TOP > 社会 > WEB特集 お母さんに会えたのかい 原爆の地に立つ少年 | NHKニュース

WEB特集 お母さんに会えたのかい 原爆の地に立つ少年 | NHKニュース

84コメント 登録日時:2019-08-14 12:52 | NHKオンラインキャッシュ

原爆が投下された日、その少年は幼い子どもを背中にしょい、必死に母親を捜していました。少年はその後、お母さんに会えたのか。...

ツイッターのコメント(84)

"あの少年だと直感しましたね。あのときのままですよね。私は年取っとるけれども、私の見たこの少年はそのときのまま、写真は年を取らないから、そのままなんですよ"/
私はニュースで知りました
ローマ法皇がいらした事で
再び戦争、原爆の恐ろしさ
法改正がどんな意味を持つのかをもう一度考えてみて欲しいと願う
向日葵の未だ直立不動の兄
ローマ法王が注目したことで話題の「焼き場に立つ少年」のその後は。今も不明のまま。戦争はいけない。本当にそう思う。
こっちのWeb記事のほうがちょっとだけ詳しくなってるなあ
彼を探そうとしている人がいるというニュース
言葉がありません。
「北方領土を戦争で取り戻す」発言をした馬鹿を張り倒したい。
毎年8月15日が終わったら一年後迄忘れてしまう。
自分もだけど皆もそんな所あるでしょ。忘れないようにツイートしておくよ🍀
この少年の被曝の証拠を見つけ会った証言者や友人まで見つけたのにNHKはなぜこれを放映しなかったのか?
焼き場の立つ少年ひょっとして義母は見なかったかと今更に思う 公彦
>
新たな事実も出てきてるのか…。
前からニュースに表示されていた。
どうも気にななって仕方ないのでいま読んだ。
理系としてどうしても気になるので。取材画像字幕に1Gy=1Svって書いてあるけど、最低限「眼においては」という条件を書いてくれないと知らない人はわからないよ…。
細かいけどこういうところちゃんとしてよな
今日は終戦記念日です。すべての戦没者の御霊安かれと祈ります。⇨
直立不動の姿勢。今は猫背の若者がとても多い。姿勢もとても悪い。今日の地下鉄もスマホ片手に姿勢の悪い人がいっぱいいた。
昭和21年 お母さんの実家の
諫早市へ移住
あきひろ君という名前
めっちゃ泣けた、、、
胸が痛むとともに、いつか明らかになって欲しいと強く思います。
真偽を疑う声があると聞いていたが、「知ってるよ!」と言ってくれる人いたんだな。
BMTHがコジプロ来社から小島さんがリツイートした記事に辿り着きました。

写真には意外な事実が、、
そして『君は写真で平和を訴えてくれている』『立派だ、あっぱれだ』

長崎に原爆が投下された日、その少年は必死に母親を捜していました。
火垂るの墓みたいに死んだ可能性もあるからな
「焼き場に立つ少年」も被爆者だった。これを読んでみると、被爆して間もなくしてもう天に召されてしまったのではないかと推測する。
教皇さまが世界に広めた『焼き場に立つ少年』の写真。
あれは長崎で撮られた写真じゃないと批判する声があったとは。
そして、その批判を覆すため、自らの辛い記憶を掘り起こす作業を始めた人がおられたとは。。。
タイトルしか見ないで批判をするのは安易すぎですよね。「違うあの写真は焼き場で火葬の順番を…」と。
/
「『立派だ、あっぱれだ』」。2019年の終戦の日に。
少年の名前はあきひろくん

すでに原爆症の症状がある
結局見つかってないのか。。。
鼻の詰め物の話とか、写真の見え方がさらに変わる記事。
私も知ったかぶりで間違いを犯しました。

この写真について、記事の全体を読まずにNHKを非難している声が多くあがっていますが、拡散する前にまずこの記事を最後まで読んでくださいり。そして村岡さんの取り組みを、知らない人に教えてあげてください。
@lukeandcaro 朝のニュースではたしか「名前が『あきひろ』なのではないか?」ところまで迫ってたという記憶があります
WEB特集の記事はローマ法皇のことや裏焼きのことにもキチンと触れているし なぜこんなに爆発的に誤読のほうが広まってゆくのかが不思議なんですよね
下の名前までは(確実ではないにせよ)分かったのね。すごい/
これテレビでやってたんかな。
目のグレーの部分は出血したあとだと考えられるといいます

