TOP > その他のニュース > ZAKZAK(夕刊フジ) > 米、フィリピン沖...

米、フィリピン沖に原子力空母展開 軍事、人権で対中圧力が本格化 (1/3ページ) - zakzak

13コメント 登録日時:2018-11-17 16:22 | ZAKZAK(夕刊フジ)キャッシュ

ドナルド・トランプ米政権が、共産党独裁・中国との「対決姿勢」を行動で示した。マイク・ペンス副大統領が15日、シンガポールでの東アジアサミット(EAS)で、中国に…...

Twitterのコメント(13)

「南シナ海で、中国が軍事拠点化を進めているのは違法で、危険だ」 @zakdesk
米国連邦議会は、政権以上に反中強硬姿勢を示しているようだ。米国が対中圧力を経済、軍事両面で強めているなか、我が国は対中接近を安易にしていいのだろうか。
・米上下院超党派グループでウイグル弾圧問題で中国当局の責任を追及する法案提出。
・トランプに弾圧を非難するよう促し陳全国ウイグル自治区当委書記らへの制裁を検討するよう要請。
・根本的価値観の違う国(中国)に投資する企業への非難も含んでいる。

日本も続け。
「ウイグル族への人権弾圧についての法案提出は、『根本的に価値観の違う国(中国)に投資している企業』への非難も含んでいる。」←日本企業は肝に銘じるべし。
東アジアサミット開幕前日の14日、米海軍第7艦隊は、世界最強の原子力空母「ロナルド・レーガン」と「ジョン・C・ステニス」による空母打撃群が、フィリピンの周辺海域で作戦行動を実施中であると発表。
 国際海域・空域で空中作戦や対艦、対潜水艦作戦を複合的に実施。
>「冷戦」から「熱戦」に突入したとの指摘もある

やっちゃって下さい。
、中国の国際秩序を破壊する行為を許さない。南シナ海の航行の自由を守り軍事的膨張を阻止。民主主義、人権、法の支配、自由で公平な貿易等の考えは共和党も民主党も経済界も賛成している
ZAKZAK
はてさて、この先中国はどーするんだろう?一発撃って出てみるか。
@zakdesk
藤井厳喜氏「中国からの全輸入品への課税や、一帯一路に沿って進出した各国企業や親中勢力に対する圧力や制裁をかけることが考えられる」

当然日本の
中国進出企業や親中派も
例外ではありません♪
米が比沖に原子力空母、対中圧力本格化 (ZAKZAK)
以上

記事本文: 米、フィリピン沖に原子力空母展開 軍事、人権で対中圧力が本格化 (1/3ページ) - zakzak

関連記事