TOP > 動画 > 映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』予告編 - YouTube

映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』予告編 - YouTube

19コメント 登録日時:2018-10-28 15:51 | YouTubeキャッシュ

テレビディレクターの信友直子が、故郷の両親を撮影し反響を呼んだドキュメンタリーに、追加の取材と再編集をして映画化。80代後半で認知症になり自身の異変に戸惑う母と、95歳で家事と介護を担う父の姿を、葛藤しながら離れて暮らす娘の視点で映し出す。長年連れ添ってきた両親の日常を、ドキュメンタリー制作者の視点で真っすぐに見......

Twitterのコメント(19)

広告見ただけで泣いちゃった
笑って泣いて食べて働いて、
「ありがとう」と生きてゆこう。

心底、励まされる映画でした🌈

上映館が限られますが、この先も各地で上映されそうですよ🎵
「ぼけますから、よろしくお願いします」やっと観れた。
奥さんが認知症になって、95歳から家事を始めた旦那さんと東京で暮らす娘さんのドキュメンタリー。お父さんの器の大きさは私の目標そのもので、本当に観て良かった。強くおすすめしたい
これを観てきます。
あと50分ほど後ですが。

映画『ボケますから、
よろしくお願いします』
認知症の映画を調べてたらこの映画に辿り着いた。上映中みたいだから観に行こう。絶対泣くなこれは。
ドキュメンタリー映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』鑑賞。認知症を抱える老老介護、家族でしか撮れない生々しい日常の記録。でも重すぎない。家事を全てやってきた妻ができなくなり、何もやらなかった夫が90歳超えて初めてりんごの皮をむく。寄り添う姿が眩しい
昨日観てきた。登場するお母さん、お父さん、娘(監督)、全員に感情移入できて、それぞれの気持ちになって何度も泣いてしまった。カメラを回し続けて作品にしてくれた監督に敬意を表したい。多くの人に見て欲しい映画。
【映画鑑賞】ぼけますから、よろしくお願いします。

・老いを受け入れ、「1日1日と出来ない事が増え、忘れて行く恐怖」と折り合いを付ける為には、老いの中にも尊厳が必要、と思った
・「自分は必要とされている」という何等かの役割、新しい事への挑戦、新しい知識
じいちゃんの買い物と掃除機のシーン可愛すぎるし、ばあちゃんは怒り方も可愛い。
頑張って 頑張らにゃ。
岩波ホールにチラシが置いてあった映画
これ、今グッディで取り上げてて凄く気になる。

ドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」
観たいけど、観たくない、
けど
観たい。
「ぼけますから、よろしくお願いします」という映画を見た。
涙が止まらなかった。気が付いたら親に電話していた。
「どうした急に?お前から電話してくるなんて気持ち悪いな。詐欺か?金なら無いぞ。」
相変わらずムカつく。元気そうでよかった。

95歳が87歳を介護するお話
映画

「ぼけますから、よろしくお願いします。」

是非 皆に観てもらいたい。

観るほうがいい。
心の準備。
頭の片隅でも置いておく事。

あなたの 両親も
そんな日が来るかも
しれない。。。

かなりの確率で。
唯一元気な母方のおばあちゃんとおんなじ広島弁に予告だけで涙が出る、もうひとつも気になるけど、とにかくすっぴんで見に行っておもっきし泣いてくる😭✨
認知症。考えさせられます。
これ見に行きたい
オリーブ?ww
以上

記事本文: 映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』予告編 - YouTube

関連記事