TOP > 政治・経済 > NGT事件が投げかけた「必要悪」との向き合い方 | 財経新聞

NGT事件が投げかけた「必要悪」との向き合い方 | 財経新聞

14コメント 2019-02-09 00:12 | 財経新聞キャッシュ

NGT48の山口真帆さん暴行事件は、第三者委員会の調査に入り、あとはその調査結果を待つ段階と、沈静化に向かいつつある。...

ツイッターのコメント(14)

厄介を「必要悪」というこの記事…。

厄介が必要な存在なら、稲岡達をほとんどのアイドルグループが出禁にしている説明がつかない。おそらく稲岡達からネタを買ってるライターなのだろう。“潜水亭沈没”のPNは出オチすぎwww
NGT48事件が投げかけた「必要悪」との向き合い方 |
「一部メンバーが情報を流し、山口さんを襲うよう唆したという流れも、彼女の勘違い、あるいは思い込みであり、実行犯(不起訴)による単独犯行という結論に落ち着きそうだという」

→メディアはなぜ山口真帆さんの告発そのものに向き合わず、無視又は軽視しようとするのか?
山口真帆さんの行動力がネイマールの反則演技とでも言いたげであるが、これはスポーツでも、プロレスでもない。まして、家に複数の男で乗り込んで来たら、脅迫であろう。
「必要悪」って文春だけだろ。って思ってたけど、その文春もこの事件で社会悪になった。
これすごくいい記事。
初期の乃木の現場も厄介だらけでひどいもんだった(ライブ会場で奇声や肩車は当たり前、爆竹鳴らしたりスイカ割りしたり)。でも握手券を大量に買ってくれる太客だから新人抱える運営は切れなかったんだよ。だから出禁にならない厄介はやりたい放題に。
必要悪でも何でもいいが商品を大事にしない商売人は信用しない。
“記者個人の考えではあるが、NGT48は一度解散するべきだと思っている”
”クリーンではあるが全国区への道は自力で切り拓いていかなくてはいけない必要悪を排除したグループにするのか”
“つかず離れずの関係を維持するグループにするのかをはっきりさせて、再結成をしてほしい”
大人の意見だと思いますよ。
記事中の第三者委員会の落とし所。
でももうそれは無理じゃないかな…。
納得しない人の方が多いでしょ今となっては。
記者さんの締めにある選択をしないといけないだろうね。
不本意ではないかもしれないが
総選挙制度を止め
握手会というイベントを減らし
CD販売から
より特別感のある特典を考えて
それに時間を割くとかどうか。
会いに行けるアイドル
というコンセプトは
ここまできて会いに行くという
行為の依存症状が出てきたと思う。
厄介は不要、必要悪などではない。
切ってグループが維持できないわけがない。
一旦解散?メンバー総入れ替えはデメリットが多すぎて無理でしょうなあ。
一般的な会社の運営という観点で考えた場合、大きくするためにリスクを孕んだ取引相手を必要とする場面があるかもしれません
しかし の旗の下に集まり、日々努力している子達を見て

必要悪、などというものが本当に必要だと思いますか運営さん

@zaikei_news
NGTの前支配人がその必要悪とやらを抱え込んだからこうなったわけだよねw あと吉田豪氏は秋元康企画の番組に立て続けに出演しており中井荻野さんを取材しておるぞ⇒
この記事書いたライター、本当にそう思って書いてるとしたら俺はこの事件の「加害者」として認識する。
以上
 

いま話題のニュース

PR