TOP > 政治・経済 > 11月18日に巨大な岩が地球に衝突する可能性? NASAの研究 | 財経新聞

11月18日に巨大な岩が地球に衝突する可能性? NASAの研究 | 財経新聞

46コメント 2019-11-13 18:24  財経新聞

2019年11月18日に直径220mの小惑星が地球に異常接近することが、NASAの公開情報で明らかとなった。

ツイッターのコメント(46)

そっか、ドミさんのおかげで無事に終わったのですね…💫🤔
これはヤバイ、0.046天文単位は1億5千万km×0.046=69万km/地球と月の距離は約38万km…。
今日やないかいw
文面からだと衝突はすごい他人事。最高の天体ショーに携えてる感じかないことw
これも正常性バイアスってやつかな。
地球に衝突の可能性(月までの距離の10倍以上先)
またニアミスか....
うん。明日は会社に行っている場合じゃないな。「 | 財経新聞」
通過するところを見ることは出来るんだろうか。
見えるなら見てみたい。
*****
宇宙研究100年も伊達じゃない。
身の守りようがないけどな〜w
ニアミスで終わることを祈っておきます❤️
明日じゃない⁉️
これ明日なんだよね。
恒星間天体オウムアムアの様なUFO説の可能性も有るのかな。
落ちてくる事はないだろうけど、近付くのはマジです。
もしかしてさっきの光これか!
2019年11月18日に直径220mの小惑星が地球に異常接近することが、NASAの公開情報で明らかとなった。この小惑星は2019UR2と名付けられ、移動速度は時速約5万kmで、0.046天文単位(1天文単位は地球から太陽までの距離=約1億5千万km)まで地球に接近する。
気になるニュース。
220メートルってデカすぎでしょ。
ご先祖様、何もありませんようにお願いします。
マジっすかー?
ラフスト東京初日に隕石来る可能性あるのシンプルに無理 隕石死んで(口悪い)

-
発光してる飛行機、、あれ?UFOだったのかも。よそ見してたのに明るくて気づいたくらい、めちゃくちゃ近くに感じた。 こんな情報も↓
逝くならひとおもいに殺ってくれ←最近鬱期につき破壊願望アリ
ちなみに
18日もくるよ!
先に言ったよ!

by NASA

🥺🌏
先日11日朝、巨大隕石が日本に直撃する夢をみました。。

↓のニュース、今知りました
何事もないことを願う…💦

-
ぶつかったら御免なさいってことか
ズレるといいな、軌道。
うん、ズレるよ、きっと軌道。
地球割れちゃう!
… 220mの小惑星。関東壊滅か。…690km、遠すぎ。大丈夫でしょ
SmartNews見てたらこんな記事あった。
「0.046天文単位(1天文単位は地球から太陽までの距離=約1億5千万km)まで地球に接近」これって地球と月の間の距離38万Kmの18倍。4日後に迫りこの予測なら十分安全。あおるね
直径220mかーでもまあ688万kmか・・・。地球どころか月(38万キロ)も大丈夫そうね。
衝突するとすれば…あと4日の命か?って深刻になる人はいないだろうけど…観測能力の向上があっても迎撃能力がなければ知らないほうが良い?>>>
おととしロシアに落ちた隕石があれで17mらしいので220mなら県1個くらい消滅するかも。
☆彡衝突するなら会社行く前にして…
なに、5thルナに比べたら小さい小さい(投げやり
これ、あかんやつやん。
ようやく「終わり」がやってくるのか…
あと5日?コワイ😱
締めの言葉が「いざとなったら自分で自分の身を守るすべとしていくべきなのかもしれない。」って、いや備えれないからT^T
おおおちょうどいいときにきたぞ!ワイが会社にいるときに頭上にぜひ!!
|  おそらく以前から100m以上クラスの小惑星のニアミスはさほど珍しい事象ではなく、最近の観測技術や軌道推定技術の進歩によって、確実に人類がこれらの事象を探知できるようになった
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR