TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > スマホに負けた…...

スマホに負けた…地図の「昭文社」 希望退職を募集 | NHKニュース

739コメント 登録日時:2018-12-13 22:19 | NHKオンラインキャッシュ

地図などの出版を手がける「昭文社」は、スマートフォン向けの地図アプリが普及した影響で今年度の決算が赤字に転落する見通しに…...

Twitterのコメント(739)

| NHK

会社ではガイドブックを制作するノウハウを生かして、、業績の立て直しを図りたいとしています。
悲しい。マップルは私の必需品・・・
なにがいいって、80年代終わりに出た版は、グーグルマップとかに出てない集落の地名が出てるんです。だから歴史の本に「○○郡△△荘」って出てきたとき地名を探せる。大合併の前の郡名がわかるのが助かる。
昭文社はガイドブックに特化することになるのかしら。
「3年連続の赤字決算になる見通しで、会社では80人程度の希望退職を募集することになりました。対象となるのは45歳以上の社員で、400人余りの社員の2割に当たります」
海外になるけど、
地図見ながら、旅してた2012年。

とりあえず行きそうな街の地図をちぎって、ポッケに入れて。
何気にお財布やパスポートと同じくらい失くしてならないアイテムだった。

//
昔、すごくお世話になた「スーパーマップル」の昭文社。スマホの無料ナビアプリがありますからね〜 →
恐ろしいよな…この地図の変遷は。地図は有料で高いもの、って観念が一気に崩れたもんなー。
長年に渡りお世話になった山と高原地図!アプリが主流だがこれからもペーパーは必要。
デジタル化自体をおさぼりしていたのは違う気がする。
2000年代前半までパナソニックにカーナビ地図データを供給していたし、ポータブルナビのソフトも出してたし。
マップルでお世話になってきたんだけど💦
昭文社さん、がんばれー👊✨

#昭文社
ツーリングマップルと山と高原地図は長年にわたる愛読書なのでつらい。
……つらい。
【 | NHKニュース】
わからない人は、何を検索したら良いのか分からないので、indexを充実させた地図が必要ですね。特に、旅行用の
スマホ教への改宗機会を失ったガラケー族としては、紙媒体の衰退は不安なんですが…最近、コンビニに地図売って無かったりしますし。
マップル・・・ここまで何も手を打ってなかったのか。。。▼
氷山の一角。日本の大部分の企業はデジタル化で周回遅れだから、今後はこういう話が日常茶飯事になる。これまでは金融緩和で誤魔化せたが、いよいよ日本は構造改革に取り組まなかったツケを払う時が来てると思う。⇒
おおぅ、マジか・・・
旺文社っつったら登山地図がまず真っ先に思い浮かぶなぁ
このご時世だし紙地図は駆逐されんだろーけど、山じゃスマホ頼りはリスキー
寒いとほんとダメ
スマホと勝負してた事自体おかしいのでデジタル時代の新戦略と早く向き合うべきだ。 /
「山と高原」無くなったら本当困るので頑張って欲しい…
紙地図とスマホ地図、両方大事、ゼッタイ😇
スーパーマップル(九州版)持ってるけど悪いとは思わないけどなぁ。
中学生の時にスポーツタイプの自転車を買ってもらった。
知らない街を走るのはとても楽しかった。必ず道に迷ったけど。
女脳で地図がむちゃくちゃ苦手な僕はケータイナビの方がずっと判りやすいんだよね。
今のままであり続ける(=変化しない)為には変わり続けなければならないと改めて思う。>>
北海道、青森、仙台、東京、名古屋、大阪、兵庫、福岡のボケット地図まだ持ってるよ。KIOSKとかで慌てて買ってたなぁ。
確かに今はスマホ時代、随時更新される情報に勝つには難しいでしょうね。
ゥ──σ(・´ω・`;)──ン なんとも言えない:
「スマートフォン向けの地図アプリが普及した影響」ってほんとか?

マップルは確かに使わなくなったけど「山と高原地図」は常時お世話になってる
地図好きだし面白いものがあればチェックするんだけどなぁ
地図はあって当たり前のように思えるが他国の企業が詳細なデータを保有してるというのは大丈夫なんだろうか。軍事とか経済上も。。
ついにか〜
もう高齢者でも紙の地図なんて持ってなくて、優しそうな若者に声かけて調べてもらってるくらいだしな〜
二十歳のときよりおばあちゃんに声かけられること多くなったしな〜
45歳早期退職アーリーリタイアや!!!
カーナビのパイオニアも海外に売却されたりしてるけど、スマホが異業種さえも食いまくってる状況で次はどの業界が狙われるのか。
僕はツーリング計画を立てる時、まず本のツーリングマップル(昭文社)を見て大体の行き先とルートを検討するけどな…走ってる途中はスマホで位置を確認するけど。
ガイドマップの売り上げ減少をカバーできる
デジタル地図のビジネスモデルを構築できなかったからで
スマホに負けたではないと思うぞ
今のゼンリンの『紙の住宅地図』売上金額分析すればわかる
いまだに、紙の地図が一番良いと思っている。
紙の地図は、用がなくても見ていられるけど、デジタルは、用があるときしか見ない。頭に地図がインプットされるのは、デジタルではなく紙。
バイクのタンクバッグに入るサイズの地図とか使ってた記憶。そういやデジタルではめっきり聞かなくなったけど、IT投資とかしなかったのかね。
スマホに負けたって外的要因で失敗を意味付けてして自らが変化しなかったのが敗因では /
昭文社にはいい加減な仕事ばかりされたから、正直、そりゃそうだろうなとしか思えない。
そもそも「スマホ」に負けたんじゃないし、なんなら覇権をとれた可能性すらあったのでは?
ゼンリンにも後れをとって、単純に戦略を誤っただけだろという感じ。
「3年連続の赤字決算になる見通し」とのこと。
前職のクライアントなので悲しいな。度々のペー単の値下げ交渉と休刊の噂もあったし。昭文社をメインのクライアントにしてる編プロも大打撃でしょう。
昭和の遺物。今時紙の地図なんか使うヤツはガジェットが使えないバカと老害しかいない。
以前うちの親父が勤めてた会社・・・( ̄_ ̄)
時代の波平
/
違う。同業他社のゼンリンさんは紙からデジタル向けに色々出して生き残ってるんだから時代に追いつくのをサボったツケでしょ。
ツーリングマップルまとめ買いしとかなきゃ!
スマホに負けたと言うより、ペーパーレスの典型例になっただけだよな。
業績を伸ばしてる地図会社なんて、スマホに関係なく、いくらでもある
「まっぷる」2000年代でも、写真はフィルム(リバーサル)納品だったから。「変われない」は「生き残れない」ってことですよね
紙の地図は、昔は重宝してたけど、Nexus 7(2012)が出てから使わなくなった。スマホはディスプレイが小さいのでNexus 7(2013)の後継機(NFCが付いてる物)がほしいな。
電子地図ソフトは.kml形式などのテキストファイルが読めないと個人的にはダメなんだが。汗。スーパーマップルは今でもダメなのかな? 昭文社は紙の群馬県地図くらいしか使ってない。
なぜ昭文社はデジタル化の方向へ今からでも行かないのかなあ。まだ間に合うと思うし蓄積された資産もあると思うんだけどなあ。「東京23区地図」とか子供の頃から好きでよく見ていたので頑張ってほしい。
スマホっていうよりGoogle Mapに負けたんじゃないの
日々変わる地図(上の情報)は常時更新できるスマホと親和性が高いのに、紙とその延長線上のビジネスに固執しすぎた感じか
ツーリングマップルの会社か。俺は紙が好きだ #
地図は買ってないけど高速のSAで無料で貰える地図見て目的地の距離感は測ってる。普段使わないけど無くなるのも困るよな。だったら一冊買えよって言われそうだけど。
ツーリングマップル、この先どうなるんやろな(・ω・)
時代だなぁ。これを機に変わっていかないと生き残れないということ…/
昭文社の話はかつて同じ様にデジタルに移行できず超大手ながら倒産したコピーのミタの事を思い起こさせるなぁ
紙は相手の状況を選ばずに渡して使ってもらえるすばらしいメディアですよ。あと山登りには必須なので色々ジャンルに特化して生き残りを頑張っていただきたいです。バイク乗ってた頃はツーリングマップル必携だった。 / "スマホに負けた…地図…"
45歳以上か。次あるんかな?早期リタイア?/
バイクに乗ってた頃はツーリングマップルでお世話になり、いまは登山に行くときは山と高原地図を持っていってるが…。なんとも寂しいね。
ひとつの業種に絞ると厳しんだなぁ
時代の変化に対応することが必須。。
建て直し策にスマホ事業が入ってなかったりする?
ツーリングマップルはどうなるかな。
需要はあったのに、ツーリングマップルデジタル作らなかったのはもったいね。なんで縮尺も変わらん重くて分厚い本持ち歩かないとアカンのか
またスマホに負けた・・・・・
と、過去の業務に胡坐をかいてた企業の近況
基本、国土地理院のコピーじゃん。
事業がうまくいかなかった理由を、『若者のせい』で誤魔化しているが、さらに『スマホのせい』で誤魔化そうとしてるな。某チョコフレークみたいに。
IT黎明期に地図の電子化にいち早く取り組んでたか否かってところですなあ
한편 한달여전 기사를 보면 일본에서 디지털지도데이터 1위인 젠린ゼンリン은 데이터판매호조로 사상최대의 매출을 올렸다고. 이익도 전년동기 2.8배 상승한 5억엔. 세상의 변화를 극명하게 보여주는 뉴스인 듯.
はー、やっぱり便利なものが増えると仕事をなくす人も出てくるよね
マップル懐かしい
むしろ、当初の黒字予想に、実現性のある根拠があったのだろうか。
スマホにがっつり食われたよね…
地図は地図で便利だけど、利便性は桁違いすぎるしなあ。
昭文社の地図は見やすいのになあ。
我が家の車はダッシュボードの収納の中に昭文社の京都府版を入れてたからよく見てた。
道路地図は使わなくなったけど、都市地図の情報量はスマホに勝ってると思う> | NHKニュース:
営業職時代ここのポケット地図には散々世話になった、改定版が出るたびに分厚くなっていくのが頼もしかった、最後に買ったのはいつだろう。
自分、マップル愛用者です!
紙の地図見ながら「この道走ってみたいなァ~」なんて考えてますww
時代の進歩って怖い
マップル、昔は使ってたね。
自分もそろそろ新しい時代へ向かうかな。。。
スマホって言いたいだけの意味不明な見出しだな
地図は本派なので、昭文社には頑張ってほしいです。
明日は我が身。非常に厳しいわね。うまく時代の流れに乗らないと。
バイク乗ってた時は大変お世話になりました
動画見てても最近は皆スマホマウントですからねぇ・・・
スマホと紙の地図を別々に使い分けているので昭文社の地図も無くなってほしくはないんだが・・・。
現地では、さすがにGoogleマップの便利さには敵わないと思うけど、部屋のなかで紙の地図を眺めてると、いろいろ想像しながら暫くトリップできるので、紙の地図は浪漫があって好き。
にゃんと?
まっぷる 耐水性
「会社では80人程度の希望退職を募集することになりました。対象となるのは45歳以上の社員で、400人余りの社員の2割に当たります」
若い頃から地図が好きで、道路マップ、都市地図などほとんど全てが昭文社だった。
そういやここ10年、地図買ってないなあ。
明日買いに行こう!
そっち方面に活路は見いだせないのか
「写研とモリサワ」に似た構図を見た◆
スマホに負けたってか「俺たちは紙の地図だけで十分だろ、デジタル化?シラネ」ってあぐらかいてた結果だろ
フィルム作ってた会社だってなんとか会社を存続させてるんだから上層部の性能が悪かったんやろ
優良なコンテンツを持ってるのにもったいない。今からでも経営者入れ替えれば甦りそうなのに。上がボンクラだと、社員も巻き添え食らってエライ迷惑だなぁ
スマホではなくてゼンリンに負けたんだよ /
スマホナビでは現れない幅員や路面・展望などの情報、パッと見の視認性、圏外のエマージェンシー用等々、四輪でもツーリングマップル併用(愛用)してるんじゃが…
凄い時代になったもんだ
ゼンリン見習えとしか… /
( ˘ω˘)スマホでほぼ毎日ゼンリンの地図見とるわ
紙の地図がなくなることにならないといいのだが…

《地図などの出版を手がける「昭文社」は、スマートフォン向けの地図アプリが普及した影響で今年度の決算が赤字に転落する見通しになり、社員の2割に当たる80人程度の希望退職を募集することになりました》
まっぷる買うけどなー。
事業転換をおこなうチャンスを逃した感じかな。ゼンリンは...
現代のニーズに応えられなかった昭文社は所詮この時代の敗北者じゃけぇ
地図アプリの会社に行けば活躍出来ると思う。
ユピテルのカーナビ、ここのデータなんだよねー。昭文社からは安く地図データ買えるのが強みだったはずだが・・・
デジタルだけはやめないでね アルプスも無くなったので頼りはあなただけですw
昔、勢い余って全国のツーリングマップル揃えたけど、全部の巻使う前に地図の時代が終わってしまった……w
今さら?もっと前から気づかなったの?時代の変化についていかないと生き残れない業種はどれだけ早く次の一手を打つかが勝負なのに。経営がアホだとこうなる
なんかCMとかでやってるじゃない。地図を読むのは人間だけじゃない、とかなんとか。スマホに負けたというよりは、スマホに戦場が移ってゼンリンに負けた、って /
googleマップはカーナビ会社だけでなく地図会社も潰すのか…「山と高原地図」だけは生き残って欲しい
はてなブックマークのコメントで「ゼンリンは頑張ってるのにな」って言ってる人、その話詳しく教えてほしい
まっぷるの昭文社が苦境に。まあ、紙の道路地図なくても大丈夫な御時世だしな……一応車にはおいてあるんだけど。
山と高原地図はどうなるんや… --
昭文社のツーリングマップルを愛用している私も居るのに!と思ったが、去年「四国」を買った以外手元にあるのはどれも5年以上前のだった。>
時代なのかな。➡️
>地図アプリが普及した影響で今年度の決算が赤字に転落する見通しになり、社員の2割に当たる80人程度の希望退職を募集する
まっぷるヤベェんだな
たしかカーナビでユピテル製だけまっぷるだった気がする
ユピテル大丈夫っすかね
昔は出先のコンビニに寄って紙の地図帳で目的地を確認したりしたもんだ。今は地図が売ってないコンビニも多い。 /
スマホというより、同業のゼンリンに負けた感が。

地図を買ったの何年前だったかな。。。
紙の地図って、結構好きなんだけどなぁ……
もう20年ほど前だが、当時の社長と台灣に行ったのを覚えている。>
たしかに買わなくなった。観光地と山では欲しいけど。→
スーパーマップルは定期的に購入している
時代の流れとは言え、昭文社の赤字転落は少し寂しい
ゼンリンは大丈夫だろうか?
紙地図って便利だし好きなんだけど、やっぱ使いやすさや誰でもわかりやすいって意味ではスマホの地図には勝てないんだよね
私はブラック営業時代に叩き込まれたから地図読めるようになったけど、あれなければ読めなかったと思うし
紙地図読むって結構な特殊技能やと思うの
小さい時からの地図好きとしては、地図といえば昭文社だった。ポケットサイズの地図を買ってはよくながめてたなあ。でも、業態が全然違うゼンリンに負けたって意見には違和感ありあり。単なる経営の失敗でしょこれ。 / "スマホに負けた…地図…"
ゼンリンに負けたの間違いじゃないの??w
一方で、ゼンリンさんは、スマートフォン向けの地図アプリが普及したおかげで業績上がってるんじゃないのかな?(ちゃんと調べてないけど。)
「スマホに負けた」はちょっと違うような気がする。 /
"地図などの出版を手がける「昭文社」は、スマートフォン向けの地図アプリが普及した影響で今年度の決算が赤字に転落する見通しになり、社員の2割に当たる80人程度の希望退職を募集..."
時代でしょうな。
コレは辛いなぁ。地図情報は地道な調査により最新化されているわけで、今後が心配。。 /
もうゼンリンと合併しちゃった方がいいんじゃないの?
今の現役は何を使っているのかわからないけど、自分が学生の時にはツーリングマップルでお世話になったなぁ🚵‍♂️
悪意のある見出しは置いといて、ツーリングマップとか好きなんだけどなぁ。生き残れるかなぁ
スマホの地図アプリは過去の遺産使っているだけだろう、薄ぺらで表面的な様に見える。昭文社殿斬新なアイデアで是非生き残り頑張って欲しい。/
応援のために山と高原地図を最新版に買い替えるか…頑張ってほしい。 /
紙の地図にこだわった昭文社と、パソコン黎明期から地図をデジタル化してきたゼンリン。
写真フィルムにこだわったコダックと、カラー写真フィルムで培った基盤技術で新規事業を立ち上げた富士フイルム。
頑張ってほしい(*´-`)
アップル(だけじゃないけど)に負けたマップル
いいガイドブックを作っていたのに---
クルマの免許を取りたての頃は膝の上にロードマップ広げて運転してましたが、カーナビが普及してからは出番が無く、そのナビも専用機が古くなった後釜はスマホならぬ林檎屋さんの触が担うとゆー。時代やなぁ……(。-_-。)
北海道地図はボロボロになるまで愛用してた /
じゃあなんでスマホ版の地図出さなかったんだよw そりゃ傾きますわ。
若い人たちの提案に対してベテランさんたちの腰が重いのを薄々感じてはいましたが…残念なりー
本日の24時間以内で話題になってるのは下記の記事です。フェイスブックでは3400、ツイッターでは6000のエンゲージメントが出ています。地図アプリはほんとに便利ですよね。しかも無料で使えるし、ナビまでついて・・・。この流れは他の業界も影響が出てきそうですね。
: 地図などの出版を手がける「昭文社」は、スマートフォン向けの地図アプリが普及した影響で今年度の決算が赤字に転落する見通しになり、社員の2割に当たる80人程度の希望退職を募集することになりました。…
健康志向のニーズを活かしてランニングやウォーキング、サイクリングマップを作って、そのコースをgooglemapに読み込ませることができる地図とかあると便利だと思うのに。
外回りの人がいる部署には昭文社の各県地図が本棚にずらーーーっと並んでるってのが当たり前の光景だったなぁ
自分が幼少のときは車、家のどこにでもろ地図が数冊あったものだけど、いまはスマホとかで見れちゃうもんな、、、時代は進んでいくな、、、
株主優待品糞だったもんね。地図が欲しかったのにホノルルのガイドブックなんか要らねえよ
何をいまさら、だよなあw:
「ガイドブックを制作するノウハウを生かして、海外旅行をする人に向けて宿泊や観光ツアーを手配するサービスなど出版以外の事業を強化して、業績の立て直しを図りたいとしています」。5年前にそうしていればね…。
以前はお世話になりました。
もっと見る (残り約589件)

記事本文: スマホに負けた…地図の「昭文社」 希望退職を募集 | NHKニュース

関連記事