TOP > その他のニュース > 【スポーツ随想】崩れていく相撲界の「伝統」 横綱白鵬が正月に外国旅行とは (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

【スポーツ随想】崩れていく相撲界の「伝統」 横綱白鵬が正月に外国旅行とは (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

大相撲初場所で白鵬が4日目から、鶴竜が5日目から相次いで休場。八角理事長(元横綱北勝海)は「お客さんに申し訳ない。両横綱ともまげを振り乱して稽古して勝つ、という…...

ツイッターのコメント(15)

はぁ.....この記事ね 作家・神谷光男
まだ 大横綱に土下座しないまま年を重ねてこれか。
白鵬の年末年始の海外旅行。
白鵬は頻繁に帰国もしている。
年寄になっても続けるのか。
大事な時に師匠が帰国で不在なんて話にならないのでは。
「不眠症」で休場している最中ハワイでサーフィンしていた第52代横綱北の富士勝昭さんからコメント取ってこいや無能
ハワイで拳銃を密輸したときの話も聞いてこい
単なる外国人差別。
大鵬と柏戸は、ハワイに行ってピストルを密輸しようとしている。
白鵬の家族旅行を非難するのはおかしい。
相撲協会ってのはどうしようもねーな。分かってるなら今から行動しなよ。
北の富士、大鵬

はい論破
八角理事長(元横綱北勝海)は「お客さんに申し訳ない。両横綱ともに…」と嘆いたとの事。
客様に申し訳ないって、ホンマかいな〜〜‼️
お客様がインフルエンザに感染してもええ〜ということをして、その上お詫びもなくスルーしてる‼️
相撲界も働き方改革が必要ですね。

伝統受け継いでいくなら、変わっていかないといけないこともあるさね。
また白鵬バッシング見つけた。
正月に家族で海外旅行行くのがそんなにあかんかね?前例が〜。ってやつかね。家族を大切にしようよ。
>そんなに外国に行きたいなら、引退してからにすればいい。好きなときに、いくらでも行ける。協会も年末年始の過ごし方まで口を挟まないと、取り返しのつかないことになるかもしれない。(作家・神谷光男)
だよねえ。
相撲界ってこの記事の通りのイメージ。
「何が取り返しがつかないと言うのか、人の私生活に迄チャチャいれるな、お前にそんな権利ないわ、何が伝統やアホかコイツ‼️」
なんでもあり
俺が大横綱
未来の理事長
相撲は未来は俺様の意のまま

こんな奴を親方にもしたくない‼️
はダメダメな相撲界(協会)に産み出されたダメ横綱の象徴だな。

真逆の真摯な姿勢の はダメ協会と対峙し排除され負けた構図だが本来のあるべき姿だと改めて思う。

崩れていく相撲界の「伝統」
以上
 

いま話題のニュース

PR