TOP > 動画 > 「日本の未来を考える勉強会」ーポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義ー平成31年3月27日 講師:九州大学准教授 施 光恒氏 - YouTube

「日本の未来を考える勉強会」ーポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義ー平成31年3月27日 講師:九州大学准教授 施 光恒氏 - YouTube

20コメント 登録日時:2019-04-16 07:10 | YouTubeキャッシュ

「日本の未来を考える勉強会」ーポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義ー平成31年3月27日 講師:九州大学准教授 施 光恒氏...

Twitterのコメント(20)

グローバリスムは、もうすぐ破綻しそうナリね。
ポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義(施光恒准教授)
九州大学・施光恒准教授の講演を収めた動画です。現代社会の世界的潮流や、日本がこの先どうあるべきかが見事に喝破されています。1時間以上の動画ですが面白くて時間が経つのを忘れました。ぜひ一度ご覧になって頂いて、共感できましたらリツイートして下さると嬉しいです。
そうだ。おぼろに感じていたことを説明された感じだ。国民を亡ぼすような強毒性化学物質が急に市場と環境に広がりだしたのもグローバルした1995年頃からうなぎ登り。化学物質の危険性から国民を守ろうともしなくなったのはグローバル資本の論理。分かりきって毒物を商品に
グローバル化の反対は鎖国でも孤立主義でもなく国民主権回復の事。グローバル化は多国籍企業中心主義と言った方が実態に即している。「どこでも族」はどこでも暮らせるから「どこかに族」向けの政治にシフトすべき。
ポストグローバル化
Cf. 施光恒 ポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義
御意。
この意識が国民に広がって欲しい

ポストグローバリズム化に向かう世界とナショナリズムの意義
「右派と左派が共に、文化、歴史、伝統、家庭、地域を重視する政治を取り戻さないと壊れてしまうよ、言い始め出した。」
「日本の未来を考える勉強会」ーポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義ー平成31年3月27日  施光恒氏
ポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義ー平成31年3月27日  施 光恒氏


こちらの動画もお勧め。ポストグローバル化について。経済に関する最近の議論の盛り上がりも、やはり、国際政治の動きに連動しているわけです。
これながらで聴いてますが、グローバル化、新自由主義がウネリをあげ、ゴーン擁護が幅を利かせる日本ですが、世界は明らかにポストグローバル(やはり庶民経済や国民の連帯感が大切だろうという方向)を模索しているという分析。多国籍巨大企業礼賛者は、やはりおかしいよ😥
すんごい分かりやすいから、時間が有る時に見て!

「日本の未来を考える勉強会」ーポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義ー平成31年3月27日  施 光恒氏
は動画(40分位~)中のイギリスで言うサムウェア族に訴えかけるような作戦でやれば、大きな効果あると思う。残念ながらツィッター上にはサムウェア族の大部分はいないし、いても政治はシャットアウトしているのではないか?と言うのが私の意見。
"「日本の未来を考える勉強会」ーポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義ー平成31年3月27日  施 光恒氏" を YouTube で見る
「#日本の未来を考える勉強会」で、施光恒九州大学教授が講演されています。やはり、グローバル化なんて時代遅れですね…。
#消費税増税反対
#構造改革反対
#緊縮財政反対
#グローバル化反対
#MMT支持
#財政破綻はあり得ない
「日本の未来を考える勉強会」
ポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義
平成31年3月27日  施 光恒氏
素晴らしい講義だ

/ポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義ー平成31年3月27日  施 光恒氏
施 光恒さんの講演。
内閣の役職を与えられ、政府方針に反する言論をし難くなった(された)にもかかわらず、ピボット(転換)の軸になるべくがんばってる安藤裕議員。
・経済格差は戦前レベルにまで悪化。庶民のグローバル化疲れが加速(≒ポストグローバル志向)
・日本の株式市場は3割程度が外国人プレーヤーのため、市況を見ながら経済政策を打つと外国人寄りの政策に。
・設備投資費は20年前の4割減。日本人の生産性低下の主要因。
以上

記事本文: 「日本の未来を考える勉強会」ーポストグローバル化に向かう世界とナショナリズムの意義ー平成31年3月27日 講師:九州大学准教授 施 光恒氏 - YouTube

関連記事