TOP > 社会 > 子どもの被ばく線量の研究結果|NHK 福島県のニュース

子どもの被ばく線量の研究結果|NHK 福島県のニュース

13コメント 2020-06-15 21:38  NHKオンライン

原発事故を受けて避難指示が出た地域の、子どもの被ばく線量は、国連の機関が報告している推計よりも大幅に低かったとする研究結果を、専門家グルー…

ツイッターのコメント(13)

から
ひどいですね
当時、被曝による健康被害を心配するのは何ら不自然ではなかったと思いますが「健康被害が出るに決まっている」と何故か結論づけ、大きな声で脅かした方はやはり反省が必要でしょう。
山本太郎。
重要な報道。福島の子供の被ばく量は国連の機関が報告している推計よりも大幅に低かった。
まだやってるの。。。
「原発事故を受けて避難指示が出た地域の、子どもの被ばく線量は、国連の機関が報告している推計よりも大幅に低かったとする研究結果を、専門家グループが発表」
|NHK
懸念されていたようなことは起こりませんでした、めでたしめでたし、で終わらないのが不思議。:
子どもの被ばく線量の研究結果
弘前大の先生がありえない設定をどんどん積んでいって800mSvとかやってみんなをビビらせたんだよね。その後訂正したけど。忘れられんよ。みんなで作る汚染マップとかなんとかそんなNHKの番組だったよ。NHKのね。→
甲状腺検査いらないよねぇ.
原発事故を受けて避難指示が出た地域の、子どもの被ばく線量は、国連の機関が報告している推計よりも大幅に低かったとする研究結果を、専門家グループが発表しました。
日本政府と原発業界に出来るだけ都合の良い「結果」を搾りに搾りに搾り出す(どんな無理やりでも!)って「結論ありき」がバレバレにバレてるから虚しいよな
これ、5月の初めにすでに発表された研究結果だよね。
原発事故を受けて避難指示が出た地域の、子どもの被ばく線量は、国連の機関が報告している推計よりも大幅に低かったとする研究結果を、専門家グループが発表しました。(続)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR