最近NYダウのボラティリティが大きく、不安定な動きが続きますね。
NYダウ→アメリカ債権とお金が流れたあと、リスクマネーはどこへ動いて行くのでしょうか。 / (NHKニュース)
なんだか雲行きが怪しくなってきたな…
世界大不況がまたやってくるのか?
「FRBに責任をなすりすけた」って記事に書かれる大統領もなかなかいないですね😂

資金管理できてたら、出動しようか悩むタイミングですかねー

ny株式
14日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は、前日に比べて800ドル49セント安い、2万5479ドル42セント。値下がり率は3%を超え、値下がり額とともに今年最大の下落に。
14日のニューヨーク株式市場は、長期金利と短期金利の金利差が逆転し、これが景気後退の予兆だとして、世界経済の減速懸念が一… もっとおはぎゃああでした
米国経済崩壊の始まりか、、、

トランプが好き勝手にやり過ぎた。日本も対岸の火事ではいられないな。
米国株は主要3指数揃って反落。前日比でダウが-3.05%、ナスダックが-3.02%、S&Pが-2.93%と、ともに3%前後の下落。以前より市場から注目されている2年債と10年債の逆イールドが発現したことによる反応は素直なもの。ちなみ...
景気後退局面入りか。
株、通貨ゴキブリが電車を止めなきゃええけどなあ
長期金利と短期金利が逆転。リーマン以来。好景気にも関わらずリセッション騒ぎ。

中国の狙いどおりか。

トランプによる米中貿易摩擦が原因だが、FRBが迅速かつ大幅に利下げをしなかったために株価の急落となったと責任をなすりつけた。
投資信託買ってますが、色々不安になるかもしれませんが、気にせずコツコツ積み立てが重要!!
逆にチャンスかも😁
トランプ政権は中国を多少なりとも国際社会並みの外交を望むからこそ貿易戦争を起こしていると思うけど、関税を引き上げると国内消費も減退するのか、世界的なリセッションは米政策の足かせかな。 /
トランプ大統領が仕掛ける米中貿易摩擦による先行きへの不安があるという投資家の見方がありますが、FRBが迅速かつ大幅に利下げをしなかったことが株価の急落を招いたとして、責任をなすりつけた形
“ 14日のNYSEダウ平均株価の終値は、前日に比べて800ドル49セント安い、2万5479ドル42セントでした。値下がり率は3%を超え、値下がり額とともに、ことし最大の下落となりました。”
>NY株式
2019年8月15日 5時48分 NHKニュース
*NY株式 ことし最大の下落▲800.49ドル
「債券市場に資金が集まるのは、米中摩擦に加え、この日発表されたドイツや中国の経済指標が思わしくなかったことや、香港の情勢など、さまざまな要因がある。しばらくは不安定な値動きが続くのではないか」
| NHK
14日のニューヨーク株式市場は、長期金利と短期金利の金利差が逆転し、これが景気後退の予兆だとして、世界経済の減速懸念が一…
NY株式が今年最大800ドルの下げ。資金がより低リスクの債券市場に逃避して長短金利が逆転(逆イールド)、景気後退の予兆だとして売り広がる。上げも下げも、いつも独り相撲だな。
以上

記事本文: NY株式 ことし最大の下落 長期金利と短期金利が逆転 | NHKニュース

関連記事