TOP > 社会 > 小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認 | NHKニュース

小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認 | NHKニュース

119コメント 登録日時:2019-03-20 01:52 | NHKオンラインキャッシュ

日本の「はやぶさ2」が探査を続けている小惑星「リュウグウ」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構などの研究チームは、こ…...

Twitterのコメント(119)

2-1  小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認!は、このことを科学的に観測したものと理解できそうだ。∵それが、グローバルな繋がりの中でこそ個体or生命は存在し得るという、☞小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認20190320NHK
小惑星で水や有機物を探す目的は、生命誕生の仮説の1つに小惑星などの天体が地球にぶつかり、水や有機物が地球にもたらされたというものがあり、その検証につながるからです
岩が濡れてるのが見えたのかと目を凝らしちゃったww(^-^)/  水素原子が1つとれた形、つまりOHの形で岩石の中に取り込まれていると考えられています。こうした岩石が含水鉱物と呼ばれる
「はやぶさ2」から赤外線を照射
> 小惑星「リュウグウ」から「はやぶさ2」に届く赤外線によって岩石の組成を調べてきました

先日のタッチダウンによる試料は封止されて帰還後に解析か。別ソースではOH基を検出とあったな。
@077nana077 今、はやぶさ2が小惑星リュウグウを調査してるんだけど、そのリュウグウが地球のタイムカプセルなんだなー

と、しみじみ実感してこのような発言をしました

こーゆーのときめく!好き!
でっかいバルーンで小惑星ごとくるんで、中に適当な気体詰めたら結構おもしろいこと起きたりして。
"単純な構造をしたものから私たちの体をつくっているたんぱく質など複雑に結合したものもあります"
これはロマンある✨日本と言えば「はやぶさ」ぐらいになっていい👍
ぐったりんぐでビッグウェイヴに乗りそびれた…。「赤外線を照射して」はなんかの聞きそこ間違いですな。
水の起源にも興味がありますが、地球上で確認されていない新しい鉱物の発見にも興味があります。
リュウグウの親天体、俺はミネルヴァだと思うね!(SFファン)
“「リュウグウ」は、天体どうしの衝突でできた破片が再び集まって誕生したこともわかってきたということで、大もととなったのは火星と木星の間の小惑星帯にある小惑星「ポラナ」か「オイラリア」の可能性が高い” /
リュウグウの玉手箱の中にあった宝物を早速分析!
地球に持ち帰る前に現地で調べただけで実にいろんなことがわかるんですね!
昔読んだ本に、地球の生命は彗星由来だ、と書いてあってね。彗星ってのは水と有機物でできた“汚れた雪玉”だ、って。リュウグウもそんな感じなのかな?はやぶさ2の帰還が待ち遠しいね!
人類が宇宙のそこら辺にある、アリモノで作られている事にとても安堵しています。
はやぶさ2に乗って リュウグウに出かけたら 水があるのに気づいて そのままドライブ〜 /
地球ではないところにある水。
「リュウグウ」
天体どうしの衝突でできた破片が再び集まって誕生←どんだけの時間かけて集まったんだろか。
水・・・すごい
「アンドロメダ」とか「ライフ」とか思い出してオラワクワクすっぞ!
> 小惑星「リュウグウ」に水 👽
なんでわかるんだ?……というのを学び直そうとしたら、おれの場合は小学校の理科からか>"大もととなったのは火星と木星の間の小惑星帯にある小惑星「ポラナ」か「オイラリア」の可能性が高いということです" /
テンション上がりますね(ノ*°▽°)ノ(ノ*°▽°)ノ
ただの宇宙好きじゃ
日本の「はやぶさ2」が探査を続けている小惑星「リュウグウ」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構などの研究チームは、これまでの観測の結果、岩石に取り込まれた形で水が存在することを確認したと発表しました。
水の成分を含む含水鉱物は、小惑星に水が存在した証拠となります。
そしてリュウグウから持ち帰ったカプセルを開けた瞬間、もくもくとあたり一面に湯気が立ちこめ……。 /
こんにちわ。とりあえず地球以外で水が発見されると喜ぶ宇宙クラスタの民です。
はやぶさ2、早く無事に帰って来い。
クリップ>
超危険物質のDHMOを含んだ小惑星が発見されたと。。 /
由来になった小惑星が推定できてんのがスゲー
リュウグウに水があったぞー!🌊

良く見る液体の状態ではなく、岩石の中に入っている状態での発見🌟

水はどこからやってきたのか、どのように生まれたのか、私達の大部分を構成する要素の謎の解明に一歩近づく…かも…?

#宇宙 #ニュース
>このほか、「リュウグウ」は、天体どうしの衝突でできた破片が再び集まって誕生した
タッチダウン映像の石の具合からそうじゃないかと思ってたけど専門家の見立てでもそうなのか。
ゴキブリと藻を散布してどうなるか様子を見るべきだ。
JAXAの研究チームが発表/
水は、液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる形で存在しているということで、こうした岩石は含水鉱物と呼ばれ、研究チームは「リュウグウの表面には含水鉱物の形で水があることを確認した」と発表しました。
酸素があるってことだから地球外生命体の可能性あるってことか。これはロマンがあるな /
ずいぶん昔に、「液体の状態でなければ案外どこにでもある説」を聞いたことがあるので、ああやっぱり感 /
リュウグウの表面には含水鉱物の形で水があることを確認した…
"水は、液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる形で存在"
| NHK  JAXA=宇宙航空研究開発機構などの研究チームは、これまでの観測の結果、岩石に取り込まれた形で水が存在することを確認したと発表しました。

こうした成果は、アメリカの科学雑誌「サイエンス」の電子版に20日に掲載されます
(てっきりタッチダウン時にリュウグウの水しぶきが上がって~みたいなのを想像してしまった(;^_^A)
「はやぶさ」のときにしたくてもできなかったことが今のところほぼ完璧にできてて技術の進歩が目覚ましい。少なくとも水は小惑星からもたらされた可能性が出てきたな。
竜宮城は海の底😁だから水が?そんな

【小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認】
表面に赤外線を照射して岩石の組成を調査。「リュウグウの表面には含水鉱物の形で水があることを確認した」
"水は、液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる形で存在しているということで、こうした岩石は含水鉱物と呼ばれ、研究チームは「リュウグウの表面には含水鉱物の形で水があることを確認した」と発表" /
“水の分子はH2O、つまり水素原子2つと酸素原子1つからできていますが、「リュウグウ」では、化学変化で組成がかわり、水素原子が1つとれた形、つまりOHの形で岩石の中に取り込まれていると考えられている” /
こんな情報を見つけたよ
おお、すごい。-
おおー彗星や流星が地球に水やいろんな物質を持ってきた可能性説の補強になるかな?
「はやぶさ2」赤外線分光器NIRS3による小惑星「リュウグウ」の太陽光反射スペクトル中に,水和鉱物(OH-band)による2.72μmの吸収帯が検出。水(鉱物水)の存在が明らかに。未分化の水質母天体の衝撃破片から形成された組成的に均質な瓦礫天体(ラブルパイル)である。| NHK
・・じじ川柳「竜宮の石も大差なしね!」「岩石に水成分は当たり前」
「大もととなったのは火星と木星の間の小惑星帯にある小惑星「ポラナ」か「オイラリア」」「特定の波長で赤外線の吸収を示す」 /
おー!!水ありましたね!液体や氷じゃなくて含水鉱物らしいけどそれでも嬉しいニュース。

はやぶさ2がタッチダウンしたり、インパクターで人工クレーターを作る赤道付近には少なそうなのが懸念だけど、それでも1回目のタッチダウンで取ったサンプルにも入ってるかも。
朝から大きなニュース。地球に水や生命をもたらした元はこのような小惑星がかつて地球に降り注いできたため、という可能性。こりゃ小惑星リュウグウの表面サンプルを持ち帰ることができたらもっと詳しくわかる!
何人博士号が取れるかね。
素晴らしい成果! →
こっちのが詳しいっぽい。
サンプルリターンが一層楽しみになっちゃうだろこんなの!
今後が楽しみ!
地球生命、実は宇宙から?(^。^)
含水化合物を確認→
水! そんなのまで調べる機能があったのか →
含水鉱物。OH。/
こんなことまで分かるの凄くない?>「リュウグウ」は、(中略)大もととなったのは火星と木星の間の小惑星帯にある小惑星「ポラナ」か「オイラリア」の可能性が高い/
小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認| 水は、液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる形で存在しているということで、こうした岩石は含水鉱物と呼ばれ、研究チームは「リュウグウの表面には含水鉱物の形で水があることを確認した」と発表
すごい、どうやら見つかったようだ!
含水鉱物があったとのことです。
はやぶさ2⇒「小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認」NHK、2019年3月20日
リュウグウはやはり竜宮だった。
当初の見立て通りだったんですねぇ。

小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認|
OHの存在は珍しいものでなくなってきたのをどんどん実感していく
[NHK]

>水は、液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる形で存在しているということで、こうした岩石は含水鉱物と呼ばれ、研究チームは「リュウグウの表面には含水鉱物の形で水があることを確認した」と発表
水の存在って、水と同等の分子構造が岩に含まれるってことなのか
>水は、液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる形で存在しているということで、こうした岩石は含水鉱物と呼ばれ、研究チームは「リュウグウの表面には含水鉱物の形で水があることを確認した」と発表しました。
結構、色々な成果が得られそうですな。


小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認
含水鉱物だけでなく有機物もあるんだ
たくさんの貴重なデータを残してくれて嬉しい
「研究チームは"リュウグウの表面には含水鉱物の形で水があることを確認した"と発表しました」とのこと。
水が小さな惑星にもあったのか 何か宇宙への希望が開ける
二代目は サンプルリターン だけじゃないんだ

でも
おうちに帰るまでがお仕事だからね
リュウグウに含水鉱物が見つかった…だと!?
含水鉱物きましたわああああああ!「小惑星で水や有機物を探す目的は、生命誕生の仮説の1つに小惑星などの天体が地球にぶつかり、水や有機物が地球にもたらされたというものがあり、その検証につながるからです」。◆
いよいよ、宇宙の新しい夜明けが到来🚀
我々はどこから来たのか
我々は宇宙の中で、唯一の生命体ではないということなのか
すごいニュースだ。
含水鉱物って言うのがあるんですね、感動!
含水鉱物の存在に加えて、「これまでの調査では、「リュウグウ」の岩石には炭素を成分とした有機物も含まれるとみられて」いるらしい →
姿勢制御に噴射したガスの影響かも(; ̄ー ̄Aわしゃ 信じねぇ
リュウグウで水(の成分)が見つかったって!もちろん液体とか固体の状態ではないけれどこれは面白い大発見!生命誕生の謎を解く鍵になるかもしれない。
とうとう水が見つかったか・・・
第2の地球はきっとある・・・。
これはすごい!やはり水があったのか!チコちゃんが叱られるでやってたやつだ「はやぶさ2は何しに宇宙へ行った?」地球の生命の起源を探るため、地球は比較的太陽に近いのになぜ水が多量にあるか、だったかな。 /
ここまで解析できるとは。宇宙科学ぱないな。
>水は液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる含水鉱物の形でリュウグウの表面に在していることを確認
>天体どうしの衝突でできた破片が再び集まって誕生したこともわかり、大もととなったのは火星と木星の間の小惑星帯にある小惑星ポラナかオイラリアの可能性が高い
これは大発見!
地球の水は太陽系創成期に既に存在していたのか?太陽からの適度な距離と重力によって液体のまま保持できた地球の奇跡。
観測の結果、岩石に取り込まれた形で水が存在することを確認したと発表

「リュウグウ」は、天体どうしの衝突でできた破片が再び集まって誕生したこともわかってきた。大もととなったのは小惑星帯にある「ポラナ」か「オイラリア」
おぉ、こっちもビッグニュースだ。
これはビッグニュース!
正確には含水鉱物ね…。
「リュウグウ」で水の存在を確認?コレはスゲーな。
>液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる形で存在しているということで、

>天体どうしの衝突でできた破片が再び集まって誕生したこともわかってきたということで、大もととなったのは火星と木星の間の小惑星帯にある小惑星「ポラナ」か「オイラリア」の可能性が高い
>水は、液体や氷の状態ではなく、岩石に取り込まれる形で存在している。こうした岩石は含水鉱物と呼ばれ・・化学変化で組成がかわり、水素原子が1つとれた形、つまりOHの形で岩石の中に取り込まれている
ワクワクしますね〜(^▽^)
おお…
含水鉱物…
ロマンがありますねー。大学時代にそんな分野の勉強していたので大分興奮してます!!
以上

記事本文: 小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認 | NHKニュース

関連記事