TOP > 政治・経済 > 直径200メートルの小惑星、2月29日に地球へ異常接近 | 財経新聞

直径200メートルの小惑星、2月29日に地球へ異常接近 | 財経新聞

11コメント 2020-02-26 09:41 | 財経新聞キャッシュ

NASAは24日、直径200メートルの小惑星が猛烈なスピードで地球に接近しているとの情報を公表したした。...

ツイッターのコメント(11)

衝突のおそれはなさそうですが、小惑星が地球にかなり近づくようです^_^;
| 財経新聞
地球オワタ/(^o^)\
コロナといい小惑星といい、、、

色々と地球単位で考えられるようになれば、戦争とかはなくなるかもだけど。
ヤバくないのでしょうか😨
「この時速4万kmという数字は第二宇宙速度と呼ばれるもので、地球の引力を振り切るために必要な速度」
以前は2日前にならないと察知は不可能でした。
2月29日の小惑星は時速4万5千キロなので大丈夫ですが、りゅうぐうは時速1万キロを下回ります。
時速4万キロ以上で無ければ地球の引力に捕まってしまいます。
◆直径200メートルの小惑星、2月29日に地球へ異常接近
本当に最後かも。
宇宙船説や!!
地球-月間の19倍…
一応、地球-月間の距離は、太陽系の惑星の直径が全部入る距離。
その19倍でしょ?

騒ぐなよ( ˙-˙ )

/
なうぶらうじんぐ: | 財経新聞:
以上
 

いま話題のニュース

PR