TOP > その他のニュース > 中国、8年前の“コロナ死”隠蔽か 英メディアが「武漢研究所の闇」に迫る報道連発 香港「国安法」に報復準備も (1/3ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

中国、8年前の“コロナ死”隠蔽か 英メディアが「武漢研究所の闇」に迫る報道連発 香港「国安法」に報復準備も (1/3ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)や、香港への「国家安全維持法(国安法)」施行などめぐり、自由主義国と中国の緊張が高まるなか、英国メディアが「中国…

ツイッターのコメント(37)

>>香港の旧宗主国である英国は、国安法が中英共同宣言への「明白かつ重大な違反」と判断し、報復準備を進めているという。
8年前から存在してたなら8年後も無くなってない可能性もあるよね?変異して強くなったり弱くなったりはあるだろうけど。
色々出て来るな
どこまでホントかは知らんが
ここまで来ると、もう何が本当なのかわからないな。金正恩だって、もうずっと前に氏んでいるって説もある。
一つだけ言えるのは、中国も北朝鮮も、嘘をついているという事だ。それと日本政府も。
2012年にCOVID-19に類似したウイルスで3名亡くなってたけどワクチン作らなかったん?作れなかったん?武漢ウイルス研究所さん?
日本で親中派なんて増えてるの? 狭い周辺ではあるが一人もいないんだが・・・。→
(2020年7月13日掲載) -
情けないが、日本の政治家、官僚、マスコミは、中国に操られているから、英国メディアのような発信は残忍ながらできないわ‼️😬
日本のメディアは『香港国家安全維持法』の他国への危険性を全く報道しない。政府やメディアは、中国と犯人引渡条約を締結している国々を国民に周知し、国内からファーウェイを締め出し、日本国民の個人情報を守り、犯人引渡条約締結国で日本人が拘束されないようにすべきだ。
「日本では親中派が跋扈」というみもふたもないが反論できない一文→
もう、むちゃらくちゃらの中国。多くの厄災が中国から来る。
河添恵子氏
大英帝国の威信にかけて激烈な報復に期待。
/ zakzak by 日刊フジ
中国8年前の“コロナ死”隠蔽
英メディア「武漢研究所の闇」に迫る報道連発 

日本愚衆には気概も誇りもない
保守と言われる政権中枢にすらそんな輩ばかりか

最低限の知性も思考力も道徳心もなく敵国蛮族どもの非人間に気づき恐れる本能すらない
「中国が試みる英国人エリートの取り込み」
「使えるバカ」「専属エージェント」でとある政治家の顔が浮かぶ

しっかし、香港警察、丸腰の戦闘訓練を受けたわけでもない一般市民にこれは
拙記事をZAKZAKで!
河添恵子氏。
「中国共産党は、政治家、学者、その他のエリートを『使えるバカ』、もしくは『専属エージェント』にすることを目標にしている」

共産主義の伝統的な手法だろうが・・
…何でも隠蔽する中共ですが、米英の諜報機関は、年季が違います。数々の中共が知られたくない情報も握っていて、交渉材料にするでしょう。
中国雲南省の銅山廃坑で2012年春 コウモリの糞を片付ける作業をした鉱夫6人が39度以上の高熱を出し重症肺炎に。5人が呼吸困難に陥り3人が死亡。武漢研究所は12年8月から13年7月まで石正麗氏らチーム6人を雲南省に派遣し現地調査。数千以上のコウモリ糞サンプルを武漢に送った
答えは簡単。創価排除・二階の幹事長は降ろして、中国に対抗するしか無い。
これが本当なら、ハリウッド映画の
「アウトブレイク」に酷似してますね。
中国は、世界各国に謝罪と賠償をするべき。
日本もだが今さら騒いでも遅かったんだけど
二階幹事長や公明党は、日本が中国に飲み込まれることを良しとしている。彼等は完全に中国の支配下にある。
武漢病毒研究所、石正麗氏は2016年2月に発表した報告書に、「SARS(重症急性呼吸器症候群)に似たコロナウイルスの新種を『RaBtCoV/4991』と命名した」と記した。ただ、このウイルスによる「鉱夫3人の死」には触れなかった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR