TOP > エンタメ > “僕を産んだ罪で両親を訴える”少年ゼインにカンヌが震えた『存在のない子供たち』【今月のプロ押し映画!】 | Vogue Japan

“僕を産んだ罪で両親を訴える”少年ゼインにカンヌが震えた『存在のない子供たち』【今月のプロ押し映画!】 | Vogue Japan

3コメント 2020-09-27 08:12  VOGUE.COM

中東が抱える貧困と移民の根深い問題に斬り込んだ今作は、カンヌ国際映画祭で高い評価を得た。主人公ゼイン役をはじめ、大半のキャストは演じる役柄に近い境遇に生きる素人たちだ。監督がリサーチに3年を費やしたと...

ツイッターのコメント(3)

また上映するのかな?
わたしもこの映画は押したい!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR