TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 約100年ぶりに...

約100年ぶりに新種のサクラ発見 紀伊半島南部 | NHKニュース

23コメント 登録日時:2018-03-13 18:25 | NHKオンラインキャッシュ

和歌山県や三重県にまたがる紀伊半島南部で、およそ100年ぶりに新種のサクラが発見され、地元の地域の名前にちなんで「クマノ…...

Twitterのコメント(23)

>地元の地域の名前にちなんで「クマノザクラ」と命名した
良い名前。
新種のサクラ クマノザクラ 発見
クマノザクラ /
「クマノザクラ」と命名|NHKニュース この地域に自生するヤマザクラなどと比べ、花が薄いピンク色を帯びていて、花序柄と呼ばれる花がつく茎の部分が短く、開花の時期も早いことなどから新種と判明
綺麗!多摩森林科学園で見れるようになるかな?100年前に新種として発見されたのがオオシマザクラだと言うのもビックリだ
とても綺麗
すごく見に行きたいな
きれい
野生の桜の新種なんかまだ本州で見つかるんだなあ。
和歌山県や三重県にまたがる紀伊半島南部で、およそ100年ぶりに新種のサクラが発見され、地元の地域の名前にちなんで「クマノザクラ」と命名したと森林総合研究所などが発表しました。
可愛いグラデーション
ヴィク様FS衣装のような
おお!探しに行こうかしら
103年ぶりに新種発見!観てみたい~🌸
和歌山奈良三重の三県境とか秘境エリアやんけ
えっすっごいかわいい
野生種で新種の桜が見つかったという話かこれは興味深い。
サクラより森林総研が懐かしいw
> 国内で野生の新種のサクラが見つかるのは、1915年「オオシマザクラ」以来、103年ぶりで、森林総合研究所では地元の地域の名前にちなんで「クマノザクラ」と命名
以上

記事本文: 約100年ぶりに新種のサクラ発見 紀伊半島南部 | NHKニュース

関連記事