TOP > その他のニュース > 【日本の選択】米国で人種差別批判が強まるなか… 現代の価値観に従って「歴史的人物の銅像」を破壊する愚挙 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

【日本の選択】米国で人種差別批判が強まるなか… 現代の価値観に従って「歴史的人物の銅像」を破壊する愚挙 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

米中西部ミネソタ州の白人警官による黒人男性ジョージ・フロイド氏の暴行死事件を契機として、米国で人種差別批判が強まっている。略奪や暴動にまで発展しているデモに注目…...

ツイッターのコメント(17)

今の価値観で、過去に活躍した人物像破壊は、歴史修正では。(-""-;)
…誰かが、中共の文化大革命のようだと書いていましたが、その通りです。完全に、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の状態に陥って、しまっています。
米国で人種差別批判が強まるなか… 
先日もPickしたが…過去の事象を現代の(リベラル)基準で断罪するアレ。恭順か死しか無いリベラリストに話をする余地はない。リベラルの法典は歴史も憲法も優越する('A`)
これはやりすぎですね。米国で人種差別批判が強まるなか…
自国の歴史や文化の象徴の破壊とか

やってることが蛮族なんですよ

まぁ、蛮族や侵略者がデモしてるんからそうなるのかもしれないけどさ
全く同感だ。世間の風潮に流され銅像撤去に付和雷同している民主党のトップであるペロシなんて愚の骨頂だ。
ZAKZAK: 現代の価値観に従って「歴史的人物の銅像」を破壊する愚挙.
エジプトの国民は奴隷を使って作ったピラミッドを壊すのかなぁ

- ZAKZAK
単純に責任転嫁なんだよな。デモもだけど、自分たちが現代で差別を実行している社会の当事者であることに耐えられないのかもね。デモの批判対象がふわっとし過ぎて、トランプ批判とか訳わからん事なってるけど、鏡を目の前に置けばいいと思う。
これって自分達の文化の否定でしょ。
臭いものに蓋をする発想なのだろうけど、その臭いは永久に消える事は無い。
"いうまでもなく現代において奴隷制を擁護するのは愚かである。しかし、その時代に生きた人々を現代の価値観で裁き、否定することは妥当なことだろうか"

うわっ、まともな主張じゃないかと思って記事を書いた方を見たら岩田先生だった😅

そりゃそうだな。
愚かしい歴史否定。日本でこのような愚かなことがなされないことを祈ります。夕刊フジの連載です。
アメリカ版文化大革命
倫理観を失った人間は単なる危険な暴徒だと言える。
物を壊す事、人を殺める事、それは新たなる憎しみ
と憎悪を生み出し愚かなる人間の証明を作る。
現在、コロンブスの銅像が全米各地で相次いで破壊されている、アメリカ大陸を「発見」した英雄ではなく、先住民を虐殺した犯罪者だったというのが理由のようですが。
岩田温氏
中共のやり方そのものだな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR