TOP > 社会 > 愛媛の原発避難者訴訟 国と東電に賠償命じる 松山地裁 | NHKニュース

愛媛の原発避難者訴訟 国と東電に賠償命じる 松山地裁 | NHKニュース

10コメント 登録日時:2019-03-26 14:07 | NHKオンラインキャッシュ

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、愛媛県に避難した住民20人余りが国と東京電力を訴えた裁判で、松山地方裁判所は、国の…...

Twitterのコメント(10)

賠償金額、しょぼい
アメリカなら高額の訴訟を起こして原告へ社会的制裁を与えられる可能性があるのに、日本では無理
日本の司法慣習を変えるべき時に来ているかもしれないと思う
ともあれ、原告方々、おめでとうございます
高裁判断で覆されない事を願っています👍
訴訟した者だけが賠償で、訴訟を起こさない者、自主避難しなかった者は賠償されない不公平。←
福島の原発事故で避難した人などが国と東京電力を訴えた集団訴訟の判決は8件目で、1審では千葉地裁での2件の判決を除き、いずれも国の責任が認められています
2019年3月26日 14時04分

国と東京電力を訴えた集団訴訟の判決は8件目で、1審では千葉地裁での2件の判決を除き、いずれも国の責任が認められています。
国の機関が行った地震活動の長期評価に基づき
 津波を予測し対策を行うことは十分可能だった
 として
 国と東京電力に対して合わせて2700万円余りの
 賠償を命じる判決を言い渡した
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、愛媛県に避難した住民20人余りが国と東京電力を訴えた裁判で、松山地方裁判所は、国の…
NHK: “福島第一原子力発電所の事故で、愛媛県に避難した住民20人余りが、生活の基盤を失い、精神的な苦痛を受けたなどとして国と東京電力を訴えた裁判で、松山地方裁判所は国と東京電力に賠償を命じる判決を言い渡しました”
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、愛媛県に避難した住民20人余りが、生活の基盤を失い、精神的な苦痛を受けたなどとして国と東京電力を訴えた裁判で、松山地方裁判所は国と東京電力に賠償を命じる判決を言い渡しました。
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、愛媛県に避難した住民20人余りが、生活の基盤を失い、精神的な苦痛を受けたなどとして…
以上

記事本文: 愛媛の原発避難者訴訟 国と東電に賠償命じる 松山地裁 | NHKニュース