TOP > その他のニュース > 【日本を亡ぼす岩盤規制】天下り斡旋、汚職…文科省は取り潰していい! 「ハッキリ言って、日本に存在してはいけない役所」 (1/2ページ) - zakzak

【日本を亡ぼす岩盤規制】天下り斡旋、汚職…文科省は取り潰していい! 「ハッキリ言って、日本に存在してはいけない役所」 (1/2ページ) - zakzak

18コメント 登録日時:2018-12-12 08:00 | ZAKZAK(夕刊フジ)キャッシュ

★(2)私は「文科省は、日本に存在してはいけない役所だ」と思う。ハッキリ言って、なくても困らない。先進国には文科省がない国がほとんどだ。では、教育行政は誰がやる…...

ツイッターのコメント(18)

文科省を取り潰して、厚労省を二つに割って他省庁含めて再編し、国税庁と社会保険料の徴収業務を一体化して歳入庁を財務省に。最低限必要な省庁再編はこれ。

【日本を亡ぼす岩盤規制】文科省は取り潰していい!「ハッキリ言って日本に存在してはいけない役所」
小川榮太郎さんの本を読んで唖然としたものです。岩盤規制打破!
なぜ、文科省が日本に存在してはいけないかというと、この役所は「利権の温床」で、トップからして腐りきっているからだ。
文化省は仕事を増やすことは得意。

仕事を減らすことは全くしない。

命令は出すが、中身はくそ。

もちろん文化省はクソな組織。

歴史教科書が、おかしくなったのも文科省行政💢😠💢
"先進国には文科省がない国がほとんどだ。では、教育行政は誰がやるのか?それは各地方自治体の教育委員会がやっている。"
トップがラブ・オン・ザ・ビーチだったからな(笑)
古来から伝わってきた「お墨付き」の権威が当代の文科省で途絶える。昔、室町幕府の権威が低下したことに伴って、100年も続く戦国時代に突入した。権威の低下は社会情勢が不安定になることを文科省は歴史から学ぶべきである。
前川喜平元次官を覚えているだろうか?
本当に不要な役所です!
確かにスキャンダルだらけの省庁やな。(/ー ̄;)
とは言うけど、教育を地方の教育委員会なんかに任せてたら、地方の委員会や教師のメンツを見るに、教育内容が真っ赤っかになるよ。
まだ伏魔殿が巣食っている!
>
事件のキーマン「霞が関ブローカー」(贈賄罪で起訴済み)の関係者として、国民民主党の大西健介衆院議員や羽田雄一郎参院議員、立憲民主党の吉田統彦衆院議員の名前も取り沙汰された。 より
こういうのはマスコミはとりあげないですね。
天下り斡旋、汚職…文科省は取り潰していい!  どうやったら具体的に潰せるの?
潰そうよもう。
以上

記事本文: 【日本を亡ぼす岩盤規制】天下り斡旋、汚職…文科省は取り潰していい! 「ハッキリ言って、日本に存在してはいけない役所」 (1/2ページ) - zakzak