TOP > 社会 > 原発事故の集団訴訟 仙台高裁の裁判官が被災地訪れ調査 | NHKニュース

原発事故の集団訴訟 仙台高裁の裁判官が被災地訪れ調査 | NHKニュース

20コメント 2019-05-27 20:34  NHKオンライン

東京電力福島第一原発の事故をめぐり、福島県の住民などが国と東京電力に賠償を求めている全国で最大規模の集団訴訟で、2審の仙…

ツイッターのコメント(20)

今年の5月27日記事だよ。中立的なら防護服着るなって?本来これが当たり前なんだろうと思うが。批判してる人たちって麻痺してるな。
【NHKニュース★2019/5/27】

「この裁判の原告の数は3600人余りと全国の集団訴訟の中で最大の規模で、2審でも争われている10件のうち、裁判官が原発事故の被災地を訪れたのは初めてです」
被災者・避難者によい判断を! 期待がもてる。 /
「画像はイメージです」()
原告の数は3600人余りと全国の集団訴訟の中で最大の規模で、2審でも争われている10件のうち、裁判官が原発事故の被災地を訪れたのは初めて
※原告団はこういう絵を取らせたかったのでしょうね。
東京電力福島第一原発の事故をめぐり、福島県の住民などが国と東京電力に賠償を求めている全国で最大規模の集団訴訟で、2審の仙… 2019.5.27

他人事でなく直接自分が関わる時は、データや情報を活用してきちんと対処するのが分かる。
しかも、立ち入ったのは裁判官である。中立的立場にある判事までが防護服コスプレだのパフォーマンスだのを行っていると思い込んでしまうほど妄執に取り憑かれている。/
裁判官も風評被害に加担か…
裁判官の調査が、今後の裁判において訴訟を起こしたひとたちに寄り添う形で活かされることを
望んでやまない
こういう方々が、日本国においては、みょうにすてきな判決をくだしているわけですか。
これ、NHKの伝え方が悪いよ。
避難指示が解除になった区域を防護服で視察したような感じだもん。
「福島県浪江町と富岡町を訪れ、事故の影響などを調査
「現在も避難指示が続き、立ち入りが厳しく制限されている富岡町の帰還困難区域では、動物によって住宅が荒らされたり、空き巣に入られたりした被害の状況を確認
写真に過剰反応してる人がたくさんいるようですが、記事をちゃんと読んで欲しいですね。富岡も浪江も帰還困難区域はまだ存在し、そこへの入域には許可が必要で、基本的に防護服が支給されます。
暑かったろうになぁ。そこ、その格好しなきゃいけないところですか?
2018年で炉心に入るでもないのに、あまりにバカにしている様で、この格好は酷いのと違う?
裁判官がつまらんパフォーマンス。/
無駄に厳しい基準の防護装備をつけて熱中症で倒れるリスクもあるんですが、まぁ、そんなことより大事なアピールをしたいのでしょうね。
東京電力福島第一原発の事故をめぐり、福島県の住民などが国と東京電力に賠償を求めている全国で最大規模の集団訴訟で、2審の仙台高等裁判所の裁判官が原告側の求めに応じて福島県浪江町と富岡町を訪れ、事故の影響などを調査しました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR