TOP > エンタメ > 中野信子が語る「毒親」という存在について──「よい子」「よい親」とは何なのか。 | Vogue Japan

中野信子が語る「毒親」という存在について──「よい子」「よい親」とは何なのか。 | Vogue Japan

12コメント 2020-04-18 23:45  VOGUE.COM

昨今、毒親という言葉をよく耳にする。私は毒親なのかもしれない。もしくは、毒親に育てられたと思う。──そんなことが一瞬でも頭をよぎったことがあるあなたへ。中野信子がその定義とともに向き合い方を解説してく...

ツイッターのコメント(12)

「経験を重なるなかで、意識をすれば変えていける。自分を育てるのは自分なのだから」
――先ほどもお話に出ていましたが、子が乳離れし、自分の足で立てるまでを考えても、ほかの哺乳動物と比べて人間は子育て期間が長いですよね。
親子関係はコミュニケーションの雛型

私は私1人の経験値で子育てをするのは無理とTwitterを頼ってるけど

それは昔の
『コミュニティで子育てする』と近いものがあると思う

種として人は人の中でしか生きれないから子育てを1人で抱えなくてもいいんじゃない?
避けては通れないか…。
毒親は環境。関係性は無いが接しなければならない。それこそソーシャルディスタンスを持って。
毒親のループ。
毒親育ちの子どもが
生きづらさを抱える原因
"内的作業モデル"

親子関係のきしみが
人格や行動のパターンを形作る

なるほどわたしの場合は
育ての祖母との関係で

相手の望む良い子を演じる癖
良い子でないと愛されない、が

無意識のテンプレートになった
子どもはごく幼いころに親(主たる養育者)との関係を通して「内的作業モデル」、簡単に言うと他者とかかわるとき無意識に使われるテンプレートを身につけます。

一生ひきずりますね
毒親という言葉もだいぶメジャーになりましたね。ここでの書き振りはマイルドですが、広く知られること自体はいいことだと思います。
これは是非読んで欲しい。
そんなに長くないので。
「親との関係で形作られたコミュニケーションの癖も、その後の人間関係によって変わります。9割は変わらないけれど、1割は放っておいても変わるんです。」え、変わるの1割だけなの。。。。。🥺
親になればわかるは価値観の押し付け
また東大使って秋篠宮が嫌がらせ記事。
毒親も何も、金塊名義人なのが悔しいだけでしょう?
11歳のレイプ計画は「毒親だから」計画したんですか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR