TOP > エンタメ > 「黒塗りの画像」の投稿以外に、あなたは黒人の権利のために何をしただろうか? | Vogue Japan

「黒塗りの画像」の投稿以外に、あなたは黒人の権利のために何をしただろうか? | Vogue Japan

35コメント 2020-06-05 20:42 | VOGUE.COMキャッシュ

黒人男性が白人警官に殺害された事件を発端に、世界中で抗議活動が広がっている。特にソーシャルメディアを埋め尽くしたのが「黒塗りの画像」だ。だが、投稿しただけで満足している人や企業があるとすれば、それは大きな間違いだ。『VOGUE』インターナショナルのエディトリアルアシスタント、エニ・スベイルが訴える。...

ツイッターのコメント(35)

差別イクナイo(`ω´ )o
せやな、わかるわ

で、その差別の中にアジア人は含まれているのか?
「わたしは分かっている。」と思うのが一番こわい。

>黒人以外の人たちは、どうかこれを自分の問題にしないでほしい。そのかわり、声を聞いて、学んで、ノートをとってほしい。
考えさせられる記事。
人種差別が残る🇺🇸南部で単位をとった時、白人の教授のクラスは全員白人の生徒、黒人の教授のクラスは全員黒人の生徒、が座ってた

こんな情景を目の当たりにして言葉にならないほど衝撃を受けました

あまりに深く折り重なる歴史、私には人種差別問題を論じることができない
インスタでの黒塗りの画像とハッシュタグの投稿は私も違和感が拭えなかった
痛烈

“インスタグラムに黒塗りの画像を投稿し、24時間限定のストーリーを共有するだけで十分だと考えてしまうのも無理はない。だが、それでは不十分だ。投稿の次に、あなたは何をするのだろう?”

「黒塗りの画像」の投稿以外にあなたは黒人の権利のために何をしただろうか?
非黒人の個人や企業の差別に対する抗議活動の実態について、黒人の目線で書かれてる
個人的に漠然と府に落ちてないと思ってたことが書いてあった。
署名なんて5分あればできる。
ググれば記事は
いくらでも出てくる。
社会を変える為に私たちは何をしただろうか?
今盛んに運動(デモもSNSも)してる人って、ただの怠け者でもあるんだよね。自分は何もしないのに他者に要求だけして満足してる。自身が行う行動が頭の中になければ黒塗り画面とかハッシュタグを送信する他に何もできないのは当たり前。抑々米国人は全て当事者だろ(笑)。
白人はもとより我々黄色人種(と言われる)にも根本的には共感できない問題なんだと思わされました。
自己アピールではない連帯の表明は大切。あと行動ですね。周囲の人には尊厳を。差別する人にはおかしいと言うこと。
これもメモ。確かに高らかに宣言する必要はない。行動すればいいですね。自分の周りの差別解消のために。
この国でもありがちな話ではある
抱いていた違和感。黒人の編集者さんによって、丁寧に説明されている。“画像を投稿しただけで満足している人や企業があるとすれば、それは大きな間違いだ”
SNSで黒塗り画像貼ったり抗議活動を行ってる連中は実際にそれで差別を減らすことができてるのか?
寧ろ"差別意識"を拡大させ、差別を助長している様に感じられるのだが…
“黒人のSNSユーザーの私には、Blackout Tuesdayが、どうしてもパフォーマンス的なインスタグラム・アクティビズムの極みに見えてしまう。…白人の人々が投稿する黒い画像は、オフラインでの行動が伴わない限り、効果があるとは思えないのだ。”
こちらの記事を読ませていただきいま特権階級に対して弱者である私たちに何が出来るか個々レベルで考え共に行動していきたいと思いました。

黒塗りの画像」の投稿以外に、あなたは黒人の権利のために何をしただろうか?
「黒人以外の人たちは、どうかこれを自分の問題にしないでほしい。そのかわり、声を聞いて、学んで、ノートをとってほしい。」
社会の流れにそのまま乗ってしまうことの危うさと滑稽さ、でも声を上げなければ考えていないことと同義。何が正しいかは自分次第だね。
皆と同じように流れで行動するのではなく、自分にできることを考えながら行動していきたい。

---「黒塗りの画像」の投稿以外に、あなたは黒人の権利のために何をしただろうか?---
これは沢山の人に読んでほしい記事。
に対して「当事者ではない私たち」がとっている行動に、かなり鋭い指摘をしています
そうだよね…自己満足に終わっちゃう人多そうだけど…

SNSの投稿以外に、あなたは黒人の権利のために何をしただろうか?
黒人エディターからの訴え
この問題について日本語に訳されているものはほんの一部だけど、。。
「黒塗りの画像」の投稿以外に、あなたは何をしただろうか?
良いコラムだと思ったのでシェア
VOGUEの記事だから「みんなで考えよう」という感じかなと思ったら、とてもヒリヒリと訴える内容だった。

「ソーシャルメディアでの大きな反響を前に、私たち黒人は自問自答することになった。なぜ突然、私たちは生きて息をする価値がある人間になったのだろう」
この記事の問いかけをまずしっかり受け止め、考え続けることをやめない
“このアクティビズムはオフラインでも続くだろうか?”
何か解りそうな気がした。
力をつけたい。
学びたい。
VOGUEの記事は、いつもタイムリーで感度が高い✅
自分の問題に都合よくすり替えたり、勝手に心の脆さの支えにしないでくれ、って呼びかけをvogueが掲載したのはすごいなとは思う
この記事にしっくりきた。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR