南関町のメガソーラー 土砂流出問題で県が業者を17回指導|NHK 熊本県のニュース

先月の大雨で、南関町で建設中の大規模な太陽光発電所「メガソーラー」の建設現場から大量の土砂が流出した問題で、県はこれまで17回にわたり、林…

ツイッターのコメント(11)

↑こんなん全国に沢山あると思うで😰
こんだけ指導してもなおさない。損害賠償請求か、数回指導でペナルティ莫大にするか。ロックダウンで強制力発揮するなら、こっちに強制力でしょ。
「情報を自治体に提供」なんかで止まらないということ。経産省が認定の段階で止めて欲しい。
林地開発許可制度を見直して、羈束裁量行為ではなく、もっと行政側の裁量で拒否しても裁判になっても行政側が勝てるようにできないものか。できないならば、別の安全担保措置制度を作るべきでないの?と思うんですが。
ちゃんと環境への配慮や災害対策している業者もある
罰則を重くするしかないよね
メガソーラー自体は無くせないし
メガソーラーは要注意だ。業者の不手際だけじゃないと思う。
先日赤旗が下草が土砂流出に重要という記事を掲載。メガソーラーの影には下草が生えないから、土砂流出に影響あると思う。
先月の大雨で、福岡県の南関町で建設中の大規模な太陽光発電所「メガソーラー」の建設現場から大量の土砂が流出した問題で、県はこれまで17回にわたり、林地開発の中止などを業者側に指導していたことを明らかに...

NHK
環境アセス制度でギリギリと厳しく詰められんと分からんのかね。自主的に環境配慮に取り組んでほしいが。
業者を今すぐ潰せッ......!!!
土砂流出問題で県が業者を17回指導

ァ?
以上
 
PR
PR