TOP > 社会 > 「人質司法は国際的に異常」脱却求め弁護士が法務省に署名提出 | NHKニュース

「人質司法は国際的に異常」脱却求め弁護士が法務省に署名提出 | NHKニュース

16コメント 2019-04-10 17:46  NHKオンライン

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の長期間にわたる勾留に対して海外から批判の声が上がったことをきっかけに、罪を認めるまで…

ツイッターのコメント(16)

・・・日弁連じゃあなくて「有志」なのね。
日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の長期間にわたる勾留に対して海外から批判の声が上がったことをきっかけに、罪を認めるまで…
「裁判所や検察だけでなく弁護士も現状から脱却して、新たな制度作りや運用を目指していくべきだ。その決意表明と受け止めてほしい」
被疑者を精神的に追い込み、罪を認めるまで勾留を続ける、いわゆる「人質司法」は国際的にも異常であり、私も改めるべきだと考えます。自白偏重の取り調べが冤罪を生み出すメカニズムともなっているからです。
写真見て今村核さんだと思って記事を読んだ。応援したい。
#人質司法 からの脱却を
求める声明、私も呼びかけ人の一人になりました。1,010人の弁護士・研究者らが署名し今日記者会見が行われました。
( ̄-  ̄ ) ンー
警察も検察もやり方が汚いのは今に始まったことじゃないしなぁ。
そもそも法律が検察に有利過ぎるんじゃない?
検察勇利のために冤罪も多く発生する。
もっと公正な立法はできないものか。
NHKでは、まるでいなかったかのような扱い。なんなんだろう。
何に忖度してるんですか?
いわゆる「人権派」弁護士。大嫌い、二枚舌で。何で国の司法制度を海外から批判があるからといって国際標準にしなければならない?立件するために必要な期間、勾留することは理に叶っている。
★海外の弁護士さん達は何故中国の法律には文句言わないの?
| NHK
日本の司法制度では、容疑を否認すると、起訴されたあとも長期間、勾留が続くことが多く、捜査当局にとって自白を得る手段になっているとして、弁護士や専門家が「人質司法」ということばで長年批判。
今村核弁護士だ>日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の長期間にわたる勾留に対して海外から批判の声が上がったことをきっかけに、罪を認めるまで…
“長期間にわたる勾留に対して海外から批判の声が上がったことをきっかけに、罪を認めるまで勾留を続けるいわゆる「人質司法」から脱却すべきだとして、有志の弁護士らが署名を集め、法務省に提出しました。” / “「人質司法は国際的に異常」脱却求め弁護士が法務省に署名提…”
日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の長期間にわたる勾留に対して海外から批判の声が上がったことをきっかけに、罪を認めるまで…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR