TOP > 社会 > 住宅に落下した隕石 国立科学博物館に寄付へ | NHKニュース

住宅に落下した隕石 国立科学博物館に寄付へ | NHKニュース

先月、愛知県小牧市の住宅に落下した隕石が、国立科学博物館に寄付されることが決まり、博物館は、「小牧隕石」として国際隕石学…...

ツイッターのコメント(12)

宇宙からの贈り物
プリキュアショーで「ここに隕石が落ちる確率…」って台詞があるけど、全国各地でやってるから、限りなく0に近いとも言えなくなってしまった。
小牧市に隕石落下してたんか
とりあえずはよかった。本当に一般家庭なようで、盗まれたりしたら困るしね。
寄付について、女性は「偶然、小牧の私の家に落ちましたが、人類の貴重な財産なので寄付を決めました。研究者や宇宙に興味を持つ学生などに役立ててもらえばうれしいです」と話しました。
見つかっている隕石は3破片で最大の破片は背中合わせの隣のカーポートに落下していて科博に寄付されるのは屋根のキズの家に落下した2個(1個分は粉々)の内の1つかな。・・・
売れば修理くらいできるなとか考えてた自分が恥ずかしい…
売れば結構なお金になったんじゃないのかなぁ… と、根っからの貧乏性の自分なんぞは考えてしまう
先月、愛知県小牧市の住宅に落下した隕石が、国立科学博物館に寄付されることが決まり、博物館は、「小牧隕石」として国際隕石学会への登録を進めるとともに一般公開も検討しています。
国立科学博物館は、発見場所にちなんで「小牧隕石」として国際隕石学会に登録する手続きを進めていて、鑑定を行った米田成一理化学グループ長は「貴重な資料で、寄付はありがたい。今後、何らかの形で一般公開も検討したい」
清河八郎の流星剣って現存してるんだろうか。/
以上
 

いま話題のニュース

PR