TOP > 社会 > 奈良高入札不調予定価格誤設定か|NHK 奈良県のニュース

奈良高入札不調予定価格誤設定か|NHK 奈良県のニュース

県立奈良高校での仮設体育館の設置工事で、入札に応じる業者がなく完成が遅れている問題で、県教育委員会が入札の上限にあたる予定価格を誤って2割…...

ツイッターのコメント(10)

待って待って。

どんなミスやねん。
そんな重大ミスしてお咎めなしとか
あり得るん?

「業者が決まれば」って、
決まらんかったらどうなるん?
そこ、学校って分かってる?
生徒いるって分かってる?

いい加減にしてー!!
奈良県による高校の耐震化放置問題は、どんどん深刻に。人権問題です、これは。
前から指摘していた通りですね。故意に入札不調を誘導した疑いが濃厚でしょう。
炎上中の案件に油を注ぐ、よく分からない話だけど、「県教育委員会が業者に聞き取るなどして調査した結果」分かる事なのかこれは。。。
奈良県教育委員会の瑕疵
賠償責任問題に発展する可能性
ちょっとおかしい。

値段を吊り上げるための口実ではないのか?

いずれにしても、吉田教育長に能力はない。

不幸な若者やその家族が増えていくだけだ。

社会のために唯一できることは、辞任することだけだ。
積算の間違いだと?行政人としては終わり。この責任は教育長の辞任級の出来事。当初からバカ高い積算ならば意思決定も変わった。また罪ない生徒達にここまで迷惑かけた責任を明らかにすべし。保護者前にも出てこい!
大問題の記事
奈良高校の木の仮設体育館に関する設置工事の入札が2億円となる。これは同規模の体育館をリースする金額1.6億円/2年を大幅に超え、元の決裁と矛盾することになる。即ち、体育館をリースするか、現体育館の補強工事1.8億円のいずれかにしかならない。

追求すべき
単なるミスとは思えない。
ミスだとしたら、教育長は、生徒達に多大な迷惑を掛けた責任をとって、即刻辞任すべき。
辞任せずに済ますなら、利権のために故意に行った県ぐるみの組織的犯行ということ。
以上
 

いま話題のニュース

PR