TOP > 社会 > 東海道新幹線「N700S」最高時速360キロで走行試験 | NHKニュース

東海道新幹線「N700S」最高時速360キロで走行試験 | NHKニュース

15コメント 2019-06-07 07:13  NHKオンライン

東海道新幹線に来年の夏から導入される新型車両で、試験的に最高時速を360キロまで引き上げる走行が行われ、その様子が報道関…

ツイッターのコメント(15)

滋賀県の米原駅から京都駅まで走行する試験が報道関係者に初めて公開されました
東海道新幹線新型車両 N 700 S デモ公開
360キロだそうが400キロだそうが直線の少ない東海道や騒音問題で出せないのだから意味ない、輸出用です
出せれば今の新大阪ー東京の2時間半が2時間くらいになるかも‼
ALFA-Xくん「ちょ、待てよ!」
>アメリカや台湾への輸出を目指し、性能をアピールすることにしています。 ←ここ最高にJR東海
東海道新幹線で営業最高速度320キロなるか
おー、コレね。乗り心地が変わらんのなら、良いね。のぞみの上の料金設定も登場するかもなー(汗)。
そうこ(か)ー / “ | NHKニュース”
東海道新幹線に来年の夏から導入される新型車両で、試験的に最高時速を360キロまで引き上げる走行が行われ、その様子が報道関係者に初めて公開されました。
横道にそれるけど、『N700S』って名前、昔の”ガラケー”の名前あったような…
報道を受けて誰しも思う、、、もうリニア新幹線はいらないじゃない。
N700S って響きが、一昔前のdocomoの携帯(第三世代)だと思ってしまったり。

東海道新幹線に来年の夏から導入される新型車両で、試験的に最高時速を360キロまで引き上げる走行が行われ、その様子が報道関…
東海道新幹線に来年の夏から導入される新型車両で、試験的に最高時速を360キロまで引き上げる走行が行われ、その様子が報道関…
在来線特急以下の3人席を残したまま走りだけで国際競争にアピール。「新しい時代を象徴する東海道新幹線の車両として高い性能を国内外に発信できた」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR