TOP > 社会 > 国産の中長距離巡航ミサイル開発へ 中国に対抗 防衛相 | NHKニュース

国産の中長距離巡航ミサイル開発へ 中国に対抗 防衛相 | NHKニュース

50コメント 2019-03-19 13:07  NHKオンライン

岩屋防衛大臣は、南西諸島の防衛を強化するため、新たに国産の中長距離巡航ミサイルを開発し、2030年代に退役が始まる航空自…

ツイッターのコメント(50)

2日前?
日本が国産での中朝距離ミサイルを開発するのって、近隣国だけじゃなく米国にも脅威を与える筈だが、日本には実戦経験が無いし隣国のミサイル迎撃技術の進化を搔い潜れるミサイルすら開発出来ないと判断したから、米国は日本の中朝距離ミサイル開発を許したのかね…。
防衛に於ける技術革新は日進月歩のいたちごっこだ
しかしだからと云って此方がそれを怠れば敵の優位性が増大し
防衛上の脅威が増し外交的に不利となる
軍事技術への予算配分は決して無駄では無いし
国産防衛技術の向上は同盟国への防衛依存を緩和させ国際地位の向上に資する
ニュアンスはあっても、大臣のコメントから中国に対抗の文字が拾えません。
自主防衛の強化の為のミサイル開発のはずでは。。。?
大臣の発言は、外国製の巡航ミサイル購入と、国産対艦ミサイルの射程延伸に読めるのだが、NHKの記事タイトルおかしくないか。にしても、本当に作るんだな、対艦ミサイル搭載ステルス機。
制空戦闘機シルフィードと強襲機動特装艦はよう
国産のミサイル開発って😱☀️
東アジアの国々との 関係が
益々 拗れる懸念があるんだけど。。。
昨夜の防衛省シンポジウムにて、岩屋防衛大臣のご挨拶がありましたが、中長距離巡航ミサイルの開発についても言及していました。防衛大綱のなかのスタンドオフ防衛の規定により、可能となったようです。
アホの岩屋にしては抜けてるけど、まぁ順当な受け答えしとるね。
丸腰は残念ながら隣国には通用しないってことに気付いたことは進歩!
国産は朗報なんだけど、F-2後継に搭載ならステルス巡航ミサイルになるんですかね。
ここにきて、NHK他各局も
【国産中長距離巡航ミサイル】を報道し始めた
沖縄の基地問題の答弁含め、敵にしっぽを掴ませない
岩屋大臣は、相当によくやっているというのが私の評価
保守をやめて本当に良かった
政治は結果
『 中国に対抗』
長射程の巡航ミサイルは使い道が多い。もっと早く配備して欲しい。
多分中長距離ミサイルの「開発」に意味があると思う.狙いは新INF条約交渉の枠組みに日本が入ることだと思う.米国は中国しか頭にないみたいだが,南北朝鮮の中距離ミサイルも撤廃させないと.(もちろん私見) / “ | N…”
航空自衛隊のF2戦闘機の後継戦闘機に搭載 防衛相

>>>
海自も搭載するように検討してくれないか? 対地にも使えるやつ
日本は日本人の手で守る!
(岩屋防衛大臣は) 新たな国産の巡航ミサイルについて、2030年代に退役が始まる航空自衛隊のF2戦闘機の後継戦闘機に搭載することを視野に入れて計画を進める考えを示しました。
抑止力としての兵器は必要です。
巡航ミサイルだけではなく、3~4個飛行隊を運用できる大型空母を3~4隻(稼働率を考慮)配備すべきだ。
一部保守の方々は、岩屋大臣を『ヘタレ』と揶揄しますが、ヘタレ大臣がこういう決断を出来ますか?
もう少し冷静になりましょう(*・ω・)ノ
やっとやな。
早急にお願いします。
出た!中国脅威論から戦争出来る国に!自由戦争屋主党!
馬鹿野郎が!
当然。遅すぎた。
専守防衛の国が打撃力なくしてどーすんだ。
脅威に対抗するための適切な自衛力を!
これは大きな「抑止力」になる
ASM3空対艦ミサイルの改良なのか、別に国産の中長距離の巡航ミサイルなのか。米国が巡航ミサイルのトマホークを日本に売却しないなら、国産の極超音速ミサイルを開発すべきである。大きな抑止力になる。
アメリカに対抗するためにミサイル開発してた北朝鮮に土下座して謝罪しないとな。
「俺たちも中国が怖いのでミサイル作ります!今まで脅威とか言ってすいませんでした!」
少し奥歯にものが挟まったかの如き言い方でしたね。
ハッキリと力強く発言してもらいたかったです。
…φ(.. )メモメモ 「もたず、つくらず、もちこませず」は非核三原則か…外因性の脅威対策とはいえ…解ってるつもりだけど、モヤっとする…扱う人間の精神も同様に責任をもって導いてほしいと思う…
どんどん”そっち”に向かっていますね。抑止力・防衛という理屈は分かりますが、こういうことでしか平和を保てない世界ってどうなんですかね?
私が提唱し導入を働きかけてきた長距離巡航ミサイルの開発と配備が決まりました。

敵国は日本に反撃能力が無いから攻撃しようするわけであって、長距離巡航ミサイルによる精密な反撃能力は抑止力となり、我が国の平和を守ることにつながります。
良いも悪いもイージスアショア購入するよりこう開発して技術磨いた方が。
巡航ミサイルという表現に噛みついているブロガーがいるけど、くだらないことに目くじら立てるところが相変わらず
「新たな国産の巡航ミサイルについて、2030年代に退役が始まる航空自衛隊のF2戦闘機の後継戦闘機に搭載することを視野に入れて計画を進める考えを示しました。」
"戦闘機搭載のミサイル装備の射程延伸を図っていきたい。それを巡航ミサイルと言うのであれば、その保有について研究開発を行っている"
専守防衛という大原則を逸脱しないか心配だ。
一線を超えるつもりか?本気で中国にケンカ売る気か?絶対止めないと。
“ 政府は、戦闘機に搭載できる外国製の長距離巡航ミサイルの導入を進める方針を決めていて、今後、国産のミサイルも射程の延伸を図ることにしています。”

2019年3月19日 13時01分 NHKニュース
全長5メートル以上のASM-3を大型にして燃料搭載量を増やさないといけないから機内兵装庫への搭載は無理…?
ステルスを犠牲にするのか…?
岩屋防衛大臣は、南西諸島の防衛を強化するため、新たに国産の中長距離巡航ミサイルを開発し、2030年代に退役が始まる航空自衛隊F2戦闘機の後継戦闘機に搭載することを視野に入れて計画を進める方針を明らかにしました。
| NHK - 2019/03/19 - 13:01 -
そんな無駄金、どこにあるんだ?クズ。
これが自衛のためならICBMだって持てるだろう。もう完全に狂った政権だ。野党は結束してこの政権を始末しないと、支持率が下がると竹島事件とかおッぱじめるぞ→
使う見込みも無いのに、頭がおかしいのかね…。
なんか専守防衛の原則がどんどん崩れていってるよな......
こうした当たり前のことがどんどん崩れていく
中国と張り合っても、もはや敵うわけない。やめた方がいい。
巡航ミサイル、いずも空母化。この国はどこに行きたいのか。相手を上回る軍事力を手に入れればそれでいいのか。平和を守るのは武力だけではない。残念だけどこの国の指導者たちは理解しようとしない
おっ。なんか動き出してる
ミサイル開発も
「中国を念頭に」と発言することも
怒りしか覚えない…
ま、そういうのも必要になってしまうのでしょうね。。
「新たな国産の巡航ミサイルについて、2030年代に退役が始まる航空自衛隊のF2戦闘機の後継戦闘機に搭載することを視野に入れて計画を進める」 …ASM-3改は次期戦闘機F-3に搭載予定。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR