TOP > 社会 > NHKオンライン > ビジネス特集 中...

ビジネス特集 中国の巨人「滴滴」に潜入した | NHKニュース

54コメント 登録日時:2019-01-11 16:40 | NHKオンラインキャッシュ

今回の取材から、想像をはるかに超える中国のテクノロジーの成長が見えてきた。...

Twitterのコメント(54)

日本の遥か先を行く印象・・・
産業界では、この“ビッグデータ”と“AI”を制するものが世界を制するとまで言われる。

データはつまり消費者ニーズ、消費者ニーズが資本主義において出発点であるから、強いですよねえ〜〜〜!!どうしよう!
ここまでいくと強いなぁ。。“600人のドライバーがいる北京のタクシー会社の経営者は「滴滴と組んでから空車率が改善し、売り上げがアップした」と話した。” /
いつも思うけど、この「潜入」とか言う表現ヤバくないですか?勝手に入ったんじゃなく、許可をいただいて、会社のお許しの範囲内で取材しただけでしょ?見出しだけ取ればフェイクに近い。
このサービスはもう中国ではかなり先を行っている
このデータから雄安では無人配送サービスを考えているんだろうな……

日本では無理だと思うけど、この手のテクノロジーを使えば地方の生活や高齢者の事故を減らせると思う
しゅ、しゅごい。。。
めちゃ良くまとまってた。「交通大脳」がここまで実証実験されてるのは…すごいな。。。
昨年からかなり注目度の高かったディーディーの特集。何が起こっているかよくわかります。規模感もすごいよね
一秒間に300以上の注文が入るらしい。
日本の先を行き始める中国企業

この分野では、日本というか世界の先を行ってるんじゃないのかな。
スゴいと思うけど、「だから日本も~」みたいな文脈は的外れだと思う。そもそも規制の段階で土俵が違うし。
15分後の需要予測は85%の精度。交通の概念を変える滴滴。>
席単位でのライドシェアも目前てすごいな/
本当にすごい
あとでしっかり読む。。。
面白い記事。LINEも海外のアプリ使うのって怖いかもね。////
一種の摩擦抵抗の所為で、現実世界に相対するために“法律”という最大公約数的な“近似値”が必要だったが、情報技術の発展で摩擦抵抗がゼロに近づき、“近似値”が不要になってきたということか。現実へようこそ。 / 中国の…”
なんでNHKはこんな監視ソフトをアピールしてるの?
それにレイプ事件が頻発してるのに。
これはスゴイな!
日本でも本格的に運用されれば、いろんな問題が解消されると思う。

温暖化問題、高齢者の運転による事故減少なんかも良い影響がありそう。
s/脅威/驚異/ QT @nhk_news: たった1秒間に300以上の注文が入る脅威のアプリ。中国の「滴滴(ディーディー)」をご存知だろうか。NHKは、この滴滴の中枢の取材に成功。世界から注目される理由に迫った。詳しくはビジネス特集で!
近未来を思わせる巨大ダッシュボード(BI)、機械学習を駆使しての空車時間の低減、CEOが35歳と若い、など、素直にすげぇ…と思ってしまった。スピード感が違う。。。

ビジネス特集
日本の若者たち👨👩 此の侭 で ィィのか?⁉   👈 ネコも杓子も スマホ と 睨めっこ の 若者🗾 チャィナチョィナ と ボケ労働者 年配に為るだけ 平和ボケ しなぃで 視れば分かる 未来戦争 に 頭脳を駆使しよぅ。📶
NHKなのに、中国企業の宣伝に見えます。。
ググればわかりますが、3か月の間に2回も女性がレイプ殺人で被害にあって、実際はセキュリティーに穴だらけで現在中国女性社会で批判の嵐らしいね!!
”一般のドライバーが自分の車に乗客を乗せるしくみを「ライドシェア」と言う。日本では法律で禁じられている「白タク営業」と呼ばれ、ネガティブな印象が先行する”
日本では違法と判ってる割には
随分持ち上げてるな(ーー゛)
んー、やっぱり中国は凄い。凄すぎる。
ひっきりなしに横付けされる滴滴の車/日本では法律で禁じられている「白タク営業」と呼ばれ、ネガティブな印象が先行する。しかし、乗客たちに話を聞くと「これがないと生活できない」 / | …”
凄いっちゃ凄いんだが…
中国で中国人が使っている限りにおいてはいいんだけど、毎度車が近くに来たら電話のやりとりをするので、外国人にはハードルが高い。
“今は1台の車に1組の客を乗せているが、残っている空席を活用し、同じ方向に移動する人たちを集めて運ぶ手法だ。これが広がれば必要な車は減る。道路の交通量が半分になれば、渋滞や事故も減り、環境まで改善” / 中国の巨…”
中国の配車アプリ[滴滴]
で乗客レイプ殺人。
ソフトバンクと組んで日本進出。

滴滴のライドシェアサービス「順風車」を利用。乗車し少し経ってから、友人に「運転手が山道を通っている。周りに車がなく、少し怖い」とメッセージを送った。その後「助けて、助けて」と送信。
情報技術の中心地が米国から中国へと移りつつある。英語は苦手だが漢字は読める日本人には、大きなチャンスに違いない。
これは凄い
中共の対日宣伝工作機関のNHK。日本人よ、中共は凄いんだ報道を連発。アホか!14億人超のうち、まともに読み書き出来るのは5億足らずの国、文盲でも使える道具が無ければ経済が動かないだけだろう。日本人を騙すな!!
すごい。AI活用で仕事効率化!とかも大事だけど、あまりの日本の遅れように立ちくらみがする(ーー;)
AI&Big dateで交通体系が変わる・・・。
オープンデータとシェアへの意識と環境負荷
配車サービス「滴滴(ディーディー)」の「交通大脳」というプロジェクトは都市ごとにAIが信号や標識を自動操作して車の量をコントロールする。 >
これはまだ情報の収集・分析・発信・レベルの話で5Gになるとそこに制御が入って来る・幸か不幸か先々中国政府に制御を委ねることになるんだぞ。
見てる👀
さらに他人同士を複数組乗せるよう進化と

>空間を広げた箱型の車が出てきたり、車両にもビジネスクラスのような仕切りができたりすれば、それも可能かと思えてくる。張CTOは「自家用車を持つ人は減っていく」と言い切る。
うーむ、なるほど
ビッグデータとAI
進化のとまった日本は輸入するだけだけど、変化を見極めれば、投資ではチャンスはある
AI、ビッグデータ関連技術ですね。かかる技術は、まさにビッグな面積を支援するシステムにこそ役立ちそうですね。
この記事は面白い。
日本で言う白タクも含めた配車アプリで、タクシー🚖が捕まらない問題を解決し、都市の利便性向上。車内では支払いなし。
>「自動車は百年前にドイツ人が発明しその後アメリカ人が普及した。しかし今日では自動車と交通産業はシェア、電気自動車、スマート化の方向へ変革を遂げようとしている。この時代にイノベーションを起こし続け、人々の移動と生活に変革をもたらすのが滴滴の使命と未来図だ」
いやもう日本は(とっくに)後進国だよね。スクラップ・アンド・ビルドが得意だったはずの日本がスクラップできなくなっていつまでもレガシーな縛りに縛られてる限り中国には敵わないでしょ。 > ビジネス特集 | NHKニュース:
中国の法律が変わってもう美味しいビジネスではなくなったという話もあったけどそこには触れてないのかな?>ビジネス特集 -
日本の先を行き始める中国企業。
以上

記事本文: ビジネス特集 中国の巨人「滴滴」に潜入した | NHKニュース

関連記事