TOP > 動画 > Android Opera “Scary Beauty” Keiichiro Shibuya /アンドロイド・オペラ 「Scary Beauty」 渋谷慶一郎 日本科学未来館公演 - YouTube

Android Opera “Scary Beauty” Keiichiro Shibuya /アンドロイド・オペラ 「Scary Beauty」 渋谷慶一郎 日本科学未来館公演 - YouTube

39コメント 2018-07-29 23:06 | YouTubeキャッシュ

Android Opera “Scary Beauty” world premier at The National Museum of Emerging Science and Innovation (Miraikan) , July 22, 2018 We are Apt to...

ツイッターのコメント(39)

これほんとにはじめてきいたときびっくりした
こわいけど曲好き
多分「若い人」は、2時間座り続ける退屈なオーケストラの演奏よりも、こういった舞台を聴きにいきたいと思うだろうし、実際にそうなってる
何じゃこれは、、衝撃、、、
AIが人間を操る時代。
モチーフにしようか検討してる指揮者オルタ。コメ欄にもあるけど聴いてて苦しくなる。音がほしい所よりコンマ遅れ続ける印象。きっと指揮をとれる様なポテンシャルではまだないんだろうなと思う。一聴の価値はあると思う。
ロボット、AIの話題が出るたびにオルタ君元気かなって思う。DBHハマってから知った「もしオルタに生命感を見出せるのだとしたらオルタは見た目ではなく中身から生命らしいという今までにないロボットになる」ってあえて機械むき出しに作られた🤖
渋谷慶一郎さんのこの動画を定期的に聴いている。頭が煮詰まった時特に効く。脳がじわっと少し隙間ができる気がしてて。じっさい効くんだな〜〜〜〜
若干、拍の頭がわかりにくいか。
まあ、面白い試み。
でもゆくゆくアンドロイドと融合して行くんだろうなぁ。
アンドロイド・オペラ
これは面白いな……🤔 敢えて人間らしさを排除したデザインのロボットの指揮者に人間の演奏者が従ってるのdystopia感あって良い

Beauty」 渋谷慶一郎 日本科学未来館公演
さっきからめっちゃ関連動画見まくってるんだけど曲がエモすぎる...あとオルタ3の表情がやばい😂
昨年7月のオルタ2との共演と見比べると、オルタの進化がよくわかると思います。
人類が生み出してはいけないものがこの世に生まれてしまった感が強い
こういうのが好きな人はぜひアンドロイドオペラScary Beautyを見て
これだよアンドロイド観音様と似てると思ったの.
なんか目頭が熱くなる
渋谷慶一郎:


生で観たかったな。
何故かゾッとする…
うわ、すごい、久々みたけど、
素晴らしい。行きたかったな。
アンドロイドオペラ。AIとの共存について考えさせられる。
こういうのめちゃめちゃ好きなんだけどなんでだろ~
これ何でしょう?
落合陽一演出の「変態する音楽会」同様、すべってる気がします。
テクノロジーに安易に迎合すると、こういう残念なものになるのではないかという気がします。
あの場にいた時は、映し出される歌詞も追いながらだったけど、こうやって音楽とオルタの動きだけを見てもやっぱり感動する。あと、オルタが時折浮かべる微笑みの可愛らしさと気持ち悪さは不思議な気持ちにさせてくれる。 /
アンドロイド×オーケストラというところでアンドロイドらしさという部分を大事にしつつも呼吸をさせる事によってオーケストラとの演奏を現実化させたという点がすごく面白かった。
A humanoid android with AI “The Alter 2” conducts a human orchestra consisted of 30 members and sings with them.
ひえええ…
人間を指揮するアンドロイド。見るほどにオルタに魂があるように見えてきて、デトロイトのプレイ後だから色々考えてなんか涙出ちゃ
これか。ロボット指揮者。わかる、ちょっと弾いて共感したいかも。
これ事前に知ってたら聴きに行きたかった。アンドロイド・オペラ『Scary Beauty』というタイトルの時点で既にいい。
アンドロイドオペラ Beauty」やっぱりキンセイさんの照明は ぞわぞわする・・最高(ユビワ直島で ご一緒した照明家さん)
これは完全に夢に出てくるわ。|
渋谷慶一郎のアンドロイドオペラマジ怖い
すごいの観た。
アンドロイド・オペラ
Beauty」
かっこいい〜
指揮と演奏が合い出す瞬間が衝撃、久々にヤバいものを見た
以上
 

いま話題の記事

PR