TOP > 社会 > 巡査が時速167キロで運転の疑い 書類送検 和歌山県警 | NHKニュース

巡査が時速167キロで運転の疑い 書類送検 和歌山県警 | NHKニュース

23コメント 登録日時:2019-06-26 11:07 | NHKオンラインキャッシュ

和歌山県警察本部の交通機動隊に所属していた20代の巡査が先月、和歌山市内の高速道路で制限速度を大幅に上回る時速167キロ…...

ツイッターのコメント(23)

この処分は妥当なの?
あ、ちょっとスピードでちゃったね。レベルじゃなく暴走レベルやん(´・ω・`)
県警の交機にいたのになんでオービスの場所を覚えてないかな(そういう問題や無い)
とりあえず大谷は超えたけど、チャップマンとジョーダン・ヒックスまであと2キロか
あれ?違う?
急いでたんだね。。。
主に速度超過を取締る交通機動隊の隊員が、高速道路で免停の速度超過。取締って説教する前に自戒せよ。
こち亀みたいなニュースだなw
一般人の同様な違反者って姓名がメディアに載ってたような…勘違いかな。
誰かさん爆走して捕まんなよ
お手本にならなくちゃいけないのに!
オークワならぬ、おー怖(; ̄ェ ̄)
えっ何キロ?南紀からはこんくらい出さないと、あまりにも遠いので鮮度輸送すらできない🐟県警や土木事務所は、奇襲驚速トンネル対面180kmアウトバーンを。

和歌山県警の交通機動隊の巡査が、和歌山市の阪和自動車道でオービス時速167km。
和歌山県警察本部の交通機動隊に所属していた20代の巡査が先月、和歌山市内の高速道路で制限速度を大幅に上回る時速167キロで車を運転したとして、道路交通法違反の疑いで書類送検されていた
非番とはいえ、交通機動隊の巡査がオービスに引っ掛かっちゃアカンでしょ‼️
和歌山県警察本部の交通機動隊に所属していた20代の巡査が先月、和歌山市内の高速道路で制限速度を大幅に上回る時速167キロで車を運転したとして、道路交通法違反の疑いで書類送検されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。
バレたから公表する。甘いぞ和歌山県警💢法令無視のこういう輩は警察官に不適合💢
交通機動隊やるなぁ!!
#警察の不祥事 #
・和歌山県警察本部
・交通機動隊に所属
・20代の巡査
・和歌山市内の高速道路
・制限速度を大幅に上回る時速167キロで車を運転

「減給の懲戒処分だって」
「ジョークか?」
「名前は?」
「でるわけない」
しかも交機だとよ →
警察もオービスに詳しいわけじゃないんだよと、身を呈して示すスタイル
いつでも 緊急車両
「和歌山市内の阪和自動車道で制限速度を90キロ近く上回る時速167キロで車を運転していた」:
和歌山県警察本部の交通機動隊に所属していた20代の巡査が先月、和歌山市内の高速道路で制限速度を大幅に上回る時速167キロ…
以上

記事本文: 巡査が時速167キロで運転の疑い 書類送検 和歌山県警 | NHKニュース