TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 隕石を直撃した屋...

隕石を直撃した屋根ごと展示へ 名古屋市科学館が引き取り | NHKニュース

23コメント 登録日時:2019-01-15 13:53 | NHKオンラインキャッシュ

去年9月、こぶし大とみられる隕石が落ちた愛知県小牧市の住宅で、直撃を受けた屋根の補修工事が名古屋市科学館の学芸員の立ち会…...

Twitterのコメント(23)

"隕石が直撃した住宅では足場が組まれて15日、屋根の補修工事が行われ、業者が隕石があたってえぐれた箇所を中心におよそ40センチ四方を電動ノコギリで切り出していきました。" /
名古屋市科学館って変わった物収蔵してる所だけど・・・隕石衝突した屋根まで集めるとは /
屋根も展示ってのは開けた穴から構造材の状態が調べられるから一石二鳥だな、映像見ると隕石が落ちた衝撃で棟木までダメージ受けてるっぽく見えたけどどうなんだろ?
ああ羨ましい。うちにも隕石落ちてこないかな。
名古屋市科学館はこの屋根の一部を落下した隕石などとともに4月をめどに常設展示する予定
名古屋市科学館、小牧市に落下した隕石を、直撃した屋根とともに展示へ。NHKニュースより。
「隕石を直撃した屋根」 ご主人を守るために、隕石に体当たりした「地対空屋根瓦」というものがあった、という話なのか
去年9月、こぶし大とみられる隕石が落ちた愛知県小牧市の住宅で、直撃を受けた屋根の補修工事が名古屋市科学館の学芸員の立ち会いのもと行われました。科学館は、屋根の一部を引き取り、落下した隕石などとともに常設展示する予定です。
小牧隕石としての認定&登録はどうなったのかな。・・・
去年9月、こぶし大とみられる隕石が落ちた愛知県小牧市住宅、直撃を受けた屋根の補修工事が名古屋市科学館の学芸員の立ち会いのもと行われました。科学館は、屋根の一部を引き取り、落下した隕石などとともに常設展示
去年9月、こぶし大とみられる隕石が落ちた愛知県小牧市の住宅で、直撃を受けた屋根の補修工事が名古屋市科学館の学芸員の立ち会いのもと行われました。科学館は、屋根の一部を引き取り、落下した隕石などとともに常…
隕石の落ちた周辺の屋根ごと引き取りwww。まぁそりゃあそうか。このおうちにはさぞかし大勢の関係者が現場を見に来たんだろうな。(ノ≧⊿≦)ノギャー!!!!
「名古屋市科学館」  、直撃を受けた箇所は屋根のいちばん高い部分で、裏側にあった金具のプレートがひしゃげていて、この金具に隕石が当たったために貫通を免れたとみられる | NHKニュース
隕石落ちると屋根まで持って行かれるのか… 【記事】
補修費用はどうなってるんやろ?
#隕石 を直撃した屋根ごと展示へ #名古屋市科学館 が引き取り |

φ(□□ヘ)ナニナニ? 落下した隕石、#国立科学博物館 が鑑定したところ「約46億年前にできた隕石」だと分かりました。って、よくそんな事が詳細に分かるよな?(;゚Д゚)ホフェッ!?
隕石の瓦割りみたいになっている。今度名古屋に行く機会があったら見に行こう。|
去年9月、こぶし大とみられる隕石が落ちた愛知県小牧市の住宅
こんなニュースが、 去年9月、こぶし大とみられる隕石が落ちた愛知県小牧市の住宅で、直撃を受けた屋根の補修工事が名古屋市科学館
以上

記事本文: 隕石を直撃した屋根ごと展示へ 名古屋市科学館が引き取り | NHKニュース

関連記事