TOP > 社会 > 高齢者のごみ出し 支援自治体は2割余にとどまる | NHKニュース

高齢者のごみ出し 支援自治体は2割余にとどまる | NHKニュース

15コメント 2019-04-11 05:13  NHKオンライン

高齢者のごみ出しの実態や支援の状況について、環境省が全国の市区町村を対象に調査した結果、半数以上の自治体が、ごみ出しが困…

ツイッターのコメント(15)

ルーズなだけのアホも存在するがな。
――高齢者のごみ出し支援を行う場合の課題に「予算の不足」「人員の不足」をあげた自治体はそれぞれ82.5%でした。環境省は限られた予算や人員のなかでの支援の方法を検討したりして、自治体向けのガイドラインをつくることにしています。

いや、予算と人員を増やそうよ
いつでもゴミを出せる場所が近所にあれば、体調のよい日に持って行ける。
東村山市では戸別収集を行っているので、問題は集合住宅の方が多い。市民団体のねこの手サービスは担い手不足。
高齢者に限らず、タンスなどの粗大ゴミを出すのはとってもタイヘンです。。
条例違反のアルミ缶拾いやってる高齢者はうちの自治会員一人いるんですけどね。膝と脳が痛いと騒ぐのに缶拾いは毎日欠かさない高齢者。通報しても動かない役所。
支援していない自治体に、支援を行う場合の課題を聞いたところ、「予算の不足」をあげた自治体と「人員の不足」をあげた自治体が、それぞれ82.5%/
あぁこういうところも問題になるのか・・・>
高齢者のゴミ出し支援。支援してない自治体のあげた課題が「予算と人員の不足」。
なのに、対応が「限られた予算や人員のなかでの支援の方法を検討」するための「モデル事業」ってなぁ…。
関わる人地獄だろ。
ふつうに金出せよ。使いたいことにはガンガン使ってるわけだし。
※8時前に待機している収集車にのってる知人は近くの独居高齢者の方の家に手伝っている。ほんとはダメらしいけど時間外だからって
小さな助け合い
“ 環境省は、今年度、複数の自治体でモデル事業を行って限られた予算や人員のなかでの支援の方法を検討したり、先進的な事例を集めたりして、自治体向けのガイドラインをつくることにしています。”
> 支援自治体は2割余にとどまる
2019年4月11日 4時41分 NHK
私の父親の場合は高齢で困難なのではなく、酔っ払いで困難。ゴミをベランダにためる。放置する。玄関に置く
ツレが動けるうちに断捨離しなきゃ!!!
さんより

高齢になると体力的、能力的にもゴミ出しが困難になってきます。
行政の早急な対策をお願いします #ゴミ出し
振り込み詐欺 高齢者への強盗 等 基本の問題は高齢者が一人で住んでいる事に問題がある。ゴミ出しができないレベルは生活そのものに関与すべきだろう。高齢者と子供の同居するように税制面 補助金等で誘導すべきだろう> |
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR