TOP > 社会 > WEB特集 夫から逃げられない…DVの影に子どもへの虐待 | NHKニュース

WEB特集 夫から逃げられない…DVの影に子どもへの虐待 | NHKニュース

23コメント 登録日時:2019-05-16 12:33 | NHKオンラインキャッシュ

女の子が虐待を受けた末に亡くなった事件に自分と子どもの姿を重ね合わせる女性たちがいます。...

Twitterのコメント(23)

#夫から逃げられない… #DVの影に #子どもへの虐待
また、DVを受けている。だから、子供の虐待に荷担する、見ない振りをする、のも「仕方ない」の論理ですか?子供の気持ちになって下さい。子供に何の罪があるのですか?馬鹿な特集は止めて下さい。
あるだろうな。こういうの。
こういう支援する方々の活動を応援したいです。また勉強しなおして私も現場にもどりたい。
こういったリスクを知りながら、結果的に(通常よりもさらに)悲惨な環境に生み出した母親も、子供の苦しみに関する加害者であるという認識が必要。子供は生まれることを頼んでいないし、生まれなければいかなるリスクも負う必要がない。
この人の取り組みすごく良い。経済的精神的に安定させるための実践をしているのすごい
DVは不治。できるだけ早く離れてほしい。
一つの事例を大げさにして"DV=夫からの暴力"という印象を与えたいのかね?
公共放送としていかがなものか??
同じ悲劇を絶対に見たくないです。
今朝の朝刊『千葉小4女児虐待死の母、傷害幇助認める』を読んでて
求刑に物凄く納得いかなかったんだけど、こうした状況は考慮されているんだろうか。
きのう、亡くなったお子さんのお母さんのさいばんも結審したようで、判決待ち
相手がどんなに優しい男だろうが、結婚するときに自分の稼ぎを手放しちゃならん【 】
「DVという名の家庭内恐怖支配」・・について語られているワケですが、これが教室という規模ではイジメと呼ばれ、国の規模ではナチズムやら「「お国」のために命を捧げない者は非国民(反日)」支配となっていく。DVとは暴力による恐怖支配。
DV夫は多くの場合、子にも してるからね… 記事に出てくるNPOの取り組みは良いなあ、全国各地に必要だ。
一発叩かれたらすぐ出ていける。
そんな自分の経済力、大切。
「家族という小さな枠組みの中でDVの加害者と被害者、そして子どもだけという状態でいると何が正しくて正しくないことなのか、また自分がどのように行動することがよいことなのかもわからなくなる」
"しかし、念願の子どもが産まれると、暴力はやむどころか子どもにも向かうようになったのです。"
逆もまたあるのにね・・・それは話題にならない>
こういう話、読んでいて涙が出てきてしまう。
私の家庭がそうだった。
結局、母は逃げることができず、私達はただただ耐え忍んだ。
弱い男性の矛先が女性に向かうのは、家庭も職場も同じなのぬ。

対応はひとつ。不要な下手にでることはしない。
子どもの前で殴る蹴る、首を絞める。泣く子どもを激しく揺さぶる。30代の女性が、ひとつ屋根の下で同時に起きていた夫によるDVと虐待について語り出しました。
子供が出来たら変わってくれる、、、お花畑だな。
増える責任に押しつぶされて、悪化するか逃避するかじゃないのかな。
以上

記事本文: WEB特集 夫から逃げられない…DVの影に子どもへの虐待 | NHKニュース

関連記事