さらに写真を詳しく見ていくと、少年の鼻に詰め物のようなものがあることがわかり、鼻の出血を抑えるために入れられていた可能性があると指摘しました

| NHK
胸が痛む。。
戦争は、絶対だめ。
今日は終戦の日なんだよ。あそっか、ってくらいに薄れつつあるけどさ。でもこの写真は本当に強烈だよ。涙無には見られない。こういう状況に子供を追い込んでは絶対にいけないんだよ。それが大人の役目なんだ。
リンク先の記事に被写体の少年の顔のアップがある
表情を見て...
おぶった赤子はすでに絶命していた。焼き場に兄弟を焼いた。少年は真っ直ぐに遺体を見つめ唇を噛んで血が滲む。そしてどこかに行ってしまった。
長崎の原爆資料館を訪れた際に、この写真のことを知った。胸が痛くなる結末である。
原爆が投下された日、その少年は幼い子どもを背中にしょい、必死に母親を捜していました。少年はその後、お母さんに会えたのか。「あきひろ」という名前だったが、卒業写真にはなかったし、かなり被爆している事が判った。この子はその後に命を落としたかも。
戦争は『戦争』という顔をせずに、日常に紛れ込ませ、巧妙に国民の世論を操作する。

次世代の『戦争』の足跡は確実に大きくなっている。

僕らのこの国を、再び大量殺戮の戦場にはさせない!!
戦争は絶対ダメだよ、誰も幸せになれない。
これも母を探すとか断定してるが荼毘にふすのを待ってる写真らしいじゃん
嘘を断定してニュースにするのやめてもらえませんか
お母さんに会えたのかい。

“約1年半、少年を捜し続けてきた村岡さんに「もし少年に会えたら、どんなことばをかけたいか」聞きました。

「『君は写真で平和を訴えてくれている』『立派だ、あっぱれだ』と呼びかけたいですね」”
一昨年初めてこの写真を見たときは泣いた。
「焼き場に立つ少年」の写真は、アメリカの従軍カメラマンのジョー・オダネル氏が、原爆が投下された後の長崎で撮影し、その後、世界中で公開されました。
広く伝わっているのとは違う背景があった可能性が。
カラー化して判明した事実もあるようだ。
AIによる自動色つけの役割は1枚の写真から多くの可能性を紐解くものになりつつある。
あの少年のお話
その少年を捜し始めた一人の被爆者が長崎にいます。なぜ、つらい被爆の記憶をたどってまで少年を捜すのか。知りたくて取材を始めました⬇️
少年の身元探しや反転説。
この有名な写真の奥を探るって、興味深い内容だった。
焼き場に立つ少年に実際に出会ってきた人がいたとは。
なあ、戦いの道具って結果的に相手以上の苦しむ人を増やすんだ…それが広範囲に渡って被害を及ぼすなら尚更だ…
今日は当たり前の平和を考える日🕊
原爆が投下された日、避難先で出会ったその少年は幼い子どもを背中にしょって、必死に母親を捜していました。少年はその後、お母さんに会えたのか。戦後をどう生きたのか。その少年を捜し始めた一人の被爆者が長崎にいます。
毎年この時期になると、戦争のことについて考えざるを得ません。被曝体験を持つ人がほとんど居なくなってくる今において、とても有意義な記事ですね。
トルーマン様、
あきひろ君のこと、知ってますか?
皆が気になる少年。写真の裏焼きに気付いた方、母親を探す彼と遭遇していた方、写真をカラー化したNHK。様々な事が分かりつつある。

写真のカラー化で当時の少年の身に起こっていた異変も推測出来るという凄さ。
映像解析の結果、白目に内出血、鼻腔内の詰め物が分かり、鼻血を出していたのではないか、被爆によって出血が起こっていた可能性があるとのこと
写真を詳しく見ていくと、一定量の放射線を浴びたことで骨髄が傷つき、体中が出血しやすくなっていたことを示す目と鼻からの出血後。少年がなんらかの形で被爆した可能性が浮かび上がってきました。
写真の持つ力、記録性。真実の記録に現代の技術でこの子の肉体的状況までも推し量れる技術。殺戮兵器では無く平和に役立てる利用法を考えるべき。会えたのかな・・・・
米軍カメラマン撮影「焼き場に立つ少年」

「男性によると、少年の名前は「あきひろ」くん。戦後、母親の実家がある長崎県諌早市に移り住んだ可能性があるとのことでした」
今からでもSNSのちからで見つかれ!
毎年目にする写真
この子はどうなったのだろう
この写真はほんとうに、、、
胸がつまる。こういうこともいつか語られなくなるのかな。/
トランプさんに突きつけたい写真だ。
戦時中のお話には辛いものもあるから、基本的には苦手なのですがこれは、イイオハナシダナー(;ω;)
“写真の背景が被爆地としては不自然だという指摘から、「爆心地で撮影されたものではないのではないか」、さらには「長崎とは別の場所で撮影されたものなのではないか」と指摘する声もあがりはじめていたのです。” / “ |…”
「一歳くらいの子どもをおぶった少年がやってきたんですね。『何ばしよっとね』と聞いたら、『かあちゃんば、さがしよると。かあちゃんばおらんとさ』という…」「私は小学校で一緒に遊んだことあるよ、会って会話もしたよ」
この子がどうなったのか、私も知りたかった。
カラーの写真は初めて見ました。
そこから新たにわかったこともあるんですね。。。
〈目のグレーの部分は出血したあとだと考えられる〉〈少年の鼻に詰め物のようなものがあることがわかり、鼻の出血を抑えるために入れられていた可能性がある〉
もういいよNHK。毎年折りに触れこの写真は見てきたし、これからも毎年見せるつもりか?写っている人の辛さも考えろよ。70年以上経って我々にどこまで戦争を引きずれと言いたい?NHK!😡
この写真は知ってるけど「ねつ造と主張する勢力がいる」「実際にこの子の目撃者が長崎にいる」「写真が裏焼きか」「被爆量の推計」「でも結局、この子のその後は不明」なのか
「焼き場に立つ少年」その後
#反日プロパガンダ
#偏向報道
#韓国擁護
NHK関係者が内部告発「在日韓国人の皆様はNHK受信料を全員免除」
少年が子供をしょって焼き場に立った日から74年が過ぎた
「もし少年に会えたら?」の問いに、行方を探し続けた村岡さんは
「『君は写真で平和を訴えてくれている』『立派だ、あっぱれだ』と呼びかけたいですね」
戦争の記憶を風化させてはいけないと改めて感じます。
あの写真一枚にここまで出来るのか・・・
令和になっても、決して忘れてはいけない過去がたくさんある。
「焼き場に立つ少年」の写真は裏焼きされて左右反転している可能性が高い。
デジタル技術で当時の色彩に近づけてみると、少年の瞳の横のグレーの部分、これは出血したあと。さらに鼻からの出血。放射線を浴びたことで骨髄が傷ついたことを示すことになりうる
「あの少年だと直感しましたね。あのときのままですよね。私は年取っとるけれども、私の見たこの少年はそのときのまま、写真は年を取らないから、そのままなんですよ。それで瞬間的に思ったんですね」
記事の終盤に判明したこの子の出血状態から被曝したと医師が結論付けたのを読んでから、この子のその後がどうなったのか悪い方向にしか想像できない

原爆が投下された日、必死に母親を捜していた少年はその後、お母さんに会えたのか。
あの写真でここまでわかるんだ…
以上

記事本文: WEB特集 お母さんに会えたのかい 原爆の地に立つ少年 | NHKニュース

関連記事