TOP > 社会 > 避難指示解除へ双葉町を視察|NHK 福島県のニュース

避難指示解除へ双葉町を視察|NHK 福島県のニュース

21コメント 2019-04-24 10:30  NHKオンライン

来年春、町の一部で、初めてとなる避難指示の解除を目指す双葉町で、除染が終わった地区の放射線量などを検証する専門家の委員会が発足し、委員が現…

ツイッターのコメント(21)

田中俊一氏ですか…最悪ですね…
「放射線は、実質的には心配するレベルではないが」....本当か?→
●●ベクレル、▪️▪️シーベルトって出てるものが「気持ちの問題」?
「放射線は、実質的には心配するレベルではないが〜気持ちの問題と戻って生活できるかという社会インフラの問題〜どうクリアしていけるか、いいまちづくりができるよう少しでも尽力したい」
随分矛盾極まる話だと思ったら、田中俊一だった。
NHK NEWS WEB 福島
2019.4.24
累積100sv未満は健康影響なしと誤った主張を繰り返していた田中俊一が検討組織の長に就任とな。これはひどい。
《放射線は、実質的には心配するレベルではないが、住民には、気持ちの問題と戻って生活できるかという社会インフラの問題がある》と田中元規制イインチョ。いや、被ばくによる健康影響への不安は気持ちの問題じゃないです。

→ NHK
太々しい田中俊一が写ってるのに見出しに主語が無い
(NHK福島) ←双葉町は、除染が終わった地区の放射線量等を独自に検証する為、原子力分野の専門家でつくる委員会を発足、23日委員たちが現地視察。 委員長は元原子力規制委員会初代委員長で退任後飯舘村復興アドバイザーの田中俊一氏が就任とな
「除染した。」パラサイト政権のポチがいう。
「辺野古のサンゴ移設」発言と同じだろう。

どうやって除染作業しているかを報道で、私は見た事がない。
国民の命より不正五輪の利権が大事なのだ。
まだ支持するのかい?
委員長にはおととしまで国の原子力規制委員会の初代委員長を務め、退任後、飯舘村の復興アドバイザーを務めている、田中俊一氏が就任しました。
田中委員長は、「放射線は、実質的には心配するレベルではないが〜」恐ろしい!
避難指示を解除したからと言って住めると思っているのでしょうか?
本当に解除して街をつくのであれば住民より先に役所を移転すべきだその役所は国の出先機関にする事だ!それと解除したのだから援助をすぐに打ち切りというのは違うぞ!
放射能は見えない臭わないので視察しても無駄です。その前に田中復興アドバイザーや原発推進者が家族で住んで下さい。10年20年経過して大丈夫ならその後に第三者が線量計持って現地の全てを視察すればいいんです。[ ]
戦争屋とその犬政府に主権握らせ続けると日本人絶滅するで。
こういう輩が生きてる理由は何かを知る為なのだろうか❓
双葉町が、除染が終わった地区の放射線量などを独自に検証するため、原子力分野の専門家でつくる委員会を発足。委員長は…田中俊一氏?!!
東京五輪に間に合わせるなどという不当な理由であれば論外、いずれにせよ拙速な避難指示解除をするべきではない。
避難指示解除へ双葉町を視察「来年春、町の一部で、初めてとなる避難指示の解除を目指す双葉町」NHK
これまで避難指示解除した地域では住宅提供打ち切り、固定資産税、医療費などの支援が打ち切られていっています。自死者やホームレスになった人も。「避難指示解除に伴う支援打ち切りはしないでほしい」という要望はずっとあがっています。支援継続を。
田中俊一氏が就任、人選の時点で終っている


「田中委員長は、「放射線は、実質的には心配するレベルではないが、住民には、気持ちの問題と…(中略)社会インフラの問題がある。
>委員長には、おととしまで国の原子力規制委員会の初代委員長を務め、退任後、飯舘村の復興アドバイザーを務めている、田中俊一氏が就任しました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR